2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

おすすめリスト

無料ブログはココログ

2017年4月27日 (木)

季節限定の絶景♪磐梯吾妻スカイラインへ!

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2017年4月23日(日)、晴れ!
会津お泊まりツーリング、2日目のレポートです♪



朝9時にホテルを出発して、まず最初に向かったのは・・・?



道の駅「ばんだい」です♪
ここに寄ったのは、お土産を調達するためって理由もあったのですが、
実はちょっとしたネタ的スポットでもあるんですよね~?v(`∀´v)

それが、こちら!



ま、ご存じの方も多いかとは思いますが、
「磐梯」と「バンダイ」のつながりで、
なんと道の駅の売店でガンプラが売られているんです!o(^-^)

全高2mほどのガンダムの模型が、ひときわ目を引きますね♪



隣のガラスケースには、非売品ながら見事な完成作品も並んでいて、
なかなかの見応えです。
久々にプラモでも作ってみようかな?なんて気になっちゃいました(笑)



さてそこからは、県道7号線で次の目的地へと向かうのですが、
途中の見晴らしの良い場所で止まって、ちょっと撮影タイム♪

バックは会津のシンボル、磐梯山です!
残雪の輝く姿が美しいですね~!(*^_^*)



というわけで、次の目的地は、磐梯山のビューポイントからも近い、
「土津神社(はにつじんじゃ)」です。

猪苗代観光協会のページ:
http://www.bandaisan.or.jp/entry.html?id=86764

こちらの境内でも、かなり見事な桜を観賞できるので、
それを期待して出かけましたが・・・残念ながらちょっと早かったです。


(撮影日:2014年5月6日)

↑こんな風景を期待していたんですけどね~(^-^;)



まぁそれはともかく、
こちらには会津藩の藩祖・保科正之公が祀られているので、
会津を旅するなら、ぜひともご挨拶しておきたい場所です。



保科正之公は、2代将軍・徳川秀忠の四男で、
3代将軍・家光の弟にあたる人物です。
拝殿の額には、立派な葵のご紋が掲げられていましたよ。



そして境内で特に目立つのは、この巨大な石碑です!
「霊神の碑」という名前のこの巨石は、
高さ5.45m、幅1.83m、重さは30t以上あるとされています。

碑文の内容は、土津神社のご祭神・保科正之公の業績と履歴を、
1943文字の漢文で綴ったものが中心となっているようですが、
現代のような起重機などない時代に、
よくこんな物を作って建てたな!と言うのが、率直な感想ですね(笑)



さて、土津神社を後にしたら、国道115号でどんどん山を登り、
いよいよこの日のメインステージ、磐梯吾妻スカイラインへ!(^_^)v



まだ冬季閉鎖が開けたばかりなので、周りにはたっぷり雪が残り、
そのぶん風も冷たかったですが・・・
そんなのはまるで気にならないほどの、絶景の連続です!(*^_^*)



これは「双竜の辻」と呼ばれてる場所のあたりですが、
写真の右奥に見えているのは磐梯山で、
その左隣には猪苗代湖も見えてるのですが・・・解りますかね??
(ちょうどスクリーンの上あたり)



そして、磐梯吾妻スカイラインの最高地点、1622m付近では、
ごらんの見事な雪の回廊ができあがってました~!\(≧▽≦)丿

雪壁の高さは4~5mくらいといった感じでしたが、
それがずっと数kmにわたって続いていたので、見応え充分です♪



スカイラインの最高地点を過ぎるとすぐに、浄土平のレストハウスがあります。
この日の浄土平の気温は3℃くらい。風が冷たかった~!(>_<)



レストハウスの裏山からは、結構な勢いで蒸気が吹き出ていました。
まぁ、ここって要するに、火山の火口のど真ん中ですから・・・(@_@;)
頼むから今だけは大人しくしてて・・・なんて、願ってみたりして??



そういうロケーションに位置する浄土平は、
見渡せば非日常的な、荒涼とした風景に囲まれています。



火山性ガスの影響で、車両停止禁止の場所などもありますが、
それらを避けた場所でちょっと撮影タイム♪

ん~!すばらしい眺めだぁ!(*^-')ノ



そして、ちょっと下界に目をやれば、福島市の市街地も遠望できます。
荒々しい風景と、平和な町並みのギャップが、また良いんですよね♪



そんなわけで、そこからは一気に市街地へ降りて、
福島西インターから帰路へ!

歴史スポット、桜、宴会、珍ネタ、そして絶景!
いろいろと取りそろえた2日間。
トータル550kmの、思い出深いツーリングとなりました(^_^)v

-----

↓↓他のビッグスクーター乗りの皆さんのブログも、お楽しみ下さい♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2017年4月26日 (水)

会津若松 歴史とお花見ツーリング!

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2017年4月22日(土)、晴れ!
この日はいつも通りに仕事の予定で、
ツーリングに行ける日ではなかったのですが。

4月1日~2日に予定していたお泊まりツーリングが、
季節外れの大雪で延期となってしまい・・・参加メンバーと協議の結果、
なんとかこの週末での開催に、こぎ着けたのでした!o(^-^)



というわけで、いつもの珍スポ巡りのメンバーと共に、一路、北へ!
ちょこちょこと寄り道を楽しみながら、会津若松を目指します♪

寄り道の様子はこちら:
シルバーウィング乗りの友人「銀影(ぎんかげ)」さんのブログ

http://blog.livedoor.jp/ginkage_hattori-silverroad/archiv...

さて、今回のプランのきっかけになったのは、
銀影さんの「会津のさざえ堂を見てみたい」というお言葉でして、
それならば・・・と、会津の歴史スポットを巡る旅を企画したのでした。



で、会津若松市内に着いてまず最初に向かったのは、「飯盛山」。
言わずと知れた、白虎隊の自刃という悲劇の舞台になった場所ですね。



坂道を登っていくと、ちょうど見頃を迎えた桜がお出迎え♪
青空をバックに、見事な美しさです。



白虎隊の隊士たちも、こんな桜の風景を眺めながら、
故郷への篤い想いを持った青年へと、育ったのでしょうかね~。



白虎隊自刃の地とされる場所には、記念の石碑などがあり、
そこからは会津藩のお城「鶴ヶ城」も、眺めることができます。



↑これが「自刃の地」から見た、鶴ヶ城の様子です。
(タムロンの18-270mmレンズの最大望遠(APS-C換算で400mm相当))

しかし、ここからだと何かの電波塔がちょうど真正面に重なっちゃって、
ちょっと残念な眺めなんですよね~(-.-;)



そこで、ちょっと角度を変えて見た、お城の様子はこちら!



さらに、4つ上の写真の桜を、前ボケに入れてみると・・・?
まるでお城が、桜の額縁に飾られているように見えなくもない?(^_^)b
一眼レフならではの性能を利用して、ちょっと遊んでみましたよ♪



まぁそれはともかく、続いては今回の旅の主たる目的地、
会津のさざえ堂のご紹介です。

「さざえ堂」と呼ばれる建物の、最大の特徴はなんと言っても、
内部の二重らせん構造・・・
上りと下りの階段が途中ですれ違わないという、不思議な仕掛け。



↑上の写真では、上り階段の天井部分が、
下り階段の床になってるわけで・・・って、文章で説明するのは難しい!

興味を持たれた方は、ぜひ現地へ行って寄ってみてください(笑)



ちなみに、会津のさざえ堂の入り口には、
「日本三大さざえ堂」と称される、他の施設の紹介パネルもありました。

どちらも我が地元、伊勢崎のご近所なので、
いずれ折をみて、ご紹介したいと思います(*^-')ノ



さて、飯盛山に続いては、会津藩家老・西郷家の元の屋敷を利用した、
「会津武家屋敷」を訪ねてみましたよ。

会津武家屋敷 公式ページ:
http://bukeyashiki.com/guide



石垣に、白壁、そして桜!
これぞ日本の春!と、改めて感じ入る風景ですな~(*^_^*)



西郷家は、会津藩松平家譜代の家臣で、代々家老職を勤めた、
1700石取りの家柄でした。



その威風を表したこの屋敷は、敷地2400坪、建物面積280坪を誇り、
江戸中期の和様建築の粋を集めた、実に堂々とした佇まいです。



この屋敷にはなんと、38もの部屋があったそうですが、
部屋の格式や用途は、それを利用する者の身分などで、
厳密に分かれていたそう・・・現代ではあまり考えられない概念ですね!



こちらは、警護に当たる武士の詰め所の写真ですが、
邸内にはあちこちに、武具や人形、道具なども飾られて、
当時の様子を偲ぶ事ができましたo(^-^)



そして、幕末の会津藩の悲劇の一つと言えば、
家老・西郷頼母(たのも)一家の自決も挙げられるでしょう。



会津城下に西軍の軍隊が迫ってくる中、
捕らわれて足手まといになることを恐れた、西郷頼母の子女たちは、
屋敷で全員自決して、侵略軍に対して無言の抵抗を示したのでした。



そんな悲しい物語に思いをはせつつ、
見事に咲き誇る桜を眺めて、本日の旅はこれまで!



その後は、本日のお宿に移動して・・・



お泊まりツーリングの醍醐味、大宴会のスタートです!

バイクをはじめとした乗り物談義で大いに盛り上がり、
楽しい夜は更けていくのでした・・・(*^-')ノ

-----

↓↓他のビッグスクーター乗りの皆さんのブログも、お楽しみ下さい♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2017年4月16日 (日)

八ヶ岳グルッと一周ツーリング!

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2017年4月16日(日)、晴れ!

もうそろそろ、お山の方へ出かけても雪の心配はないだろうと、
久々の山道ツーリングに行ってきました♪



上信越道~中部横断道路の無料区間を走りつないで、
まずは道の駅・ほっとぱーく浅科にて小休止。

我が地元・グンマから見るのとは、まったく形が違う「浅間山」が、
キレイに見えてましたよ~o(^-^)



今回のプランは、佐久市から八ヶ岳をグルッと一回りするルート!

国道142号から、県道40号の快走路でグングン標高を上げて、
まずは女神湖にて、蓼科山をバックに記念撮影です(^_^)v



さすがに標高が高いこのエリアは、この日の気温は13℃ほど。
道路は問題なく走れましたが、まだ路肩や日陰に雪が残ってましたね。

女神湖の水面にも、まだうっすらと氷が張ってますが・・・
それでも、スワンボートで遊んでる「猛者」たちがいましたよ~v(`∀´v)



続いて、こちらは白樺湖の様子ですが、やはり人影はまばら・・・(^-^;)
本格的に賑わうシーズンは、まだもうちょっと先のようです。



さて、そこからは国道152号で山を下り、
八ヶ岳エコーライン~高原ラインと、快走ワインディングを満喫!(^_^)v



本日、唯一のネタ的スポットの「三分一湧水(さんぶいちゆうすい)」に、
ちょっと寄り道してみました♪

山梨県の観光サイト:
http://www.yamanashi-kankou.jp/kankou/spot/p1_4936.html



「三分一湧水」は、その昔、
水の利権を巡って争っていた3つの村の騒ぎを静めるために、
それぞれの方向へ平等に、水が流れるように工夫された用水路です。



水路の周りは公園として整備されていて、散策が楽しめますよ~。
ザゼンソウの群生地などもあって、大切に保護されてました。



ボクは、お花や植物には詳しくないのですが・・・
小さな花が、チョコンと姿を見せていて、可愛らしいですね♪



コレが、白くて水辺に生えていれば「水芭蕉」と呼ばれるのかな?
愛らしい、不思議な植物をしばし眺めて楽しみましたo(^-^)



さてさて、公園内を散策しつつ、いよいよ三分一湧水へ到着です。
思っていたよりは、分水路のサイズは大きくないですが、
見事に3方向へ、水の流れが分かれてますね~!



分水路の少し上流には、わき水の池あります。
ここから流れ出る八ヶ岳の伏流水は、1日8500トン、
温度は一年を通して、ほぼ10℃前後に保たれているとか。
不思議ですよね~(^o^)/



↑この写真は、湧水池の上流方向から眺めた一枚です。
わき水は、写真下の湧水口から左上方向へと流れているのですが、
水路がそれぞれの方向へ、キレイに誘導されているのが解りますね。



この分水路は、伝説では武田信玄公が作ったとも言われているようですが、
まぁよくできた仕掛けだな~!というのが、率直な感想です。
それが今でも現役で使われているのですから、スゴいですな~(*^_^*)

さて、そんなわけで、そこからは清里~野辺山と、
春まだ浅い高原を走り抜けて、コンビニでお昼ご飯を調達!



せっかくなんで、八ヶ岳の眺めの良い場所でランチにしましたよ♪
ん~、なんて安上がりなツーリングなのでしょう!(笑)

ともあれ、その後は再び佐久市に戻って、上信越道にて帰着。
久しぶりに山道をたっぷり楽しんだ、350kmのツーリングでした(^_^)v

-----

↓↓他のビッグスクーター乗りの皆さんのブログも、お楽しみ下さい♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2017年4月14日 (金)

絶品!黒カレーつけ麺のご紹介♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

突然ですが、ボクが毎週金曜日の仕事中、
いつもランチでお世話になってるのは、 「三ツ矢堂製麺 花園店」さん!



食べログの記事はこちら:
https://tabelog.com/saitama/A1105/A110503/11025659/

(関越自動車道 花園インターから秩父方面へ約5分です)

このお店ではレギュラーメニューの他に、
2~3ヶ月ごとに入れ替わる期間限定商品があるんですが・・・

今の時期の限定メニューは、こちら!



カレー好きにはたまらない、「シェフのこだわり 黒カレーつけ麺」です♪



この黒カレーのつけ汁が、ちょっと他所にはない絶品のお味なので、
今回ぜひとも皆さんにご紹介したいな、と思ったんですよね~(^-^)b



さっそく、モチモチの太麺をスープの中に入れると、
とろみの強いスープがよく麺に絡んできます。

食べると、煮込んだ具材の旨味と甘さがまず口の中に広がって、
その後からジワジワっと、スパイスの刺激が伝わってくる!(*^_^*)

ん~!美味じゃ~~~!\(≧▽≦)丿



そして、おまけとして、
おにぎり一個分のサフランライスが付いてくるのも、ニクい演出!
残ったスープをかければ、絶品カレーライスのできあがり♪(^_^)v

これで並盛り(300g)から、大盛り(600g)まで同料金ですから、
お腹も気持ちもフトコロも大満足~!(*^-')ノ

お、美味そうだな!と思った方は、販売期間が終わらないウチに、
ぜひお近くの「三ツ矢堂製麺」へ出かけてみてくださいね☆

三ツ矢堂製麺 公式ページ:
http://idc-inc.jp/index.html

-----

↓↓他のビッグスクーター乗りの皆さんのブログも、お楽しみ下さい♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2017年4月10日 (月)

神社でお花見♪近場の八幡さま巡り!

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2017年4月9日(日)、雨のち晴れ!

この日は久しぶりに、何の予定も無い休日だったので、
神社と桜の、純和風な写真を撮りに行って遊ぼう!と計画♪

しかし、午前中は結構な大雨で、バイクを出すのは断念・・・
仕方なく、クルマでのお出かけとなりました(^-^;)



まず最初に向かったのは、高崎市と安中市の境界付近に鎮座する、
「上野国一社 八幡宮」(こうずけのくにいっしゃ はちまんぐう)さま。

群馬県高崎市八幡町655
http://www.gunma-navi.net/hatsumoude/72010004.html

こちらのお社は、正式な名前が「上野国一社八幡宮」なんですが、
地元の方が呼ぶ通称は・・・↓コレw



「八幡八幡宮」って・・・(・_・)エッ......?
漢字で書くと、なんともビミョーだな~(笑)

もっとくだけた言い方ですと、「やわたのはちまんさま」なんて呼ばれて、
皆様に親しまれているそうですよo(^-^)



随神門をくぐると、スラッとした出で立ちの仁王さまがお出迎え。

比較的新しい仏像だな~?と思って見てみると、
明治元年の廃仏毀釈で取り除かれてしまった仁王像の代わりに、
150年ぶりに復活した、仁王さまなんだとか!

「廃仏毀釈」ってホント、つくづくもったいない事をしたモンだよね~(-.-;)



さて、本殿の前に来ましたが、雨上がりなので誰もいません・・・(^-^;)



なので、貸し切り状態の境内で、
桜の写真を撮りまくって楽しみましたよ~(*^_^*)



ちなみに、この神社は少し高台にあって見晴らしが良いんですが、
実は縁起だるまで有名な「少林山達磨寺」が、
利根川の支流・烏川(からすがわ)の対岸にあって、
向き合う形で鎮座しているんですよね。
(写真左奥の、桜がたくさん植わっているあたりが達磨寺です)

土地的に、何かしらのパワーがある場所なのかもしれませんな!o(^-^)



さて、八幡八幡宮(やわたはちまんぐう・・・ややこしいw)を後にして、
次なる立ち寄りスポットは??
高崎市の南のはずれ、「山名八幡宮」さまで~す(^_^)v

群馬県高崎市山名町1581
http://yamana8.net/

こちらは、ビッグスクーター繋がりの友人・銀影さんの推薦物件で、
ナニやら怪しげなご神体がある、との事なんですが・・・?



境内を進むと、しめ縄で守られた、不思議な形の石を発見!v(`∀´v)



地面からニョッキリと生えたようなこの石が、いわゆる「陽石」ですかね?



で、こちらが「陰石」でしょうか?
・・・まぁ、造形的には解らなくもない??σ(^◇^;)。。。



ところで「八幡信仰」とは、
大分県の「宇佐八幡宮」が総本山の、元は実在した人物の神様です。

モデルとなっているのは、第15代・応神(おうじん)天皇なわけですが、
奈良の大仏を建立する時、資金不足などで困っていた朝廷に対して、
「近いうちに金鉱脈が見つかるからダイジョウブ!」とお告げするなど、
その死後に様々な霊験を現して、大変な崇敬を集めるようになり・・・

後に、武家の時代を作った「清和源氏」が、
八幡さまを一族の守り神として祀ったことで、
その人気は不動のものとなったのでした。
(源氏=鎌倉幕府は、鶴岡八幡宮を守護神としていた)



黒塗りを基調とした本殿に、淡い色の桜の花がよく似合ってますね♪
朝から降っていた雨が上がり、ちょうど日が差してきた時でしたので、
なんとなく趣のある写真になったかな?なんて、自画自賛してみますw



さてさて、この日の最後の立ち寄りスポットは、
山名八幡宮からもそれほど遠くない、「玉村八幡宮」さま!

群馬県佐波郡玉村町下新田1
http://tamamurahachimangu.net/

・・・って、勘のいい皆様には、この記事の裏テーマに気づきました?
はい、要するに「八幡宮」縛りってことですね~!(*^-')ノ

いわゆる「お稲荷さん」についで、全国に数の多い八幡さま。
皆さんも、近所の八幡さまを探して訪ねてみてはいかがですか?
何か意外な発見など、あるかもしれませんよ~?( ̄▽ ̄)ニヤ



それはともかく、この時間になってやっと青空が見えてきて・・・
「神社と桜」の、純和風な風景もだいぶ映えるようになってきました♪

しかも今回は雨上がりとあって、どちらの神社も人影がほぼ無く、
静謐な空間を独り占めできたような気がして、嬉しかったな~(^_^)v

バイクでお出かけできなかったのは、ちょっと残念でしたが、
いろいろと充実した時間を過ごすことがでしました(*^-')ノ

-----

↓↓他のビッグスクーター乗りの皆さんのブログも、お楽しみ下さい♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2017年3月27日 (月)

電撃的乗り換えはあるのか!?

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

この週末(3月24~26日)は、
毎年恒例の東京モーターサイクルショーが開催されてましたね!

ボクも、特に用事が無ければ、
現地まで行っていろんなバイクを見たかったのですが、
今回は都合が悪くて上京できず・・・(^-^;)

仕方ないので、近所のバイク屋さんに行き、
「気になるアイツ」だけはチェックしてきましたよ~!o(^-^)



寄った先は、TMAXの購入でもお世話になってる、SOX前橋店さん。
「気になるアイツ」とは、もうお解りですかね~?



はい!
ホンダ渾身の新スモールアドベンチャー、CRF250ラリーです♪

詳しくはこちら:
http://www.autoby.jp/_ct/17040777

近年の大流行で、すっかりバイクの1ジャンルとして定着した感のある、
アドベンチャーモデルたちですが。

外車勢を中心に、出てくるモデルはデカい!&高い!のばかりで、
ボクのような貧乏オッサンライダーにとっては、

「こんなの乗れねーよ!」 Σ(T▽T;)グワーン

「こんなの買えねーよ!」 (ノ_<。)ビェェン

・・・と、嘆きの対象でしかありませんでした(笑)

しかし今年は、カワサキとスズキからも、
新たにスモールアドベンチャーモデルの発表があり。

ライダーの平均年齢が上がり続けていることへの、各メーカーの対応として、
いよいよ「ダウンサイジング」が本格的な流れになるのか?と、
それらの動きが大いに気になるところですな~o(^-^)

参考:スズキ V-ストローム250
http://www.autoby.jp/_ct/17011063

参考:カワサキ ヴェルシスX-250
http://www.autoby.jp/_ct/17011030



さて、ボクが最近、なぜこのCRF250ラリーが気になってるか?というと、
先日の、岩船山へツーリングに行ったときですが、
裏参道から境内へ向かう途中で、ちょっとしたダート区間があり、
しばし先に進むのを躊躇した・・・という出来事があったんですよね(^-^;)

その時は、オフ車乗りの友人oguさんが一緒だったので、
先行して道路を偵察してもらい、無事にダート区間を抜けられましたが。

仮に、もし一人だったら??

安全を優先して、引き返していたかもしれないな~とね・・・σ(^◇^;)。。。



これが近場のスポットであれば、
例えば「またクルマで出直す」などもアリでしょうけど。

何百キロも出かけていった先で、そういう状況になったとして、
すんなり諦めて帰れるか?と思うと・・・

* オフ車ベースで走破性は抜群!どこへでも入って行ける!
* 車体が軽くて、扱いに苦労しない!
* 250は車検なし!燃費も良くて、維持費も安く済む!
* 防風性能も良さそうで、高速道路もそこそこイケそう!

・・・な、CRF250ラリーが、かなり魅力的に見えるんですよね~(*^_^*)

実車を見てまず思ったのは、250クラスとは思えない、大柄な車体!
デザインは、OFFレーサーのレプリカですからカッコ良いのは当然として、
乗ってる自分も、南米の冒険レースの参加者になったような気分は、
大いに味わえると思いましたo(^-^)

気になる点としては、
やはりローダウン仕様じゃないと足つきは厳しそうってことと、
アンダーガードが塗装された樹脂製なので、
鉄製ガードを当てるなどの対策をとらずに実際にダートを走ると、
すぐ傷だらけになって後悔しそう・・・ってことくらいでしょうか?

でもまぁ、とはいえ・・・と、我が愛車とCRF250ラリーを見比べつつ。



TMAX530の万能性(快適性、荷物の収納、乗り心地等)には大満足で、
今の、ボクの旅のスタイルに一番あってる相棒なのは変わらないので、
しばらくは考えを巡らす日々が続くようです・・・(^-^;)

-----

↓↓他のビッグスクーター乗りの皆さんのブログも、お楽しみ下さい♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2017年3月23日 (木)

新幹線で撮りテツ、ついでに秋間梅林w

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2017年3月19日の日記の続きです~。

悟留譜(ゴルフ)観音さまとの、思いがけない出会いに喜んだ後は・・・



何となく気が向いたので、久しぶりに撮りテツでもして楽しもうかと、
そこからすぐ近くの、北陸新幹線・安中榛名駅に寄ってみましたよ♪

ちなみに、この安中榛名駅は新幹線の駅でありながら、
一部の方々には、ある意味で「秘境駅」としても有名だったりします(笑)

その理由がこちら ↓



首都圏在住の皆さん、驚かないでくださいね~!?
これ、山奥の無人駅の時刻表じゃないですよ??(爆)

れっきとした、北陸新幹線(上り・東京方面)の時刻表なんです!

昼間は、2時間に1本しか停まらないって、
利用者には絶望的な不便さだとは思いますがね・・・(-.-;)



ま、それはともかく・・・
さっそく入場券を買って、新幹線のホームに上がります!

そういえば、前に新幹線に乗ったのって、いつだっけかなぁ?
たしか以前に元カノと盛岡まで行って以来だから、かれこれもう5年??
時が経つのは早いというか、懐かしい思い出だね~♪というか・・・

・・・なんてことをぼんやりと考えつつ、列車を待ちます(^-^;)



さて、さっそく金沢行きの新幹線「はくたか」がやってきました!
真正面から見ると、何となくヘビっぽい感じもしますが、
かっこいいですね!(*^_^*)



などと言ってるウチに、新幹線はあっという間に通過!
やっぱ、間近で見ると迫力ある~!(*^_^*)



そして15分~20分ほど待ってると、すぐ次の列車がやってきます。
今度の列車も、あっという間に通過!(笑)

「はくたか」の主な停車駅、高崎~長野までの営業距離は約120km。
その距離をだいたい30分くらいで走り抜けるんですよね。

つまり、単純計算で平均速度は240km/h。
駅の前後の加速・減速の時間を考えると、
一番早い区間では、250km/h以上は出てるでしょうか??

そんな超高速の列車と、自分との間はほんの数メートルしかないので、
真横を通り過ぎる瞬間は、
ボンッ!っと軽く突き飛ばされるような衝撃波を感じます。
ものすごい迫力!そして、けっこう怖い!(@_@;)



この日は、反対側のホームでも、
シャッターチャンスを狙ってる方の姿が見えました♪

ボクは、全国どこへでも列車を追いかけていくような、
熱心な「鉄ちゃん」ではありませんが・・・(^-^;)

たまにやってみる「撮りテツ」って、
いわばぶっつけ本番!的な緊張感が、結構楽しいんですよね~。



今回のように、次から次へと同じ車両が走ってくる路線なら、
何回か撮るなかで、自分がイメージする写真に近づけることができますが。

線路の上を走ってくる車両の大きさやスピードを想像して、
アングルやピント、露出を整える・・・
いわば「二度とないこの一瞬!」を切り取る緊張感は、
ある種の非日常的なチャレンジで、なかなか面白いモノです(^_^)v



さてさて、1時間ほどの間に4本の列車を見送って満足したので、
お昼ご飯にしましょう~(*^_^*)

実は、安中榛名駅で唯一営業してる売店は、
横川の「おぎのや」さんの系列なので、
ここでも、あの有名な釜めしを買えるんですよ~!\(≧▽≦)丿



ということで、この日のランチは「峠の釜めし」です!
やはり、鉄道の駅で食べる釜めしは、ひと味違ってる気がしますな(笑)



で、腹ごしらえを済ませた後は、駅を出て近くの「秋間梅林」へ。

梅の花はちょうど見頃を迎えていて、多くの観光客で賑わってましたが、
メジャーな観光地では、オッサンの一人旅は浮きまくるだけなので、
滞在時間10分ほどで、さっさと退散しましたとさ~!σ(^◇^;)。。。

-----

↓↓他のビッグスクーター乗りの皆さんのブログも、お楽しみ下さい♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2017年3月20日 (月)

安中市の珍寺、2連発!

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2017年3月19日(日)。晴れ、ただし北風強し!

今回は、この冬シーズンを締めくくるご近所企画として、
群馬県安中市方面のネタ探しに行ってきましたよ~(^_^)v



まず最初の立ち寄りスポットは、安中市役所からすぐ近くの、
「龍昌寺(りゅうしょうじ)」さん。

(群馬県安中市安中2-7-19)



こちらのお寺さんでまず目を引くのは、
参道に沿ってズラッと並べられた、たくさんの小さな鐘!
人間の煩悩の数と同じ、108個あるそうですよ~。



山門の棚には小さな木槌が奉納されていて、
これで鐘を叩くと、煩悩が払われるとのことです。



力いっぱい叩くとうるさくて近所迷惑でしょうから、遠慮して軽く・・・(^-^;)
コーン♪と、軽やかに澄んだ音色が響きましたよ~。

さてさて、境内を進むと、ひときわ大きな観音様がいらっしゃいます!



こちら、その名も「交通安全大観音」と言うそうで、
交通事故で苦難に遭われた方々の救済を願って、建立されたとか。

でも、観音様が乗ってるのはフォードの量産車第1号の、
モデルTらしいのですが・・・
このお姿で救済に来られても、ちょっと微妙かな~??σ(^◇^;)。。。



そんな、大の「クルマ好き」とおぼしき、こちらの住職さんは、
境内に「世界の乗り物館」なる建物も作ってしまってます!



入り口前にある木製の灯籠?には、ありがたいお言葉がありますが・・・



いざ、建物の中を覗いてみると??



膨大な数の、ミニカーのコレクションを発見!
ご住職の趣味全開の、不思議ワールドですな~!o(^-^)



フェラーリF40、メルセデスのレーシングマシンなど。



こちらは働くクルマたち。



懐かしいF1マシンのミニチュアなどもありました。
・・・って、ありがたい観音様の解説は、
まったく頭に入ってきませんね(笑)



このように館内には、
見事な木彫りの観音様もたくさん安置されていたのですが、
観音様が主役なのか、ミニカーが主役なのか・・・大いに謎ですなw

さて、続いての立ち寄り場所へと向かっていると、
道ばたに気になる看板を発見!!(@_@;)



ゴ、悟留譜(ゴルフ)観世音菩薩の寺ぁ!?v(`∀´v)キャー
これは・・・!と、50mほど通り過ぎたところで、すかさずUターン!!



こちら、安中市中秋間の「全性寺(ぜんしょうじ)」と言うそうですが、
本堂はいたって普通の建物のようですが・・・?

(群馬県安中市中秋間1811)



境内の左手に目をやると、いらっしゃいました!
その名も「悟留譜(ゴルフ)観音」さま!\(≧▽≦)丿

光背のように見えるのは、全部ゴルフのクラブ!
手にはパターをお持ちという、コダワリッぷりがお見事です!(笑)



隣りに建てられた解説版によると、
ここ安中市の秋間地区には3つのゴルフ場があり、
そこで働く地域の方も多いので、それらの方々の安寧を祈念したとか。

14本のゴルフクラブには、
八正道(はちしょうどう)の教え + 六波羅蜜(ろくはらみつ)の教えで、
併せて14の意味を持たせてある、と言うのですから・・・
なんともまぁ、ありがたいお姿ですな~!(*^-')ノ

(八正道と六波羅蜜については、長くなるので各自で検索してくださいw)



ちなみに、ゴルフの観音様ってことで、奉納物はゴルフボール!w
ゴルフの上達を願うモノが多かったですが、
中にはホールインワン記念、なんてのもありましたよ~。



それ以外にも、この2つの石仏が境内で異彩を放ってました。
左が子育て観音さまで、右が長寿観音さま。
ど派手な彩色がすばらしい!v(`∀´v)

たまたま通りかかって見つけた、こちらのお寺さん。
個人的には、久々のヒット!で大興奮でした~(*^-')ノ

-----

↓↓他のビッグスクーター乗りの皆さんのブログも、お楽しみ下さい♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2017年3月14日 (火)

ホンダコレクションホールを探訪!

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2017年3月12日、晴れ!

この日は、ビッグスクーター繋がりの友人の銀影さんが、
「大のホンダ党」を自負していながらも、
もてぎの「ホンダコレクションホール」に行ったことがない!というので、
栃木県の東部方面へのツーリングとなりましたo(^-^)

銀影さんの日記はこちら:Silver Road
http://blog.livedoor.jp/ginkage_hattori-silverroad/archives/19249141.html



今回の参加者は、oguさん、銀影さん、空波さんとボクの4人です。
北関東道を真岡インターで降りて、いくつか寄り道しつつ・・・



こちら方面に来たときの定番、担々麺専門の「はつみ」さんで昼食♪
ちょうど行列が切れたところに到着したので、
少し待っただけで入店することができました~(^_^)v

ちなみに写真に写ってるのは、我ら一行を撮影中の銀影さんです(笑)

食べログのリンクはこちら:
https://tabelog.com/tochigi/A0904/A090401/9009210/



出ました!2年ぶりに食べる、「はつみ」の坦々つけ麺!
このお味は、わざわざ食べに来るだけの価値あり!と思いますね~。
もてぎの方へ遊びにいらした際は、ぜひ!(*^-')ノ



ということで、いよいよやって参りました、ホンダコレクションホール!
中にはホンダのレース車両はもちろん、市販車も多数展示されていて、
乗り物好きなら、誰でもかなり楽しめる施設だと思いますねo(^-^)



さっそく、二輪の市販車エリアから見て回ることにしましょう~!
ボクらは、今から20~30年前ほどのバイクブームの世代なので、
当然その時代の展示車両の前では、思い出話に花が咲きます(^_^)v



こちらは一部の方々の間で異様な人気を誇る、CBX400F。
こんなキレイな車両が市場に出回ったら、いくらになるんだろっ!?(笑



同じフロアの反対側は、四輪の市販車エリアです。
さっそく目に飛び込んでくるのは、初代シビック・TYPE-R(EK9)。

実はボク、30代の頃はこれに乗って、
サーキット走行なども楽しんでましたので・・・
とっても思い出深いクルマなんですよ~o(^O^)

隣に展示されてるインテグラ・TYPE-R(DC2)には友人が乗ってて、
よく走行会などにも参加してました。懐かしいな~!(*^_^*)



さて、建物の3階には、ホンダの宝とも言うべき、
歴代のレースマシンがずらりと勢揃いしてます!



こちらは、1997年型のNSR500(ドゥーハン車)ですね。
この年の15戦を全勝!という快挙を成し遂げた名車です。



こちらは、鈴鹿8耐仕様のRVF750。
V型4気筒の、低く唸るようなエキゾースト音が大好きでして・・・(*^_^*)
それに、片持ち式のスイングアームもカッコ良くて、
これの市販モデルのVFRは、いつかは乗ってみたいな~なんて、
憧れてたマシンでした♪



さてさて、いよいよ四輪レースカーの展示エリアです。
まずは、ホンダF1の原点であるRA271がお出迎え♪



次に紹介するのは、F2マシンのマーチ・ホンダ812です。
1981年、中嶋悟氏がこれに乗ってチャンピオンとなりました。
ジョン・プレイヤー・スペシャル(JPS)のカラーリングがカッコイイ!

ボクのTMAXも黒と金のカラーリングなのですが、
このマシンの影響でこの色が好きになったのかな~?(笑)



こちらは、ウィリアムズ・ホンダFW11B。
ターボエンジン時代のモンスターマシンですね!
V型6気筒のツインターボエンジンで、
1500ccながら900馬力以上って言うんですから、驚きです(@_@;)



そしてその隣りにあるのが、マクラーレン・ホンダMP4/7。
あの伝説のドライバー、アイルトン・セナのマシンです。
実はこのマシンの影響で、当時ボクはマールボロを吸ってました!
もろ、スポンサーの狙い通りの反応ですね・・・恥ずかし~!(^-^;)



さて、時代は下って、こちらはB・A・Rホンダの佐藤琢磨のマシン。
鈴鹿で3位表彰台に上ったときは、大興奮でしたね~!
この頃のF1マシンは、空力デバイスがさほどケバケバしてなくて・・・
スッキリと、流れるような車体のデザインが好きでした(笑)



で、こちらが、ホンダの第3期F1活動の最終マシン、RA108ですが、
なんか、車体からいろいろと「生えて」るのがね~?σ(^◇^;)。。。



このフロント部分なんて、どうしちゃったんですか!?って感じ(笑)
たしか、「ダンボウィング」なんて呼ばれてたような気がしますが。
空力の向上に効果があるから、こんな形にしたのでしょうけど・・・
はっきり言って、カッコ良くない!(爆)

レーシングマシンには、とことんカッコ良くあって欲しいと願いつつ、
4人でバイク談義、レース談義で盛り上がって、楽しい時間でしたo(^-^)

-----

↓↓他のビッグスクーター乗りの皆さんのブログも、お楽しみ下さい♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2017年3月 7日 (火)

足利のネタ的スポットへGO!

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2017年3月5日(日)、晴れ。

さて前回の続きですが、織姫神社の山を下りた後は、
すぐ近くにある、ちょっと変わった神社を訪ねてみましたよ♪



それがこちら、美人の国・足利の、「美人弁天」さま!

公式ページ:http://bijinbenten.com/

『美人証明を出す 日本で「たった一つ」の神社です』

・・・って、どんなモノのかと、とても気になりますね~!
さっそく、社殿にお参りをしましょう!v(`∀´v)



こちら、正式には「厳島神社」となっているようです。
厳島神社のご祭神は、元々は海上交通の守護神として祀られていた、
イチキシマヒメ、タギツヒメ、タゴリヒメの「宗像三女神」のわけですが。

このうちのイチキシマヒメは、特にお美しい女神であるとされ、
後にインドの「サラスヴァティー」神と同一視されて、
音楽、弁舌、芸能などの守り神=「弁才天」となったんですね。



というわけで、素朴な雰囲気の本殿の脇に立てられた、
ど派手な「美人弁天」さまを拝むとしましょうか!(*^_^*)



お堂の中には、千手観音風の金ぴかの弁天さま!
お供え物などもたくさんあって、
明らかに本殿より、こちらの方が「扱いが上」のようですな!v(`∀´v)

この日はちょうど、観光バスで乗り付けた団体さんなどもいて、
境内は結構な賑わいでした~o(^-^)



そんな境内の一角には、「手をなでると心身ともに癒やされる」という、
「なで弁天」なる像もありまして・・・おばさま方が順番待ち状態!^-^;)



少し人がはけたところで、ボクもこっそり撫でてきました(笑)

さて、気になる「美人証明」ですが!
こんな感じのモノをいただきましたよ~!(*^-')ノ



「これって、オッサンでもいただけるんですか?」と、
いちおう、遠慮がちに聞いてみたのですが・・・σ(^◇^;)。。。

「男性の場合は、清らかな心を証明するモノです」とのお答え。

じゃ、遠慮することなかったですね!(*^_^*) ←自分で言うなって?w

ちなみに、この「美人証明」を神社の社務所で販売してるのは、
毎月第1、第3の日曜日だけのようです。
(それ以外の日は、別の場所でもらえます。案内板もあり)

行かれる方は、お間違えのないようお気をつけくださいねo(^-^)

そんなわけで、無事にボクが、
「品行方正な人間である」と証明されたところで? ←だから!ww

続いてのネタスポットへ行ってみましょう~♪



足利と言えば、ボクら世代で外せないのは、
森高千里の名曲、「渡良瀬橋」ですよね!(*‘‐^)-☆

若い人は知らないかもしれないので、リンクを張っておきます(笑)



渡良瀬川の河川敷に、この曲の歌碑が建てられているというので、
いつか訪ねてみたいと思っていた場所なんですよ~。



現地はホントに河川敷の道路端で、クルマは停められませんね(^-^;)
思ったより小ぶりな石碑ですが、きれいなプレートが輝いてました。

隣にあるボタンを押すと、森高さんの歌が流れるサービスもGood!



で、こちらが歌の中に出てくる「渡良瀬橋」です!
現在は補修工事中なので、全部は見えないのが残念ですが、
とても美しい、6連の下路式ワーレントラス橋です。

歌碑のある場所からは、ちょうど夕日が見える方向にあるんですが、
沈む夕日を見ながら、ここで歌を聴くと・・・泣いちゃうかも??(笑)

そんなわけで、ご近所散歩のレポートはこれにて終了です(*^-')ノ

-----

↓↓他のビッグスクーター乗りの皆さんのブログも、お楽しみ下さい♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

«ご近所散歩で足利へ!