2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

おすすめリスト

無料ブログはココログ

« 栃木ワンダー 真岡の珍スポット巡り | トップページ | 乗り換えを検討中・・・ »

2015年3月 9日 (月)

廃墟探訪 下仁田町の鉄鉱山跡へ

久々の廃墟探訪ネタです!o(^-^)

今回は以前から気になっていた、下仁田町の「中小坂(なかおさか)鉄山」に行ってきたレポートです♪



-資料より-

中小坂鉄山は、江戸時代の1848年頃より、
鉄鉱石の採掘・精錬が行われていたとされているが、
その後の明治7(1874)年に外国人技師を招いて技術指導を受け、
日本初の西洋式製鉄所として、鉄鋼の生産を行うようになった。

蒸気機関を利用した、熱風送風式の溶鉱炉を備えた設備は、
明治13(1880)年に官営の釜石製鉄所が稼働するまで、
当時の日本における、最新にして最大規模の製鉄所であった。

しかし、残念ながら大正7(1918)年には操業が中止され、
すべての設備が撤去されてしまった。
今は山中に、採掘坑跡が十数カ所残るのみとなっている。



国道254号沿い、下仁田町中小坂地区にある案内板から、
山道に分け入ること数百メートル・・・
緩やかな坂の作業用林道を、歩いて登って行きます。



途中で、高校生ぐらいの男子を連れた親子グループとすれ違いました。
挨拶がてらに「鉄山までは遠いですかね?」と訊いたら、
「すぐそこですよ」と即答!(笑)
おそらくは、父親と息子がこの手のネタが好きで、
母親は仕方なくお供してる・・・といった感じでしょうか??(^-^;)

まぁ、どこにでもモノ好きはいるって事でv(`∀´v)
いずれにせよ、同好の士に出会えるのは心強いモノですなぁ!
( ̄▽ ̄)ニヤ



そして数分歩いた所で、坑道跡らしき洞穴を発見!!\(≧▽≦)丿
小さな案内板が建てられており、
往時の賑わいに思いを馳せることができました。



廃坑道の入り口を覗いてみると、案の定、厳重なバリケードが・・・(^-^;)



柵の隙間から、両腕とカメラを突っ込み、闇雲にフラッシュ撮影!
この坑道は果たしてどこまで続いているのか・・・
当時はもちろん手堀りでしょうから、相当な苦労があったことでしょうね。

-----

そんなわけで、今回の知られざる鉱山の探索はとりあえず終了!
この近くにある「下仁田町ふるさとセンター・歴史民俗資料館」に、詳しい資料や、
中小坂鉄山から採掘された鉄鉱石などが展示されていますので、
興味を持たれた方はぜひ、出かけてみて下さいね~(^-^)b

↓↓よろしければ、ポチッとお願いします♪

にほんブログ村 バイクブログ 週末ライダーへ
にほんブログ村

« 栃木ワンダー 真岡の珍スポット巡り | トップページ | 乗り換えを検討中・・・ »

産業遺産・廃墟探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174486/61255896

この記事へのトラックバック一覧です: 廃墟探訪 下仁田町の鉄鉱山跡へ:

« 栃木ワンダー 真岡の珍スポット巡り | トップページ | 乗り換えを検討中・・・ »