2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

おすすめリスト

無料ブログはココログ

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

2018年4月30日 (月)

志賀草津道路 雪の回廊2018

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2018年4月29日(日)、快晴!

今回は、毎年この時期の恒例行事となりつつある、
国道292号・志賀草津道路の雪の回廊を、見に行ってきたレポートです♪

2018年4月29日のツーリング1

今回の旅のお供をして下さったのは、oguさんと銀影さん。
道の駅こもちの隣りにあるコンビニで待ち合わせて、いざ出発~!

途中、吾妻峡の道の駅などで休憩しながら、嬬恋村方面を目指しましたよo(^-^)

前の日記で書きましたが、志賀草津道路は現在、草津側からは上がって行けないので、
今回ボクらは、万座ハイウェーを往復するルートをチョイス。

万座ハイウェーのバイクの通行料金は、片道で740円とちょっとお高いのですが・・・
志賀草津道路を信州中野の方へ降りて、そこから高速道路で帰ることを考えると、
逆にこの方が安上がり!ってことですな~( ´艸`)プププ

2018年4月29日のツーリング2

万座ハイウェーを快調なペースで上っていき、途中の嬬恋牧場にて小休止。

噴火警戒レベルが引き上げられた事によって、
観光客は少なめなのでは?と期待してたのに・・・バイクもクルマもたくさんいましたよ(笑)

雪の回廊2018-2
(2018年4月29日撮影)

さて、そこから程なくして、雪の回廊ができあがる地点に到着です~!(^-^)v

今年の冬は、はじめの頃は大雪!大雪!と各地で大騒ぎになってましたが、
3~4月の雪解けが早かったそうで、噂に聞いていたとおり、雪壁はだいぶ低い!(^-^;)

雪の回廊2017-2
(2017年4月30日撮影)

ちなみに、同じ場所の昨年の様子は、こんな感じ↑でしたから、その差は歴然ですな~。

雪の回廊2018-1
(2018年4月29日撮影)

そこから前方の山の方を見ても、今年の雪壁はこの程度しか残ってませんでしたが・・・

雪の回廊2017-1
(2017年4月30日撮影)

同じ場所の2017年の様子は、↑コレ!迫力が全然違いますよね~!w(゚o゚)w

今年はちょっと残念な、雪の回廊の様子でしたが、
まぁこれも自然相手の事ですから、仕方ないですわな・・・┐(´д`)┌ヤレヤレ

国道最高地点の石碑

その後は、有名な「日本国道最高地点」の石碑がある展望台に立ち寄って、記念撮影♪

では、来た道を戻るとしますかね~!(^-^)b

2018年4月29日のツーリング3

志賀草津道路と、万座方面へ降りる道との交差点を眺める高台で絶景を楽しんで、
そこから、数年ぶりに毛無峠に行ってみるか~という流れになったのですが・・・

残念ながら、毛無峠へと続く道は、まだ冬季閉鎖のままでした・・・(^-^;)

嬬恋村 てんぐ食堂

さてさて、万座ハイウェーで嬬恋村まで戻ってきて、お昼にしましょうかね~♪

皆さんをご案内したのは、「てんぐ食堂」さん。
JR万座・鹿沢口駅の前にある、お気に入りの食堂です。

食べログの記事はこちら:
https://tabelog.com/gunma/A1004/A100402/10001961/

てんぐ食堂の味噌煮込みうどん定食

3人そろって注文したのは、味噌煮込みうどんのセット。お値段ジャスト1000円!

味噌煮込みうどんと、サラダ、天ぷら、モツ煮込みと小ライスが付いて、食べ応え充分!
今回もごちそうさまでした~o(*^▽^*)o

浅間大滝

で、そこからは、二度上峠を越えて高崎方面へと戻るルートになるわけですが、
途中の「浅間大滝」にちょっと寄り道♪

前に来た時、この滝で「滝行」をしていた方々がいて、凄かったんですよ~!と話したら、
同行のお二人がその時の写真を見たい!と言うので、ちょっと載せてみますね(笑)

浅間大滝で滝行2

精神統一でもするかのように大きく手を広げて、滝へと向かう男性。

浅間大滝で滝行1

何かの武道の関係か、はたまた宗教的な修行でしょうか。
とにかく、すさまじい気迫を感じますね!ψ(`∇´)ψ

浅間大滝で滝行3

その後、お仲間達も交えて、数分間滝に打たれてました・・・凄すぎです!(*^m^)

2018年4月29日のツーリング4

とまぁ、ちょっと余談が多くなってしまいましたが・・・(^-^;)

その後は倉渕~高崎市内と走り抜けて、無事に帰着!(^-^)b

この日は天気が良すぎて、下界に降りてきたらかなり暑かったので、
道の駅やコンビニなどでちょこちょこ休憩を取りながら、のんびり帰ったツーリングでした。

-----

↓↓他のビッグスクーター乗りの皆さんのブログも、お楽しみ下さい♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2018年4月27日 (金)

志賀草津道路、けっきょくまたダメなのね・・・

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

先週の4月20日(金)のこと。

長かった冬季閉鎖がやっと解除されて、
「今年もあの絶景道路が楽しめる!」と喜んだ、国道292号・志賀草津道路ですが。

なんと!!

そのわずか2日後に、火山警戒レベルが引き上げられたことを受けて、
また通行止めとなってしまったそうですね・・・(ノ_-。)エーン

*通行止め情報 : 草津温泉観光協会ホームページ

https://www.kusatsu-onsen.ne.jp/access/koutuu.php

少し前までの噴火による通行止めは、
2018年1月23日に発生した、本白根山の噴火による影響でしたが、
今度の原因は、草津白根山の火口(通称:湯釜)のほうで地震活動が増えてるからだとか。

その湯釜のほうも、数年間立ち入り禁止がされていて、
たしか、昨年夏あたりからやっとまた、見に行けるようになったばかりのはず・・・(-.-;)

・・・まぁ、相手は大自然ですからね~。

我々、人類は、ただ指をくわえて見ているだけ、ですからね~(;´д`)トホホ…

志賀草津道路1

上の写真は、ちょうど本白根山あたりの展望台からの眺めですが、
この風景もしばらくは見られなくなるかと思うと、つくづく残念でなりませんな。

(2015年7月12日 撮影)

・・・とはいえ!

唯一の光明とも言えるのは、万座ハイウェーは通行止めにはなっていないので、
嬬恋村~万座経由で、渋峠を走り抜けることはできるってこと!

万座温泉の上にある交差点から、草津方面には降りられないので、
また万座ハイウェーに戻るか、長野県の湯田中温泉の方に降りるかの、
どちらかのルートに限られてしまいますが・・・

とりあえずボクらはまた今年も、雪の回廊を見に行きますよ~!(* ̄ー ̄*)

その様子は、また後日のレポートで!ヽ(´▽`)/

-----

↓↓他のビッグスクーター乗りの皆さんのブログも、お楽しみ下さい♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2018年4月26日 (木)

X-ADV ファーストインプレッション~TMAXとの比較で~

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

X-ADV1

さて、先日4月22日に、我が元へとやって来たX-ADVですが。

その前に乗っていた、ヤマハ・TMAX530(2014年型)の印象が薄れないウチに、
両車に乗って感じた事などを、ざっと書き留めておこうかと思います。

那須の珍スポット巡り2

X-ADVとTMAX、どっちが良いのかな~?なんて悩んでいる方や、
これから購入を検討される方に、少しでも参考になれば良いですね~o(^-^)

お断り:

シロウト目線の個人的インプレですので、あくまで参考程度とお考えください。
X-ADVはまだ慣らし運転も終わっていないので、エンジン性能はフルに使ってません。
また、公道を常識の範囲内のスピードで走った感想となります。

1.乗り心地と足つき

X-ADVを走らせて、まず感じたのは「意外と硬い乗り味だな~」という点ですね。
シートのクッション性も、TMAXよりX-ADVの方が硬めですし、
倒立フォークが採用されているので、高剛性=硬めの印象なのかもしれません。
(慣らしが終わって車体が馴染んでくると、印象がかわるかも?)

足つき性は、TMAXとX-ADV、ともにほぼ同じで、あまり良くないです。
身長170cm、ズボンの股下70cmを履いてるオッサン体型の筆者wだと、
両足を着こうとすると、靴の先が地面に触るだけです(^-^;)

片足だけなら、親指の付け根までしっかり地面に着くので、車体を支えるのには充分。
2台とも、ギアチェンジのために足を踏み換える必要がないので、
一度足を出してしっかり止まれれば、立ちゴケの不安はありません。

防風性能は、TMAXの勝ち!
スクリーンもフロント周りも、スクーターらしいボリュームがある車体なので、
前からの風はほぼシャットアウトしてくれて、快適そのものでした♪

X-ADVはスクリーンの幅が狭いので、肩から腕には多少風を感じます。
ただ、スクリーンは高さを手軽に変えられるのが、とてもいいですね~!
一番高い位置にセットすれば、ヘルメットはほとんどスクリーンの中に隠れます。

2.エンジンの乗り味

2車種とも、同じ並列2気筒モデルですが、エンジンの違いは面白い♪

270度クランクが採用されているX-ADVは、とにかく元気で荒々しい印象!
この仕様だと、90度Vツインエンジンと同じ爆発間隔となるそうで、
Vツインのスポーツバイクのように、ドドドドッ!とワイルドに吹け上がるのが良いですね!
まだ慣らし中で高回転域は使えてませんが、750ccのトルクのゆとりは感じられました。

対するTMAXは、きわめてオーソドックスな360度クランクのエンジンなので、
ブーーーン!となめらかに、キレイに吹け上がる印象でした。
これは面白みに欠ける、という指摘も当たるかもしれませんが、
穏やかに廻るエンジンは「移動の快適性」を追求するには、大事な要素ではないかと。
ただ、ガバッ!と大きくアクセルを開ければ、けっこう加速はすごかったですよ!o(^-^)

3.ハンドリング

TMAXは、フロント15インチの小径タイヤだったのもあって、
とにかくクイックに、スパッと切れ込むコーナリングが気持ち良かったですね!
「丸太の上に椅子を乗せて座っている」ような、低重心と倒し込みの軽さが印象的でした。
ただ、そのハンドリングの軽さが、未舗装路などでは安定感の無さに出てしまって、
そうした荒れた路面を走るのは、ちょっと怖かった思いがあります。

一方のX-ADVは、フロント17インチのタイヤでハンドル位置も高くてワイド。
TXAMよりはもう少し、穏やかでゆったりとした、上質なハンドリングのイメージです。
オフロードはまだ走っていませんが、荒れた路面でもコントロールはしやすそうです。
エンジンは、TMAXと同じようにマシンの下部に寝かせて乗せているので、
低重心の恩恵も充分に受けられると感じています。

4.変速システムについて

X-ADVに載っているDCTは、ホントによくできてますね~!
加速時はスムーズの一言に尽きる!気がつくといつの間にかギヤが変わってる!(笑)
減速時はちょっとギクシャクした感じもありますが、気にならないレベルです。
(というか、自分でブリッピングしてギヤを落とすのより、はるかに上手ですw)

まだ慣らし中でSモードは使ってませんが、かなり高回転まで引っ張り上げる設定とか。
どれほどエンジン性能が「化ける」のか、ちょっと楽しみでもあります( ̄▽ ̄)ニヤ

TMAXは、一般的なオートマ車と同じ、CVTでの変速です。
とにかくなめらかで、いつもエンジンの一番オイシイ所を使おうとするから、意外と速い!
減速時も、思ってる以上にエンブレがよく効いて、違和感がなかった印象がありますね。
ブーーーン!と穏やかに廻るエンジンと合わさって、走りは快適そのものでした。

5.まとめ

というわけで・・・

オンロードでの移動の快適性、利便性をとことん求めるなら、TMAX!

オフロードも含めた走破性と万能性、エンジンのキャラと刺激を楽しむなら、X-ADV!

・・・というのが、今の時点での個人的まとめですかね?

ご参考にどうぞ~!o(*^▽^*)o

6.その他、気がついたことなど

*TMAXの方が荷物はたくさん積める

シート下トランクも、トップボックスも、純正仕様ならTMAXのほうがちょっとだけ大きい。

*燃費は、X-ADVの方が良い

まだ120km走っただけですが、とりあえずリッターあたり29kmの成績でした。
しかも、レギュラーで良いのも高ポイント!w
TMAXはハイオク仕様で、リッターあたり22km~25kmくらいでした。

7.おまけ (X-ADVのカスタムのキモ!)

X-ADV ステップキット装着

X-ADVは、純正でETCとグリップヒーターが標準装備されているので、
納車にあたってカスタムした部分はほぼないのですが・・・

実は、この「ステップキット」がスグレモノなんですよ~!(・∀・)ニヤニヤ

ホンダの純正パーツでは用意されていないのですが、
前のステップボードと、タンデム用のステップのちょうど間に付ける、このステップキット。

これを装着すると、一般的な二輪車と同じ位置にステップが来ることになるので・・・

X-ADVの立ち乗り

スクーターなのになんと!
スタンディングでの走行ができるようになるんです!w(゚o゚)w

オフロードの走行では、スタンディングのポジションが必須ですから、
このカスタムで、さらにX-ADVの楽しみ方が広がるのは間違いなし!( ´艸`)プププ

(昼休みに撮影したので、作業着姿でスミマセンw)

この手のステップキットは、いくつかのアフターパーツメーカーから出ているようですが、
今回ボクが購入したのは、LighTech(ライテック)というメーカーの品物です。

「X-ADV ステップキット」で探すと見つかると思うので、
興味がある方は検索してみてくださいね~!(^-^)b

-----

↓↓他のビッグスクーター乗りの皆さんのブログも、お楽しみ下さい♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2018年4月24日 (火)

X-ADVで初ツーリング!

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2018年4月22日(日)、晴れ!

ようやく、新しい相棒とのご対面となりました~!(v^ー゜)ヤッタネ!!

X-ADV1

ホンダ・X-ADV(RC95)、2018年モデルです!

この日は、かなり気温が上がる予想だったので、
半袖シャツ1枚にメッシュジャケットを手に持って、ホンダドリーム高崎店さんへ。

一通りの操作説明を受けて、おっかなびっくり走り出したのが、午前11時過ぎ。

まずは、新しい相棒の感触を確かめながらの走行ですから、
走り慣れたルートが良いかな?と思い、
国道254号で富岡~下仁田方面へと向かいました~。

南牧村から、塩の沢トンネルを抜けて上野村へ。

福寿庵

お昼は、お久しぶりの「福寿庵」さん!

食べログの記事:https://tabelog.com/gunma/A1005/A100502/10007666/

昨年の夏に来た時は、財布を忘れて食べられず・・・
秋に来た時は、まさかの売り切れで食べられず・・・と、失敗続きでしたからね~!w

福寿庵の「福寿定食」

今回も、看板メニューの「福寿定食」を注文しましたよ(^-^)b
お蕎麦も天ぷらも美味しいですが、この炊き込みご飯が良い味出してるんです♪

で、お昼を食べた後に再び走り出し、道ばたの邪魔にならない所で、しばし撮影タイム!

X-ADV2

まずは、真正面から~。

X-ADV3

左サイドは、こんな感じです。

X-ADV4

そして、右サイド。

このあと、木陰で取り扱い説明書をざっと読んで、メーター周りのスイッチ操作などを確認。
山間を吹き抜ける風が、とてもさわやかでした~(*^-^)

神流川の鯉のぼり

帰路の途中では、神流川の上空で気持ちよさそうに泳ぐ、たくさんの鯉のぼりを眺めて・・・

走行距離120kmほどの、初ツーリングは無事に終了~!o(*^▽^*)o

まだまだ、「乗りこなせている」っていう感覚ではありませんが、
じっくりと新しいマシンに馴染んでいこうかと思ってます(*゚▽゚)ノ

-----

↓↓他のビッグスクーター乗りの皆さんのブログも、お楽しみ下さい♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2018年4月19日 (木)

2018年型X-ADV、正式発表!

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

Image01

ついにこの日がやって来ました!

本日(2018年4月19日)、ホンダより2018年モデルのX-ADVが正式発表です!ヽ(´▽`)/

ホンダ ニュースリリース:
http://www.honda.co.jp/news/2018/2180419-x-adv.html

X-ADV 公式ページ:
http://www.honda.co.jp/X-ADV/

実を言うと、この発表の日程は、先月にX-ADVを契約した時にすでに知ってました。

ただ、お店から「いちおう極秘事項ってことで、お願いしますね~」と言われていたので、
ブログには書かずに待っていた、というのがホントのところです(^-^;)

さてさて2018年モデルでは、どの辺りが変更されたのでしょうか?

ニュースリリースによりますと・・・

ライダーの好みによって2段階のトルクコントロールと、
トルクコントロールを必要としないOFF状態の選択が可能な、
Honda セレクタブル トルク コントロール(HSTC)を採用。

・・・とのことで、「セレクタブル トルクコントロール」(一般的なトラクションコントロール)が
追加になったのが、一番大きな変更点でしょうかね??(*^-^)

また、併せて搭載された「Gスイッチ」も含めて、
オフロード走行時のマシンコントロール性も高めた、とのこと。

まぁボクの場合、マシンが良くてもそれを操る「ウデ」が付いて行きませんから、
トラクションコントロールをバリバリ効かせてダートを疾走!なんてことはしませんケドねw

それでも、例えば雨の日などに、鉄板やマンホールなどで不意に滑った時などは、
パッとマシンが手助けしてくれるのかな?なんて、頼もしい感じがしますね~o(^-^)

その他には、カラーリングの変更や、エンジンもちょっと変わった点があるようですが、
いずれにしろ、あとは乗ってみてからのお楽しみ♪ってことで~!o(*^▽^*)o

お店の方では、すでに納車整備やナンバープレートの取得も終わり、
すでにいつでも乗り出せる状態で準備してくださっているそうです。

この週末は、暑いぐらいの良い天気になりそうなので、
新しい相棒を引き取りに行くのが、今からとても楽しみです( ´艸`)プププ

ついしん:

ちなみに、「X-ADVは乗り手のウデが良ければ、こんなこともできますよ!」という、
お手本のような動画を見つけちゃいましたので、リンクしておきます♪

お暇な時にでも、お楽しみくださいね~(*^m^)

* よい子はぜったいにマネをしないでね! ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

-----

↓↓他のビッグスクーター乗りの皆さんのブログも、お楽しみ下さい♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2018年4月16日 (月)

志賀草津、今年も通れるようになるってよ~!

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

30698121_213605012732434_5309560891

先週、4月13日(金)付けの読売新聞朝刊、地域情報のページに、
グンマが誇る絶景道・志賀草津道路(国道292号)の話題が出ていましたので、
ご紹介したいと思います~(*^-^)

高原ルート 安全性を強調
草津町長視察 「噴石なし」

ご存じの通り、2018年1月23日の本白根山の噴火で、
入山規制区域に入ってしまっていた志賀草津道路ですが。

記事によると、4月20日の冬季閉鎖の解除に向けて、
順調に除雪作業が進んでいるそうで、
どうやら今年も無事に通れるようになるみたいですね~!(*^-^*)

ただ今年は雪の量が少なめで、すでに残雪は4mほどしかないとのこと。

昨年の雪壁の高さは約7.5mと、2倍近くもあったらしいので、
今年の雪の回廊は、だいぶ高さが低いようですが・・・(^-^;)

でも一時期は、噴火の影響で今年は通行できないのでは?なんて噂もありましたが、
またあの絶景を見られるのが、今から楽しみですな!(=^_^=)

ところで、ついでと言っちゃぁナンですが、
グンマ近郊の、その他の冬季閉鎖される道路の開通情報も調べてみましたよ♪

4月20日 開通:
* 国道292号 志賀草津道路
* 国道405号 野反湖方面
* 長野県 ビーナスライン全線

4月25日 開通:
* 国道120号 金精道路

4月27日 開通:
* 県道466号 牧・干俣(まき・ほしまた)線 通称:上信スカイライン

今年も、各地のワインディングロードを楽しめる時期がやって来ました!
どちら様も、安全運転で絶景道を走りに行きましょう~!(*゚▽゚)ノ

-----

2018年4月27日 追記:

志賀草津道路は残念ながら、通行止め解除となったわずか2日後に、
再び火山活動が活発になったとして、当面の間、通行止めとなってしまいました。

詳しくは、草津温泉観光協会ホームページをご覧下さい。

https://www.kusatsu-onsen.ne.jp/access/koutuu.php

-----

↓↓他のビッグスクーター乗りの皆さんのブログも、お楽しみ下さい♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2018年4月13日 (金)

わ鐵に乗って、足尾への旅!その2

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2018年4月8日(日)、晴れ!

わたらせ渓谷鐵道に乗って、足尾の廃線跡を訪ねた旅の続きです~♪

わたらせ渓谷鐵道 間藤駅

2両編成のディーゼルカーは11時41分、予定通りに間藤駅に到着。

ここからは、歩いてかつての線路跡をたどって行くことになるのですが、
この列車が折り返して間藤を出発するのが、12時22分。

つまり、またこの列車に乗って、足尾の街中に戻るとすると、
探索に使えるのは40分ほど・・・ということになります。

そこらへんを踏まえて、廃線跡の探訪がスタート!(^-^)b

わたらせ渓谷鐵道の旅10

わたらせ渓谷鐵道の前進である、旧国鉄の足尾線には、
この間藤駅の先にもう一つ、貨物専用の「足尾本山」という駅がありました。

足尾銅山そのものは、1973(昭和48)年に閉山となりましたが、
その後も足尾線で輸入鉱石を運び入れて、本山精錬所は稼働し続けるんですね。

そして1987(昭和62)年に、とうとう貨物輸送も廃止となり、
間藤駅から先へと続いていた線路と、足尾本山駅は、その役目を終えたのでした。

ということで、上の写真は、間藤駅から少し進んだところにある、車止め。
線路はそのまま残されていましたよ~。

わたらせ渓谷鐵道の旅11

住宅街を抜けて進むと、今度はかつての踏切跡が見えてきました。
線路がアスファルトに埋められちゃっているのが、寂しいですね~(^-^;)

わたらせ渓谷鐵道の旅12

踏切跡の場所から、足尾本山駅へと続く方向を見ると、
線路も鉄橋も、まだまだ使えそうな雰囲気で残されています!

何年か前だったか、この廃線跡の線路の上を歩こう!なんてイベントがあったようですが。

例えば・・・「レールバイク」とでも言うのかな??

足こぎペダルで線路の上を走れるような、トロッコ的な乗り物を通したりして、
この廃線跡を観光に活用できたら良いんじゃないかな?なんて思っちゃいますね~!

わたらせ渓谷鐵道の旅13

さて、線路は川の向こう側へと行ってしまったので、住宅街を抜ける道路を進んでいくと、
次に見えてくるのが、間藤の水力発電所の遺構です。

これは、足尾銅山を経営した古河市兵衛が、
薪や木炭に代る動力源として、明治23年12月に運用開始した設備だそう。
関東地方最古の水力発電所の一つと、言われているそうですよ~!(*^-^)

わたらせ渓谷鐵道の旅14

その先、住宅街の建物の切れ目からは、川の対岸を走る線路に作られた、
トンネルや腕木式信号機なども見えました♪

わたらせ渓谷鐵道の旅16

そして歩くこと30分ほど、ようやく本山精錬所前に到着です~!(^-^)v

こちらの工場は、完全な廃墟となっているわけではなく、
今も工業製品のリサイクル業務などを行っているそうです。

わたらせ渓谷鐵道の旅15

ちなみに、本山精錬所の前にあるこの橋、名前は「古河(ふるかわ)橋」と言って、
現存する道路用の鉄橋としては、ほぼ日本最古級のモノだそうです。すごい!o(^-^)

本山精錬所跡の引き込み線2

さてさて、辿ってきた足尾線の線路はどうなったか?というと、
この鉄橋を渡って、本山精錬所の中へと続いていました。
(写真の手前側が本山精錬所、奥が間藤駅方面です)

旧・足尾本山駅

頑丈な鉄の柵があるので、これ以上、精錬所の中には立ち入ることはできませんが、
以前にTV番組の取材があった時、足尾本山駅はほぼ当時の姿のまま、
残されていることが解ったそうで・・・う~ん、いつの日か入ってみたいものだ!( ^ω^ )

わたらせ渓谷鐵道 間藤駅2

・・・とまぁ、ざっと間藤駅~足尾本山駅の線路遺構を探索して楽しんだわけですが、
ここでちょっとした誤算が・・・

乗ってきた列車が折り返しで出発するのが、40分後・・・
本山精錬所まで歩いて往復するのにかかった時間は、約60分・・・

つまり、間藤駅まで戻ってきた時には、乗って帰る列車はすでになし!!(ノ∀`) アチャー

・・・なぁんてね、まぁこうした事態は覚悟の上で、本山精錬所まで行きましたから!(笑)

間藤駅から足尾駅までは、路線の営業距離で1.3kmほど。
次の列車をボーッと待ってても仕方ないので、さらにウォーキングだ~♪

わたらせ渓谷鐵道の旅18

というわけで、20分ほど線路っぱたを歩いて、足尾駅に到着~!
ここで、次の桐生行き列車を待つことにしましょう(*^m^)

わたらせ渓谷鐵道の旅19

しかしながら、ほぼ人の気配もないような場所をうろついていたおかげで、
すっかりお昼ご飯は食べ損なってしまいましたよ・・・

さらに、予定通りの列車に乗れれば、銅山観光にも行きたかったんだけど!w
ま、それはまたの機会ってことですかね~┐(´-`)┌ヤレヤレ

そして、足尾駅13時31分発 → 桐生駅14時54分着の列車で桐生に帰着。

わたらせ渓谷鐵道の旅20

今回は、いつもならバイクでピューッと走り抜けちゃう場所を、じっくりと楽しんだ旅。

久々に「テツ分」もたっぷり補給できて(笑)、大満足な休日となりました~!ヽ(´▽`)/

-----

↓↓他のビッグスクーター乗りの皆さんのブログも、お楽しみ下さい♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2018年4月12日 (木)

わ鐵に乗って、足尾への旅!その1

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2018年4月8日(日)、晴れ!

バイク乗り換えにともなって、4月後半までバイクなしの生活をしているワタクシ。

それで、最近は休みの日となると、やることがなくてヒマを持て余していたのですが(笑)、
せっかくなので普段、バイクがあったらやらないだろうな・・・ってことをやってみようと、
今回は鉄道でのお出かけを企画したのでした♪

わたらせ渓谷鐵道の旅1

行き先は、かつて東洋一と言われた鉱山都市、足尾にしてみましたよ~。

足尾は、JRの桐生駅から「わたらせ渓谷鐵道」(通称:わ鐵)に乗って、
営業距離で約44km、1時間40分くらいの旅。

いつもはバイクで日光方面に抜ける時に、必ず通る場所ですが、
だいたい1時間ちょっとで着くので、今回はだいぶのんびり旅になりそうです(*^-^)

わたらせ渓谷鐵道の旅2

さてさて、10:05発、2両編成のディーゼルカーに乗り込み、出発進行~!

ところで実は、この列車の次の便には、わ鐵で人気のトロッコ列車が走るので、
おそらくそちらはすごく混むだろう・・・と予測して、一つ前の列車にしたのですが。

ちょうどこの日は、途中の「神戸(ごうど)駅」で花桃祭りが開催されていたので、
ボクが乗った方の列車も、立ち乗りのお客さんが出るほどの混雑ぶり!

・・・こんなにお客さんが乗ってる「わ鐵」は、初めて見たかも・・・?Σ(・ω・ノ)ノ!←失礼w

わたらせ渓谷鐵道の旅3

はい!こちらがその「神戸駅」の様子です。

キレイなお花とローカル線の写真が撮れるとあって、鉄ちゃんにも人気のこの駅は、
ホームにも、線路をまたぐ跨線橋の上にも、カメラを構えた人たちがたくさんいましたよ。

で、桐生や大間々から乗ってきたお客さんも、ほとんどがこの駅で降りて・・・
続けて足尾方面へと向かう乗客は、ボクも含めて5~6人ほどになっちゃいました(笑)

わたらせ渓谷鐵道の旅4

かなり軽くなったと思われる列車wは、草木ダム下の長いトンネルを走り抜けて、
新緑がキレイな草木湖の上を渡り・・・

わたらせ渓谷鐵道の旅5

またまた撮り鉄さんたちが待ち受ける、沢入(そうり)駅に到着~♪

この沢入地区には、実は親戚が住んでいましてね~。
むかし一度だけ列車に揺られて、遊びに来た思い出があるんですよね。

小学校の何年生のことだったか、もうはっきりとは覚えてないのですが・・・
仮に6年生の頃だとすると、今から34年前かぁ。

当時の車窓の景色など、もちろんぜんぜん覚えてませんから(^-^;)、
今回が初めて乗ったような気分で、とても楽しめましたよ~。

わたらせ渓谷鐵道の旅6

さて、沢入駅を出ると、線路は渡良瀬川を左手に見ながら続いていきます。

この辺りまで来ると、だいぶ標高も高くなってくるので、
周りはまだ冬枯れの寂しい景色でした。

ときおり、川の対岸に沿って走る国道122号が見え、バイクなども見えてくると、
いつもとは反対側からの景色を見てるんだな~と、なんとも不思議な感じに!o(^-^)

わたらせ渓谷鐵道の旅7

そして、鮮やかな水色の「第二渡良瀬川橋梁」を渡ると、
いよいよ足尾の街が近づいてきますよ~!

わたらせ渓谷鐵道の旅8

列車は、足尾の廃墟群をかすめるように進んでいきます。
線路がちょっと高台にあるので、選鉱場の跡地などもよく見渡せるんですよね~。

シックナー(液体中に混じっている固形物を沈降させ、液体から分離して取り出す装置)の
内部もよく見えるので、ここで一時停止してくれ~!と心の中で叫んでみたり!?(笑)

わたらせ渓谷鐵道の旅9

で、そんなことを思ってるウチに、終点・間藤駅に到着~!
駅ではちょうど見頃のサクラが出迎えてくれましたo(*^▽^*)o

~ つづく ~

-----

↓↓他のビッグスクーター乗りの皆さんのブログも、お楽しみ下さい♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2018年4月 5日 (木)

これ旨いですよ!汁なし担々麺♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

毎週1回、仕事中のランチでお世話になっているラーメン店、
「三ツ矢堂製麺」の深谷花園店さん。

三ツ矢堂製麺 深谷花園店

公式ページ:http://idc-inc.jp/index.html

深谷花園店:埼玉県深谷市小前田540-1

いつも、通常のレギュラーメニュー以外に、
季節ごとに出る限定メニューを楽しみにしているのですが・・・

今シーズンの限定商品はこちら!

三ツ矢堂製麺 汁なし担々麺1

じゃん!「広島 汁なし担々麺」です~!o(*^▽^*)o

ボクは正直に言うと、辛い食べ物ってあまり得意じゃないんですが(^-^;)、
なぜか担々麺だけは、あると食べたくなっちゃうんですよね~!(笑)

しかもこの担々麺は「広島流」ってことで、「ビリッとぶち旨 山椒しびれ系」!?
辛さはもとより、シビレもけっこうあるってことですかぁ?w

ま、何はともあれ、さっそく注文してみましょう!(*゚▽゚)ノ

三ツ矢堂製麺 汁なし担々麺2

注文して、わりとすぐに着丼!
細麺の商品だから、 ゆで時間が早いのでしょうか??

第一印象は、山椒の香りがふわっと・・・じゃなく、ぶわっ!と立ちのぼる!w(゚o゚)w

三ツ矢堂製麺 汁なし担々麺3

説明書きにあるとおり、よーく混ぜて、混ぜて・・・温泉たまごも投入しちゃいましたよ♪

三ツ矢堂製麺 汁なし担々麺4

さて、実食・・・ん~?お~っ!これは旨い!!(*≧m≦*)

辛さはそれほどではないのですが、山椒の香りと刺激がすご~い!

(しかし、最終的には口の中がかなりシビレて、
 一緒に頼んだギョウザの味がわからなくなるという・・・次回から山椒は少なめだなw)

三ツ矢堂製麺 汁なし担々麺5

そして麺を食べ終わったあとは、オマケの小ライスを残ったタレに投入!
ご飯の量は、いなり寿司1こぶんくらいですが、これもなかなかの美味でした(・∀・)イイ!

三ツ矢堂製麺さんは、けっこうあちこちに店舗があるようなので、
この手の食べ物がお好きな方はぜひ、お近くのお店で食べてみて下さいね~(*^-^*)

-----

↓↓他のビッグスクーター乗りの皆さんのブログも、お楽しみ下さい♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2018年4月 1日 (日)

X-ADV、契約完了!

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

先日、新しく乗り換えるバイクの契約をするために、

高崎のホンダドリーム店へ行ってきましたよ~!

ホンダドリーム高崎

今からちょうど10年前・・・

ボクがバイクにリターンした時、最初に乗ったのがホンダのCB400SFで、
当時はこちらのお店でお世話になっていたんですよね~。

その後、大型免許を取って、BMW・F650GS→ヤマハ・TMAX530と乗り継いできたので、
ホンダのお店からは足が遠のいてしまっていたのですが(^-^;)

X-ADVカタログ

いつかまた、ホンダのバイクに乗る時が来たら、
こちらのお店で買おう!と決めていたので・・・

ある意味、「願いが叶った」とも言えるのでしょうか??( ´艸`)プププ

ところで今年は、TMAXの引き渡しをする都合があって、
東京モーターサイクルショーには行けなかったので・・・

店内にあるホンダの新車たちを眺めて、
プチ「モーターサイクルショー」気分を味わう事にしましたよ~(^-^)b

ホンダ RC213V-S

こちら、中身はほぼ「MOTOGPマシン」と言われる、RC213V-Sです!
お値段なんと、2190万円なり~!w(゚o゚)w

http://www.honda.co.jp/news/2015/2150611-rc213v-s.html

・・・って、「成約車両」になってるけど・・・ホントに誰か買ったん??Σ(・ω・ノ)ノ!

ホンダ ゴールドウイング

こちらは、新しく生まれ変わったゴールドウイング。
こんなでかいバイク、ボクには乗れる気がしません・・・(てか、その前に買えないケドw)

http://www.honda.co.jp/GOLDWING/

ホンダ CRF250ラリー

こちらは、CRF250ラリーの2018年モデル。
新しいカラーリングは黒がベースになっていて、渋い雰囲気ですね。

個人的には、ダカールラリーのワークスカラーは派手すぎ!と思ってるので、
自分が買うんならこれのほうが良いかな~?(^-^)b

http://www.honda.co.jp/CRF250RALLY/

ホンダ VFR750

そして店内には、ちょっと懐かしいバイクたちも何台か置いてありました。

こちらはVFR750ですかね。ロスマンズカラーがカッコイイ!(*^-^)
V型4気筒のバイクってどんな感じか、一度は乗ってみたいと思っていたのですが・・・

金銭的&体力的に、こちらはもう叶わない夢かな~?┐(´-`)┌ヤレヤレ

とまぁそんなわけで、次のMyバイク、X-ADVの契約も無事に完了しました~!(*^m^)

入庫は4月後半の予定で、2018年型としてはグンマ県内の第1号車になりそうだとか?

ゴールデンウィークに間に合うように、乗り出せたら嬉しいですね(v^ー゜)ヤッタネ!!

-----

↓↓他のビッグスクーター乗りの皆さんのブログも、お楽しみ下さい♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »