2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
フォト

おすすめリスト

無料ブログはココログ

« 2018年1月 | トップページ

2018年2月

2018年2月13日 (火)

群馬県立歴史博物館を見学してきた

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2018年2月11日、晴れ!

今回は、先日出かけた、群馬県立歴史博物館の見学レポートです。

群馬県立歴史博物館

公式ページ: http://grekisi.pref.gunma.jp/

高崎市の「群馬の森」という自然公園の中にある、歴史博物館。

確か1年くらい前に、展示替えがあってリニューアルオープンしたのですが、
それ以来、いつかちゃんと見学に行こうと思いつつ、なかなか行けなくてね・・・(^-^;)

今回調べてみたら、企画展の方もけっこう面白そうだったので、
ようやく訪れることができました♪

埴輪の展示1

入場料を払って中に入り、まずは常設展の見学から。

古代のグンマは、西のヤマトに匹敵すると言われるほど栄えた土地らしく、
関東地方では随一の、古墳密集地帯なんですよね~。

そうした古墳から発掘された、すばらしい造形の埴輪がたくさん並べられています♪

埴輪の展示2

こちらは、何かの儀式を行っている人々の様子でしょうか?
現代人から見れば、どこかユーモラスな造形ですが、
当時の人々の熱い思いが伝わってくるようですね~(*^-^*)

「近世」のイメージグラフィック

その後、近世の時代に入ると、鎌倉幕府の打倒を成し遂げた、新田義貞が現れるも、
関東地方は武田、上杉、北条などの大名が争う地となって、有力大名は育たず・・・

群馬のお城

1590年、豊臣秀吉の臣下となった徳川家康が、関東に移封となって入国すると、
俗に「徳川四天王」と呼ばれる武将のうち、2人がグンマの領地を与えられ、
グンマは江戸と徳川幕府を守る、重要な拠点としての役割を担うようになりました。

(徳川四天王のうち、井伊直政が高崎藩と箕輪城で、真田や上杉に睨みをきかせ、
 榊原康政は館林藩で、東北方面の抑えになった)

倉賀野宿 復元模型1

こちらは、江戸時代の重要街道である、中山道・倉賀野宿の復元模型です。

倉賀野は、利根川水系を利用した船運の、もっとも内陸に入り込んだ拠点だったそうで、
陸路と水路の交差点として、おおいに賑わったのだとか!

これは知らなかったな~(^-^;)

倉賀野宿 復元模型2

ちなみに模型では、先日訪ねた、中山道と日光例幣使街道の分岐点(追分)の様子も、
しっかりと再現されていましたよ~♪

富岡製糸場 復元模型

そして時代は下って明治の頃になると、
グンマ一帯で盛んに行われていた養蚕と絹製糸が注目され、
日本初の機械製糸工場である「富岡製糸場」などが作られたんですよね~。

(世界遺産登録された富岡製糸場は、グンマで唯一の国宝でもあります!w)

戦時中のポスター

その後のグンマでは、太田に拠点があった中島飛行機(後の富士重工=現・スバル)が、
ゼロ戦の生産を手がけるなど、工業都市として栄えた一面もありました。

(そういえば、ゼロ戦の設計者・堀越二郎氏も、藤岡市の出身でしたね)

四式戦闘機「疾風」

こちらは、太平洋戦争末期に中島飛行機にて制作された、
四式戦闘機「はやて」の模型です。

戦争や、兵器開発の賛否はここでは論じませんが・・・
一度は時代を席巻した、傑作戦闘機を作り出した「グンマのもの作り」については、
歴史の1ページとして、個人的には一定の評価を与えて良いかと思っています。

群馬県立歴史博物館 企画展

・・・ということで、今期の歴史博物館の企画展はっ!

その中島飛行機~富士重工~スバルの歴史と、昭和の時代を重ね合わせた内容♪

「受け継がれるものづくりのスピリットを紹介」というキャッチコピーが良いですね(^-^)b

スバル360

会場に入ってひときわ目立っていたのは、スバル360!

他の博物館などで、キレイに飾ってあるのは何度も見たことがありますが、
ボンネットやトランクまで、すべて開け放ってあるのは初めて見た!(・∀・)イイ!

へ~!ドアの開き方は、今のクルマとは違うんですね~!(@_@)オドロキ

・・・って、あれ?前のボンネットにスペアタイヤが入ってるって事は・・・?

このクルマって、リアエンジンのマシンだったんですか!
お恥ずかしながら、これも知らなかった~!!ψ(`∇´)ψキャー

古い家電製品1

会場内には他に、昭和なカオリがプンプンする、ふる~い家電製品などもたくさん!
蓄音機に、四本足のテレビ・・・って、さすがにボクは、この世代ではありませんが(^-^;)

古い洗濯機

手回しローラーの絞り器が付いた、昔の洗濯機。
子供達がハンドルをガラガラ回して、盛り上がってましたw

古い家電製品2

こちらは、背景にある「燃えよドラゴン」と、「スターウォーズ」のポスターがすごい!
手前にある電気ストーブなんかも、懐かしい感じですね♪

黒電話

で、会場内で触って楽しめる展示の中で、一番賑わっていたのがこの「黒電話」!(笑)

イマドキの子供たちには、ダイヤルの回しかたが解らないらしく・・・

とある子供が、おじいちゃんに教わりながらダイヤルに指を入れて回し、
電話をかけて遊んでいたのが微笑ましかったですよ~!(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

と言うわけで、けっこう良いお勉強になった、今回の歴史博物館の見学でした♪

ちなみにこの「昭和なくらし」の企画展は、平成30年2月25日までですので、
興味を持たれた方は、お早めにどうぞ~!(^-^)ノ

-----

↓↓他のビッグスクーター乗りの皆さんのブログも、お楽しみ下さい♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2018年2月 5日 (月)

久々のバイクでご近所散歩!

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2018年2月4日(日)、晴れ!

このところの強烈な寒さや、雪の影響で、しばらくバイクに乗れてませんでしたが、
やっと暖かい日曜日を迎えたので、ご近所散歩に行ってきましたよ♪

産泰神社1

まず最初に立ち寄ったのは、ウチの会社からもほど近い、
前橋市の「産泰(さんたい)神社」 さんです。

群馬県前橋市下大屋町569
http://www.santai-jinja.jp/

こちらは、安産と子育ての御利益に特化した、珍しい神社なんですよね~♪

産泰神社の「抜けびしゃく」1

本殿の前に置かれていて、まず目に付くのは「抜けびしゃく」!
これはどういうアイテムかといいますと・・・

要は、底が抜けた「柄杓」が置いてあるのですが、
水をすくっても、スーッとこぼれ落ちてしまうことから、
「スーッと楽なお産になりますように」との願いが込められているそうなんですよ(*^-^)

産泰神社の「抜けびしゃく」2

注意書きに「妊婦さん以外は使用しないで」とあったので、
ボクは近くで眺めただけですが、珍しいというか、ちょっとユニークなアイテムですよね~。

産泰神社の「子育て戌」1

本殿の横に廻ると、かわいらしいイヌの石像がありました♪

イヌは多産で、しかも安産らしいので、それにあやかって、ということらしいですが。

産泰神社の「子育て戌」2

でも、個人的には何となく、イヌというよりネコっぽい感じがするような??(^-^;)

産泰神社2

境内には若いカップルや、小さな子供を連れた家族などがちらほら。

駐車場には他県ナンバーのクルマも数台あって、
遠くからわざわざお参りに来る人もいるほど、人気のあるお社なのでしょうね。

で、ボクはと言えば。

一人モンのオッサンにとって、安産と子育ては一番遠い世界ですから(笑)、
あえて本殿にはお参りせず・・・

産泰神社3

本殿の裏手にあった「金刀比羅宮」さんに、家内安全を祈願しておきました~ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

さて、産泰神社をあとにして、次に向かったのは・・・?

上野国総社神社1

前橋市の元総社にある、「上野国総社神社(そうじゃじんじゃ)」です。

群馬県前橋市元総社町1-31-45
http://www.net-you.com/souja/

上野国総社神社2

上野総社神社は上野の総鎮守なり

上野総社神社は県内総神社の神集ひ座す御神地なり

上野総社神社を参拝するは県内各神社を参拝 するにひとし

由来書によれば、総社神社は平安時代、上野国(現在の群馬県)の国司が、
県内すべての神社の御霊を集めて祀ったのが始まりとされるので・・・

ここを参拝すれば、県内の神社を全部参拝したのと同じ御利益があるとか!?

上野国総社神社3

なんか、あんまり安上がり過ぎると、ありがたみも減ってしまうような気もしますが・・・
ま、とりあえずお参りをして、今後とも見守ってくださるよう祈念しておきました(*゚▽゚)ノ

上野国総社神社5

ちなみにこの日は、毎月第一日曜に開催されてる骨董市と重なったので、
様々な古民具や、骨董品を並べている業者さんで賑わってましたよ~。

それで、次の目的地に向かう前に、トイレを借りていこうとしたら?

総社神社の公衆トイレ

入り口の扉には、謎の張り紙が・・・ (・_・)エッ....?

「仏滅は使用できません」って、なにゆえ??(笑)

仏滅などを含めたいわゆる「六曜」の考え方と、神道って、
直接的な結びつきは無いように思うんですが、いかがなモンでしょう?(^-^;)

仏滅が定休日の公衆トイレって・・・う~ん、やっぱ謎だわ~w ┐(´-`)┌フウ

思わぬところで小ネタを拾った、総社神社の探訪記でした♪

-----

↓↓他のビッグスクーター乗りの皆さんのブログも、お楽しみ下さい♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2018年2月 1日 (木)

皆既月食を撮ってみた!

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2018年1月31日(水)、晴れ。

この日は、数年に一度に観測できるという、皆既月食の夜でしたね~。

当初の天気予報では、当日は夕方から曇り始めるので、
月の観測は難しいかも?という情報があったので、
実を言うと、あまり期待していなかったのですが・・・(^-^;)

皆既月食を撮ってみた1

いつも通り、仕事帰りにジムでの運動を終えて外に出たら!?

なんと、夜空はスッキリ晴れてて、
食が始まったお月様がバッチリ見えてるじゃないですか! (v^ー゜)ヤッタネ!!

お風呂とサウナも済ませた後だったので、湯冷めするのがちょっと心配でしたが、
慌てて自宅まで戻り、カメラ&三脚を持ちだして、近所の広い駐車場で撮影開始♪

このチャンスを逃したら、次はまた何年か後になってしまいますから、
ここぞとばかりに夜空を見上げて、撮影を楽しみましたよ~(=^o^=)ニャハハ

皆既月食を撮ってみた2

ちなみに、ボクが愛用してる一眼レフの機材は、
ニコンのD3300と、タムロンの16-300の組み合わせ。

バイクで持ち運ぶ事を想定しているので、
カメラもレンズもまぁ、言ってみればコンパクトな「お手軽セット」なんですよね~。

それに、本格的に月を撮影するなんて今回が初めてですから、
APS-Cの35mm換算で、480mmほどとなる望遠レンズで、
果たしてどこまで寄れるのか?など、解らないことだらけ!(笑)

で、皆既月食がゆっくりと進んでいくのを良いことに、
いろいろカメラの設定やら、露出やらをいじって撮影を楽しみましたが、

やってみると、これがまぁけっこう難しいモンなんですね~!┐(´-`)┌ヤレヤレ

↑上の写真は、暗いシーンでも撮影できるようにと、
 センサーの感度(ISO感度)を上げたものの、
 シャッタースピードを遅くしすぎて、白飛びしちゃった失敗作です(爆)

そして、約40枚ほど撮りまくって遊んだ結果・・・

皆既月食を撮ってみた3

(ISO感度12800、シャッター1/10秒、露出補正+1.0、絞りf/6.3、焦点距離480mm)

とりあえずこちらが、今回の中で一番よく撮れた一枚です!ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

ところでその日のニュース番組では、今回の皆既月食について・・・

* 地球と月の距離が近い「スーパームーン」と、
* 一ヶ月で2度目の満月である「ブルームーン」と、
* 皆既月食で見られる「ブラッドムーン」とがぜんぶ重なった、

「超絶レアな」満月ですよ~!!なんて、力説してましたっけ!ψ(`∇´)ψキャー

寒空を見上げながら、貴重な遊び時間を体験することができました♪

-----

↓↓他のビッグスクーター乗りの皆さんのブログも、お楽しみ下さい♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

« 2018年1月 | トップページ