2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

おすすめリスト

無料ブログはココログ

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月25日 (月)

さくっと!佐久の史跡巡り♪

2016年4月24日(日)、曇り時々晴れ。

この日は朝のうちの天気が良くなかったので、
出かけるのはどうしたモンかな~?とゴロゴロしていたのですが、
そのうち何となく日が出てきたので、近場のツーに行ってきました(^_^)v



向かったのは、一山越えたお隣の佐久市!
前から訪ねてみたいと思っていた、龍岡城の五稜郭です。

観光ガイド:http://www.sakukankou.jp/sightseeing/tatsuokajou-goryoukaku/



龍岡城は、日本では函館とここにしかない、五角形のお城です!
規模は函館のモノと比べると、ずいぶんと小ぶりなのですが、
お堀や石垣などがきちんと残されていますo(^-^)



この城が築城されたのは、幕末の動乱のまっただ中である1867年。
刀や槍で戦をする時代はとうに終わり、
鉄砲・大砲を撃ち合う戦闘が主流となったことで、
西洋式の城郭の建設が急がれたのでしょうね。

この地域に、時代の先を読む見識を持たれた方がいたことに、
とても興味を引かれました(*^_^*)



ところで、龍岡城のすぐ北にある山には、
五角形のお城の姿がよく見える展望台がある!というので、
行ってみましたよ~o(^-^)



県道120号からの2.1kmのうち、1kmほどダートがありましたが、
何とか転ばずに、たどり着くことが出来ました(^-^;)



バイクを林道の脇に停めて、そこからさらに歩いて5分ほど登ると・・・?



いかがですか!?ちょっと手前の木が邪魔ですが、
お堀の形がちゃんと五角形に見えますよね!(*^-')ノ
今回は、桜がもう終わってしまっていましたが、
満開の時期なら、五角形の桜並木も見られたのでしょうね~!



さて、続いての立ち寄りスポットは、龍岡城からもほど近い、
「旧中込学校」です。

観光ガイド:http://www.sakukankou.jp/sightseeing/nakagomi-gakkou/



この建物は1875(明治8)年に建築された、擬洋風建築の学校です。
アメリカに留学して建築を学んだ、
地元出身の市川代治郎という方が、設計と建築を担当したそうですが、
費用はほとんど寄附によって賄われたというのですから、驚きですね!

こちらのお庭には、立派な藤棚が作られていて、
藤の花が咲く頃にはすごく綺麗な風景が見られるとか!
その時期に、また来てみるのも良いかもしれませんね~o(^-^)



さてさて、今回最後の立ち寄りスポットは、
湯川のほとりの崖っぷちに建てられた、ちょっと変わった神社、
「鼻顔稲荷神社(はなづらいなりじんじゃ)」です~!

観光ガイド:http://www.sakukankou.jp/sightseeing/hanazura-inari/



こちらの神社は何がすごい?って、
ホントに崖の上に張り付くようにして建てられているんですよ!

こうした建築法は「懸崖作り(けんがいづくり)」と言うそうで、
代表的なのは、京都の清水寺があります。



この辺なんか、完全に空中に浮いちゃってますよね~!
よくこんな場所に、神社を建てようと思いついたモンだ・・・σ(^◇^;)。。。



さて、さっそくお詣りに行きましょう~o(^-^)



境内の階段を上っていくと、お狐さまがお出迎え。
なんか、シュッとしててスレンダーなデザインですね!v(`∀´v)



拝殿や本殿は、細長い建物で一列に並んでいるのも、珍しい形です。
ちなみに、上の写真で空中に浮いてた場所が、この辺りですね。
板張りの廊下を歩くと、下が空洞なので足音がよく響きました(笑)



交通安全の御利益もあるとのことなので、
今後のバイクライフの無事も、祈念しておきましょう~(*^_^*)



帰りにふと見ると、鳥居の裏側にはこんな案内が・・・
いや~、世の中には知らない事が、まだまだあるようですな~♪

山々の新緑を眺めながら、のんびり楽しんだ往復200kmでしたo(^O^)

-----

↓↓他のビッグスクーターのオーナーさんの日記も、お楽しみ下さいませ♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2016年4月11日 (月)

ぐるっと榛名山ツーリング!

2016年4月10日(日)、曇り時々晴れ。

この日は独りでのんびりと、ネタ探しツーリングに行くつもりでしたが、
同じTMAX乗りの「しばいぬ」さんからお誘いがあったので、
急遽(3日前!w)に企画を立てて、近場のお散歩ツーを楽しみました♪

目的地は、まずはリクエストがあった「榛名神社」を目指すこととして、
あとは行き当たりばったりの、ゆる~いツーリングです(笑)



集合場所となった富士見の道の駅から、
渋川市内を突っ切って、伊香保の坂道を登り、
榛名湖の脇を抜けて榛名神社へ向かいます!

で、神社へと下る途中のこの場所で、最初の寄り道~!v(`∀´v)



一度は見ておきたかった、榛名山の「男根岩」です!



それにしても、自然の岩が、なんでこんな形になるんでしょうね??
「縁結び」の御利益・・・とは意味がよく解りませんが(^-^;)、
個人的にはこの岩が見られて、本日の目的はこれでOK!?(笑)



さて、榛名湖からの坂道をさらに下って、榛名神社の門前に到着です!
最近は、「グンマ最強のパワースポット」などと言われて、
メディアに出る事も多いらしく、かなり混み合うイメージがありますが。

この日はまだ、サクラや新緑の季節にはほど遠い状況でしたので、
すんなりと駐車場まで辿り着くことが出来ましたo(^-^)



そこそこの人出で賑わう、参道をのんびり進みます。
途中にある「三重塔」は、グンマ県内唯一のモノだとか。美しいですね!



こちらは、筆や刷毛の供養塚の前にあったご神体?ですが・・・
「ゴム」を被ったチーン♪に見えてしまうのは、何かの病気でしょうか?(爆)



まぁそれはともかく、本殿でお詣りを済ませて一安心ですよ~(*^_^*)

で、その後は裏榛名に降りて中之条方面に向かい、
箱島湧水の廃墟ダムへ、皆さまをご案内しました(^_^)v



ここにある旧ダムは、小さいながらもれっきとしたロックフィルダム。
約1年前に訪れた時は、人気が無くて静かな場所でしたが、
今は何やら工事が行われている様子です。



傍らにあった看板によると、
再びこの湧水を使って、発電を行う計画があるんですね!



一度は廃墟となって、人々から忘れ去られた小さなダムが、
今一度よみがえって日の目を見るなんて、素敵なお話しですよ~!
\(≧▽≦)丿



この日の走行距離は140km程度と、ホントにご近所の散歩程度でしたが、
ネタ的にはいろいろと楽しめたツーリングでした(*^-')ノ

-----

↓↓他のビッグスクーターのオーナーさんの日記も、お楽しみ下さいませ♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2016年4月 7日 (木)

沼田周辺の史跡巡りツーリング

4月3日(日)のツーリングの続きです。

「真田丸」展を楽しんだあとは、周辺の真田関連の史跡巡りへ出発!(*^-')ノ



まず向かったのは、展覧会の会場からすぐ近くの、
「正覚寺」(しょうがくじ)というお寺さんです。



舗装されて一般道化してる参道を通って、山門の前へ。
実はここ、仕事で毎週のようにすぐ近くに来てるのですが、
ちゃんと参拝するのは初めてだったりします・・・(^-^;)



正覚寺は、沼田のお城ととても関わりが深く、
おそらく今後のドラマの中でも登場するであろう、場所の一つですね。

有名なエピソードとしては、いよいよ関ヶ原の戦いが始まろうという時、
徳川方に付いた信之の妻・小松姫と、豊臣方に付いた昌幸、信繁とが、
密かに会って最後の別れをした・・・などのお話しでしょうか。

本堂の前の大きな桜の木は、この日はまだ咲いていませんでしたが、
3日後に仕事で前を通ったら、咲き始めていましたよ~(*^_^*)



で、正覚寺の境内を散策しつつ、程なく小松姫のお墓を発見!
(「大連院殿」(だいれんいんでん)は、小松姫の法名です)

小松姫は、病気の療養のために江戸から草津へ向かう途中に、
鴻巣で病没し、荼毘に付されたのでした。
で、その後遺骨は3カ所に分骨され、埋葬されたのですが、
そのうちの一つがここ、沼田の正覚寺です。

ちなみにあとの2カ所は、
2月7日のツーリングで行った、鴻巣の「勝願寺」と、
上田の「芳泉寺」とのことなのですが・・・
こうなったら3カ所コンプリートを目指しましょうかね??(^_^)v

2月7日のツーリングの様子はこちら:
http://circuit-junkie.way-nifty.com/blog/2016/02/post-96b7.html



それと正覚寺さんは、沼田台地のキワにあるので見晴らしが最高!
写真の向きは台地の北西方向で、名胡桃城のある方角です。
ということで、次の目的地に行ってみましょう~o(^-^)



国道17号は、月夜野インターを過ぎた所で利根川を渡り、
沼田の対岸の崖の上へと続いています。
その坂道を登り切った所にあるのが、「名胡桃城」(なくるみじょう)です。



名胡桃城は、沼田城とともに当時の真田の重要拠点で、
真田、上杉、徳川、北条などの各勢力が何度も支配権を争って、
対立を続けていた場所でした。



その争いを終わらせたのが豊臣秀吉の命令で、
沼田は北条、名胡桃城は真田が所有することとして、
一度は決着したのですが・・・

のちに沼田の北条方が、秀吉の命令を無視して計略を仕掛け、
名胡桃城をだまし討ちで乗っ取ってしまったことから、秀吉が激怒!!
それが、秀吉の小田原攻めのきっかけになったとされています。

現在、城跡は整備が進んでいて、往事の面影を偲ぶことができました。
利根川の断崖に立つ城からは、沼田城もよく見えたことでしょうね~。

というわけで、メンテ後のお昼過ぎからのご近所ツーリングでしたが、
大河ドラマ関連でいろいろ楽しめた一日でしたo(^-^)

-----

↓↓他のビッグスクーターのオーナーさんの日記も、お楽しみ下さいませ♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2016年4月 4日 (月)

TMAXオイル交換と、沼田の「真田丸」展

2016年4月3日(日)、曇り。

今回は、そろそろオイル交換の時期が来たので、
TMAXを買ったSOX前橋店さんで、作業をお願いしてきましたよ~。



朝一番での作業を予約しておいたので、すぐに作業開始です!



そしてオイルを抜き取ってる間に、
ドライブスプラインのグリスの状態も、確認してもらっちゃいました♪

TMAX530の駆動系の構造と、グリス切れ問題について詳しくはこちら:
http://ameblo.jp/tmaxm5/entry-11905425405.html



ちなみに、前回グリスを充填したのは、2015年11月。
上の写真は、新品のグリスがみっちり詰まっている状態です。

そして、それから約3000kmほど走った、今回の状態がこちら↓



熱による多少の変色はあるものの、グリスの量や状態は良いようです。
この様子なら、オイル交換2回(6000km)ごとのグリス充填で、
問題ないのでは?との、メカニックさんの見解でしたo(^-^)

さて、メンテナンスも終わった所で、プチツーに出発です♪
この日は、沼田方面までお出かけしてきました。



こちらは、利根川の方から見た、沼田台地の様子です。
写真中央付近の台地が途切れるあたりが、沼田の城跡ですね。



というわけで、本日最初の立ち寄りポイントは、
沼田市で開催されている、大河ドラマ「真田丸」の特別展です!o(^-^)

公式ページはこちら:http://numata-sanadamaru.com/



会場は、グリーンベル21というデパートの空き店舗を使ってますが、
向かいにあるFM尾瀬のスタジオも、真田関連のディスプレイでした。
ゲーム向けに思いっきり美化されたキャラが、カッコいいですね!



会場の中には、無料で見られる場所も広く取られていて、
そこだけでもけっこう楽しめる内容でした。
ちなみに上の画像は、懐かしの人形時代劇「真田十勇士」のビデオです。



こちらは、当時の撮影で使われた人形達でしょうか?



で、こちらの人形達は、今のドラマの役者さん達がモデルでしょうか?
詳しく見てこなかったのでよく解らないのですが、
どことなく、今の俳優さん達に似てるような気がするんですよね~(*^_^*)



そのすぐ隣には、等身大とおぼしき「小松姫」の人形が飾られています。
小松姫は、沼田城の守備に就いて活躍したこともあり、
沼田市民にはすごく人気があるようですよ~(*^-')ノ



こちらは、沼田城の復元ジオラマです。
城が建てられていた立地条件とあわせて、当時の重要な拠点でした。



さて、いよいよ有料のエリアに突入しますよ~!(^_^)v
とはいえ、当然ながら内部は撮影禁止だったのですが・・・



一部、オープニングの画像に使われている、
挟土秀平(はさどしゅうへい)さんの土壁の展示だけは、撮影可でした!



こちらは、竹を編み込んだ土壁。



桜色の土壁。
繊細な色のグラデーションが、とてもキレイ!(*^_^*)



銀河の土壁。
星空を舞う、龍のようなイメージでしょうか?
個人的には、この作品が一番好きですね~o(^O^)



最後は、花飾りの土壁。
これらの作品は、ドラマのオープニングで順に流れて見られますが、
実物の質感をともなった雰囲気は、やはり味わいが違いますね♪



そんなわけで、なかなか楽しめた「真田丸」の特別展でした~(*^-')ノ

-----

↓↓他のビッグスクーターのオーナーさんの日記も、お楽しみ下さいませ♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »