2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

おすすめリスト

無料ブログはココログ

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月25日 (月)

オペラの裏方の手伝い 舞台裏ってこんな感じです♪

今回はバイクネタじゃないのですが。

1月23~24日は、前橋市で行われた、
とある演劇の裏方を手伝いに行ってきたので、そのご報告です♪



群馬オペラ協会公演「カルメン」(日本語ダイジェスト版)

ボクはバイク以外の趣味として、
ベートーヴェンの「第九」(年末にあちこちから聞こえてくる、あの曲ですw)
を歌う合唱団に所属しているのですが、
指導者の先生方がみな、群馬オペラ協会の歌手の方々なので、
そのご縁で年に数回、公演のお手伝いをしに行っています(^_^)v



準備の最初は、舞台作りから。
今回のホールは、座席数500程の小ホールなので、
あまり大がかりなセットは組まないので助かりました(^-^;)



ひな壇の板と、白い化粧板などを組み合わせて、
闘牛場の観客席が出来上がりです。

で、左側に見えている移動できる台は、
酒場のシーンなどで、ダンサーが踊る舞台として使われる台ですね。



そちらは、黒い幕で周りをかこみ、カーペットを貼って完成です!

大まかな舞台装置が組み上がったら、
それに合わせて照明などを作り込んで(照らす位置を調整したりして)、
大人数が必要な作業は終了です。



舞台が出来上がると、出演者達が集まってきて、
「場当たり」という稽古が行われます。
本番の舞台装置を使って、自分の立ち位置や動きの確認をします。



闘牛士の手下(?)の方々が、立ち位置や動きの確認中。
この方達、実は児童合唱団の子達の親御さんで、
いつの間にか舞台に乗ることになってしまったそうです(笑)



舞台上が空いてる時間に、ピアニストが練習してます。
このピアノは「スタインウェイ」というブランドの製品ですが、
1台なんと、1500万円だとか!すごいですね!(@_@;)



マエストロ(本番の指揮者)の楽譜を、こっそり拝見♪
細かい書き込みがたくさんありましたよ~(*^_^*)



さて、この衣装は、左が主役の一人「ドン・ホセ」の軍服で、
右がそのドン・ホセと、絶世の美女「カルメン」を取り合って恋敵になる、
「エスカミーリョ」という闘牛士の服です。



これらの衣装を、業務用のスチームアイロンでしわ伸ばしするのが、
ボクの大事なお仕事なんですよ!(本職がクリーニング屋なのでw)



舞台の袖には、小道具も揃えられました。
基本的に小道具は、係の人と役者さん以外は、触ってはいけません。
本番の時に無かったり、置き場所が違うなどの混乱を避けるためです。



こちらのテーブルの小道具は、酒ビンやグラスなど。
酒ビンには、透明な樹脂のフィルムを貼り付けてあります。
万が一ビンを落とした時でも、割れて飛び散らないようにする工夫ですo(^-^)
さらにグラスは、100円ショップのプラスチック製!
お客さんから「それっぽく」見えれば、それで良いのです(笑)



ちなみに、舞台の上から客席の方は、こんな風に見えるんですよ♪

今回の公演も、おかげさまでほぼ満席となり、盛大に行われました。
で、その本番の写真ですが、残念ながらありません!
本番中ももちろん裏でいろいろ作業してるので・・・申し訳ないです~。

次の群馬オペラ協会の公演は、
2月11日(木・祝)、伊勢崎市文化会館での「オズの魔法使い」です。

けっこう笑えて、気軽に楽しめる出し物なので、
オペラとかミュージカルってどんな感じなの?と興味を持たれた方は、
ぜひお越し下さいね~!
(ボクももちろん、裏方で参加しますよ!)

-----

↓↓他のビッグスクーターのオーナーさんの日記も、お楽しみ下さいませ♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2016年1月18日 (月)

大雪との闘い!

2016年1月18日(月)、大雪。

いや~、今日は久々に大量の雪が降りましたね!(>_<)
このページを見てくださってる皆さんの地域では、どんな様子でしたか??



2年前の悪夢・・・70cm越え!の時ほどではありませんでしたが、
ウチの辺りで20cm程度の積雪となりました。



2台のバイク達も、すっぽり埋まってしまいました(^-^;)
これでしばらくは、バイクでのお出かけは難しくなりましたね。
日陰に残った雪で転倒!なんて、シャレになりませんから~!(*_*)



仕事は休みになってしまったので、
とりあえず自宅前の雪かきをしました。
クルマに踏み固められた雪って、重くなってどかせなくなるから、
そうなる前にと、2時間くらいがんばって作業しましたよ(^_^)v

これで明日の朝は、問題なく仕事に向かえそうです!

-----

↓↓他のビッグスクーターのオーナーさんの日記も、お楽しみ下さいませ♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2016年1月17日 (日)

セローでお散歩 東武鉄道の廃線跡を訪ねる

2016年1月17日(日)、晴れのち曇り。

今回は、少し前に買った本を読んでいて、初めてその存在を知った、
「東武鉄道・熊谷線(妻沼線)」の廃線跡を訪ねるツーリングです♪



東武熊谷線は、JR熊谷駅から妻沼までの10.1kmを結んでいた路線で、
1983(昭和58)年に惜しまれつつ、廃線となりました。
当時の沿線は、今は遊歩道や公園、道路などに転用されているので、
その痕跡を辿ってみましょう~o(^-^)



まずやってきたのは、JRの熊谷駅です。
上越&長野・北陸新幹線と、高崎線、さらには秩父鉄道も乗り入れる、
埼玉県北部最大の駅ですね!

駅前から、線路に沿って深谷方面に進み、廃線跡を探します。



駅を出て2つめの踏切で、使われていない線路を発見しましたよ♪
写真の奥が熊谷駅の方向で、
線路は左から、JR高崎線の上り(東京行き)、下り(高崎行き)、
東武熊谷線の廃線路、秩父鉄道と並んでいます。



写真を撮っていたら、秩父鉄道のラッピング電車がやってきました!
三峰口行きなので、日本の神話がモチーフのデザインですかね?o(^-^)



電車が通過して、踏切が開いたところで、
一つ前の写真の逆方向の風景を撮影しました。
電車が止まっている場所は、秩父鉄道の上熊谷駅。
廃止された東武熊谷線の線路だけが、道路に埋められてしまっていますね。



上熊谷駅から、少し深谷方面に進んだ所で、
JRと秩父鉄道が分かれる場所にさしかかります。
東武熊谷線は、もう少しだけ、秩父鉄道と並んで進んでいました。



その後、東武の線路跡は、グッと大きく右にカーブして、
熊谷市の北にある、旧・妻沼町方面を目指すのですが・・・
当時の線路が撤去された跡は、
今は遊歩道(通称・カメの道)や公園として整備されているのでした。



当時の妻沼線を走っていた列車は「カメ号」として親しまれていたようで、
公園には、そんな列車を模した休憩所も置かれていましたよ~(*^_^*)



熊谷の市街地を抜け出た「カメ号は」、
田園風景の中を、のんびり走っていたようですね。
この道路は、当時の線路跡に作られた道。
まっすぐに北を目指しています!



そして辿り着いたのが、終点・妻沼駅跡の付近です。
少し手前にある妻沼高校が目印の場所ですが、
大きなイブキの木が、乗降客を出迎えてくれていたそうです。



ちょっとした盛り土と、広い空き地が、
ここに駅があった名残のようですね。



さて、そんな妻沼線を走っていた、当時の気動車が、
近くの施設に保存されているというので、訪ねてみました。

妻沼図書館と、中央公民館が併設されている場所に行ってみると・・・?



クリーム色のかわいらしいディーゼルカーが、保存されていました。



1954(昭和29)年に、3両だけ制作されたという、東武鉄道キハ2000。
もう二度と走ることはないのでしょうが、
こんな車体が、のんびりと北関東の田んぼの中を走る・・・
できることなら、見てみたい風景ですな~!(*^_^*)



さて、その後は、せっかく妻沼まで来たのだから、ということで、
聖天山歓喜院(しょうでんざん・かんぎいん)にお詣りしてきましたよ♪

公式ページ:http://www.ksky.ne.jp/~shouden/

こちらのお寺さんは、見事な彫刻で彩られた本殿が、
国宝に指定されているとの事でしたが、
拝観料が700円!もしたので、今回はパス!(爆)

・・・にしても、つい最近まで国宝が一つも無かったグンマ県からすれば、
こんな身近に国宝の建物があるなんて、羨ましい限りですな!(笑)



参拝を終えたところで、ちょうど良い時間になったので、
聖天院の境内にあるお店で、お昼をいただきました♪

和食ダイニング あか石
食べログのリンクはこちら:
http://tabelog.com/saitama/A1105/A110501/11034755/



注文したのは、「聖天寿しと、お蕎麦のセット」(税込み1000円)です。
この中の、おしぼりくらいの太さ・長さがある「いなり寿司」が、
地元の名物「聖天寿し」とのことでした(まったく知らなかった!w)

「あか石」さんのお隣の製造元から、
数量限定で分けてもらっているそうですよ~!o(^-^)

(ちなみに製造元のお店には、すでに「売り切れ」の札が・・・^-^;)

食べログのリンクはこちら:聖天寿し
http://tabelog.com/saitama/A1105/A110501/11020723/

そんなわけで、今回も近場のツーリングでしたが、
かなり内容の濃い道中となりました~!v(`∀´v)

-----

↓↓他のビッグスクーターのオーナーさんの日記も、お楽しみ下さいませ♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2016年1月11日 (月)

鴻巣のちょっと変わった神社を探訪!

2016年1月10日(日)、晴れ。
この日は、埼玉方面へフラッとお出かけしてきましたo(^-^)

国道17号・上武道路から、熊谷バイパスを快調に流して、
まず向かったのは、鴻巣のちょっと変わった神社、「三ツ木神社」です。


(埼玉県鴻巣市愛の町171)

こちらの神社は、婦人病平癒や安産祈願に御利益があるとのことですが、
その奉納物が、ちょっと変わっているらしいのです。



さっそく本殿(本堂)へ向かって、お詣りしようと思ったら・・・?



賽銭箱の横には、朱で真っ赤になったご神体が!(@_@;)
お詣りしたら、朱を塗りつけるシステムなんですかね~?



本殿の右わきには、「眷属殿」(神様にお仕えする動物)があります。
こちらの眷属はお猿さんらしいので、
真っ赤に塗られているのはお猿さんですか!



安産のご報告に来た方の、奉納品もありましたよ。



それにしても、素朴なお猿さんの石像が、どれも見事に真っ赤です。
そしてお堂の中には、とにかく大量の石像が山のように積まれていて、
かなりカオスな雰囲気に・・・一見の価値あり!です(*^-')ノ



さらに、帰ろうとしたら、大きな御神木の裂け目の中にも、お猿さん。
これは女性の胎内的なイメージなんですかね??

この巨木は、鴻巣市の天然記念物に指定されていて、
推定樹齢は400年以上になるとか。
かなりの存在感を放っていましたよ~(*^_^*)

-----

↓↓他のビッグスクーターのオーナーさんの日記も、お楽しみ下さいませ♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2016年1月 7日 (木)

SHOEIネオテック インプレッション

さて、昨年末に新調したヘルメット・SHOEIのネオテックですが、
すでにTMAXで2回、セロー250でも2回ほど、
ツーリングに出かけて使ってみましたので、
個人的な感想を書いてみたいと思いますo(^-^)


(主に、今まで使っていた、シューベルト・C3との比較です)

*重さ
ウェブやカタログの情報によりますと、
ネオテック=1720g、シューベルトC3=1570gとのこと。

ただボクのC3には、まだインカムが付いたままなので、
手に持った感覚では、ほぼ違いはないようです。

*静粛性
シューベルトのC3は、特にこの分野で非常に評価が高く、
ボクも使っていてその性能にとても満足していました。

しかし、ネオテックも負けてはいません!
トンネル内など、外部の乱気流がない状態での走行では、
「サー・・・」という静かな音だけが、ヘルメットの周りを流れていきます。
とても快適です♪

*空力特性
高速道路で前にクルマがいる状況や、
風の強い日など正面からの乱気流が多い状況では、
ネオテックの方が、空力的な安定性が高いようですね。
気流によるヘルメットのブレが、より少ないように感じました。

*頭部のベンチレーション
全閉、やや開き、全開の3段階です。
全開にすると、かなりの風を感じます。夏場の使用が楽しみです♪
また、空気の取り入れ口の操作もしやすくてGood!です。

*ネオテック、意外なマイナスポイント!(^-^;)

1.チンガードを下ろしてロックがかかる時、
C3では「カチッ!」と、明確な音と手応えがあるのですが、
ネオテックはその辺がスムーズすぎて・・・音も手応えもほぼなし!
初めてかぶった時は、ロックかかった?と心配になりました(笑)

2.ピンロックシート付のシールドは完璧で、まったく曇りはしませんが、
インナーバイザーが若干曇ってしまい、見にくくなる時があります。
ボクの鼻息が荒すぎるだけ、かもしれませんがね~σ(^◇^;)。。。

3.ネオテックのインナーバイザーですが、
シューベルトのC3のモノと比べると若干色が薄いので、
その感覚から比較すると、日差しが眩しく感じることがありますね。
アフターパーツで、もう少し色の濃いモノが出ているようなら、
交換しても良いかな?と考えています。

以上、皆さんのヘルメット買い換え時の参考になれば嬉しいです(^_^)v

-----

↓↓他のビッグスクーターのオーナーさんの日記も、お楽しみ下さいませ♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2016年1月 3日 (日)

セローでお散歩 初乗りは近場の珍寺から♪

皆さま、あけましておめでとうございます~o(^-^)
早い人なら、明日から仕事始め!なんて方もいらっしゃいますよね。
有意義な正月休みとなりましたでしょうか??

かくいうボクはといえば、元日早々から熱を出して寝込んでしまい、
ずっと引きこもり生活をしていました(^-^;)

で、今日1月3日も、大人しくして過ごそうかと思っていたのですが、
備蓄していた食料と、薬がすべて無くなってしまったので、
仕方なく昼前に買い物に出ることに・・・

しかし!外に出たらあまりにも暖かかったので、
バイクで昼飯がてらお出かけして、買い物もするプランに変更~!(^_^)v

そんなわけで、今年最初のツーリング目的地は、
ウチから40分ほどの、赤城山の麓にある「成田山 赤城寺」です♪


(桐生市新里町大久保 413-4)

国道353号沿いにある、この大きな看板は、
赤城山の南面を走ったことのある方なら、見覚えありますかね??

実はここ、「ある方面」ではそこそこ知られた「珍寺」らしいので、
前から興味があったんですよね~v(`∀´v)ウヒャ!



国道沿いの入口からは、
こんな感じの狭くて荒れた舗装路で境内へ向かいます。
距離は400mほどですが、苔むしている場所や急坂、陥没箇所もアリ!

250のオフ車なら楽勝ですが、スーパースポーツ系や、
アメリカン乗りの方にはちょっとお勧めできないかな~?(^-^;)
(実は以前にTMAXで寄ろうとして、引き返したことがありますw)



そんなこんなで、駐車場(一部ジャリ)にバイクを停めて、山門へ♪
この辺だけ見ると、
こぢんまりとした普通のお寺さんだな~という印象ですが。。。



その前に、いきなり怪しげなオブジェがお出迎えです・・・(・_・)エッ......?



一つは、顔と手と足が付いてますが、
どう見てもこれは「チーン♪」ですよね??σ(^◇^;)。。。



そしてこちらは招き猫ですが・・・なんとなーく残念な感じがしますな(笑)



さて、気を取り直して本堂へお詣りします。
こちらはまぁ、いたって普通の建物でした。
中には、不動明王さまが祀られていましたよ~o(^-^)



その後は、境内の裏手を散策します。
たくさんの水子供養のお地蔵さまが並べられていました。

と、その中央にある、小さなお堂には・・・?



「水子供養 あっちゃん地蔵」が祀られていました。



なぜ「あっちゃん」なのか?は・・・きっと深い物語があるのでしょう(@_@;)

そして他の場所に移動すると・・・?



こちらは「世直しトップ地蔵」さま、とのことですが・・・(^-^;)



どの辺が「世直し」で、「トップ」なのか?は、
何の説明もなかったので、よく解りませんでした~!(>_<)

そんなわけで、新春早々ちょっとクラクラしつつ、
お昼ごはんに向かいます(*^_^*)



成田山赤城寺から5分くらいの所にある、
もつ煮屋「ワインディングロード」さんは、今日はまだお休みでした。



それで、今日のお昼に選んだのは、
阿左美駅の近くにある、お気に入りのラーメン店「夢のや」さんです♪

食べログのリンクはこちら:
http://tabelog.com/gunma/A1002/A100201/10010979/



本日注文したのは、ネギラーメンの醤油味です。
佐野系の青竹手打ち縮れ麺と、さっぱり醤油スープがとても美味!
おいしくいただきましたよ~(*^-')ノ

というわけで、身体も温まった所で、薬と食料を買い込んで帰宅。
季節外れの暖かさで、楽しめた初乗りとなりました(^_^)v

-----

↓↓他のビッグスクーターのオーナーさんの日記も、お楽しみ下さいませ♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »