2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

おすすめリスト

無料ブログはココログ

« 奥会津&只見川 鉄橋巡りの旅 | トップページ | 会津ツー番外編 芦ノ牧温泉でチーン♪を発見! »

2015年7月26日 (日)

会津若松 ちょっとマニアックな?史跡巡り

今回の日記は、7月19~20日に行ってきたお泊まりツーの続きです。
(それにしてももう一週間経つなんて、早いよな~・^-^;)

朝、喜多方のお宿を出て、まず向かったのは「会津藩校 日新館」。

http://www.nisshinkan.jp/



会津藩の子弟は、10歳になるとこの日新館に入学し、
学問や武術など様々なことを学んだそうです。
有名な「白虎隊」の少年たちも、もちろんここで会津武士としての教育を受けました。



日新館はもともと、鶴ヶ城の隣にあったのですが、
戊辰戦争ですべて焼失してしまいました。



そのため、現在の施設は昭和62年に、郊外に移転・復元されたモノですが、
敷地の広さや建物の規模などは、ほぼ忠実に再現されているとの事でした。





館内では、当時の授業や生活の様子が、リアルな人形で再現されています。



これは、鶴ヶ城が落城したときの写真を元にした、ジオラマですね。
すごくよく出来ていてビックリしました!o(^-^)



今の日新館は、ちょっとした高台にあるので、とても眺めが良かったです♪

さて続いては、会津若松市内にて、
ちょっとマニアックな?歴史探訪を楽しみますよ~v(`∀´v)ウヒャ!



まずは、会津若松の駅からもほど近い、
「融通寺(ゆづうじ)」というお寺さんの隣にある、「西軍墓地」から。
(福島県会津若松市大町2-7-45)



戊辰戦争では、会津藩の兵士のみならず、
西軍(新政府軍)側にも多数の戦死者が出ました。
ここには、150名ほどの将兵が埋葬されているそうです。

中央の大きな墓石は薩摩藩、左には大垣藩。
そして薩摩藩のすぐ右側の奥に見えているのが、長州藩の墓石です。



墓地の入口の門扉には、西方各藩の家紋がしつらえてありました。
左から順に大垣藩、薩摩藩、岡山藩、長州藩、佐賀藩、土佐藩の家紋だそうです。



続いて、七日町通りに面した「会津新撰組記念館」に立ち寄りました。

http://www.aizushinsengumi.com/



この施設は、会津藩稲富流砲術家の館長が、
長年にわたって収集・研究している、鉄砲や歴史資料などが、
多数展示されています。

こちらの所蔵品からも多数の武器が、
大河ドラマ「八重の桜」に出演したそうですよ~!o(^-^)



ポストの色合いも、素敵ですね!(笑)

で、お次は新撰組記念館から徒歩2分の「阿弥陀寺」にある、
新撰組が誇る剣客・斉藤一のお墓です。



勝ち目のない籠城戦に突入する会津を捨てて、
北に向かおうとする土方歳三と袂を分かち、会津に残った斉藤一。

死地に残った斉藤は、その後西南戦争などにも従軍しつつ、
最後は警察官となって天寿を全うしました。
その一方で、逃れた土方は函館で戦死・・・とは、歴史の妙を感じますよね~。



さて、新撰組記念館から国道252号を会津坂下方面に進むと、
すぐに小さな橋があります。
ここが、薙刀を持って新政府軍に立ち向かった、「娘子隊(じょうしたい)」の奮戦地、涙橋(柳橋)です。



涙橋からさらに500mほど行った場所には、
薙刀の名手で娘子隊の隊長、中野竹子さんの像が建てられています。



大河ドラマ「八重の桜」では、黒木メイサさんが演じた役でしたね。
凜々しくて、カッコ良かった!(*^_^*)

http://yae-sakura.jp/spot/sekihi/1169



そして、史跡巡りはさらにディープな方向へ・・・(笑)
最後は、新撰組が立てこもって新政府軍と戦った、神指如来堂(こうざしにょらいどう)です。

http://www.aizukanko.com/spot/150/



この場所での戦いで、斉藤一ら数名を残して、新撰組はほぼ壊滅・・・。
このお社が、当時からあるものかどうかは解りませんでしたが、
静かな田園風景の中で、しばし歴史に思いを馳せたのでした(*^_^*)

前から訪ねてみたかった史跡巡りを楽しんだ、今回の旅。
とても良い思い出になりました~(*^-')ノ

↓↓よろしければ、ポチッとお願いします♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

« 奥会津&只見川 鉄橋巡りの旅 | トップページ | 会津ツー番外編 芦ノ牧温泉でチーン♪を発見! »

神社仏閣・史跡巡り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174486/61960034

この記事へのトラックバック一覧です: 会津若松 ちょっとマニアックな?史跡巡り:

« 奥会津&只見川 鉄橋巡りの旅 | トップページ | 会津ツー番外編 芦ノ牧温泉でチーン♪を発見! »