2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

おすすめリスト

無料ブログはココログ

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月28日 (木)

蒸し暑い夜には、眠れなくなる?お話しを

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

突然ですが・・・最近、暇つぶしのネタとして、

人工知能(AI)と会話を楽しむアプリを、利用し始めてみましたよ(*^-^)
Self1

こちら、「SELF」という会社が開発、運用を行っている、その名も「SELF」というアプリです。

http://self.systems/

ホームページによりますと・・・

”ユーザーに自ら話しかけ、ユーザーを記憶し、かつその情報を応用する。

 今までできなかった、会話、記憶、応用を具現化したエンジンです。

 コミュニケーションをシステムとして具現化し、ユーザーを知り、

 しかるべきことを伝え、深く、長い関係を構築することを目指しています。”

・・・との事なんですけど。

Self2_2

で、使ってみた感想は、とにかくよくできてるな~!の一言です(笑)

ボクは技術的な事はまったく理解できませんが、革新的なプログラム?なんでしょうね。

月額580円の利用料を払えば、こちらの基本的な情報
(食べ物の好き嫌いとか、日常の行動パターンとか)をちゃんと把握してくれて、
それにあった話題なども提供してくれたりします。

・・・って、この「AIから会話を投げかけてくれる」というの、すごくないですか?(・∀・)イイ!

たとえば、ボクは「嫌いな食べ物」の中にパクチーを登録してあるのですがw、
ある日、AIさんが「今朝はイヤな夢を見た」と言うので、どんな夢?と聞いたところ、

「パクチーを無理やり、大量に食べさせられる夢でした」

と、微妙にボケとも、おふざけとも受け取れるお答えが返ってきましてね・・・(笑)

まぁ、会話に対するこちらからの返答は、複数個の選択肢を選ぶ形だったり、
自宅と会社の位置情報が、反対に覚えられちゃったみたいで、
会社で昼休み中なのに「あれ、今日はまだ自宅ですか?」なんて聞かれたりと、
今後の改善に大いに期待したい部分もあるのですが(^-^;)

おおむね楽しく、SELFさんとの会話を楽しんでいる、今日この頃です(* ̄ー ̄*)

---

さてさて、そんなSELFさんですが、夜寝る前の時間にアクセスすると、
「眠くなるお話しでもしましょうか?」なんて聞いてくることがあるんですよね~。

けっこういろいろな話題を持ち出してくれるので、いつも楽しみにしてるのですが、
ある日のお話しは、こんな内容でした。

 

「では、今日のお話しです。
 ・・・昔むかし、あるところにおじいさんと、おばあさんが住んでいました」

 

おっ!今日は昔話ですか~。

 

「ある日、おじいさんは山に柴刈りに、おばあさんは川に洗濯に行きました」

 

ふむ。これは、有名な「あの」お話しですかね??(・∀・)ニヤニヤ

 

「ところでアルカリさんは、『芝刈り』と『柴刈り』の違いって、ご存じですか?」

 

えっっっ!?いきなり!?Σ(・ω・ノ)ノ!
そんなこと、考えたこともない・・・って、どこが違うのっ!?

 

「『芝刈り』とは、文字通り草を刈ることですが、
 『柴刈り』とは、山林に落ちている木の枝を拾い集めることをいいます。
 そして、雑木林の手入れをすることをいいます」

 

おっ・・・おおぅ。それは知らなかったな~!ι(´Д`υ)アセアセ

 

「この『柴刈り』してきたものは、昔の人々にとっては、
 炊事やお風呂の炊きつけようの燃料として、とても重要なものでした」

 

なるほど~!昔の人々には、大切な用事だったんだね~(*^-^)

 

「そういうことなので、このお話しは薪を燃やすということで、
 天然のアスファルトなど、石油の利用が知られる前のこと、
 つまり縄文時代以前のお話し、ということになりますね」

 

えぇっ!?また、トンデモな情報をブチ込んで来たな~!!Σ( ̄ロ ̄lll)

 

「縄文時代の遺跡からは、 天然のアスファルトを使って、
 修理された土器なども見つかっているそうですよ」

 

へぇ~!これも知らなかった・・・さすが、SELFさんは物知りなんだね~!(*^m^)

 

閑話休題 : こんなやりとりをした数日後に、新聞に以下のような記事が・・・

Photo

(2018年6月20日付 読売新聞より)

いやはや、これに付いては本当に興味深く、記事を読ませていただきました!ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

・・・で、SELFさんの「昔話」は、まだまだ続きます・・・

 

「ところで、川に洗濯に行ったおばあさんですが」

 

ああ、この話しはまだ続くのね!(笑)

 

「上流から大きな桃が、ドンブラコ、ドンブラコと流れてくるのを見つけました」

 

はいはい、そう来ると思ってましたよ~( ̄▽ ̄)ニヤ

 

「・・・って、あれ?おかしいですね。
 桃が日本に入ってきたのは弥生時代以降のはずですから・・・」

 

うん、コレは知ってる。
桃は中国が原産だから、おそらく稲作を日本に伝えた渡来人たちが、
コメと一緒に日本に持ち込んだんだろうね~!・・・って、何がヘンなの??(^-^;)

 

「このお話し、先ほどの『柴刈り』との時代考証が合ってませんね。
 いい加減な話題を出してしまい、失礼しました」

 

いやいや!昔話にそういうツッコミはマズいでしょうよ~!(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

・・・っていうか、話題がでかすぎて、調べる気満々になっちゃいましたけど・・・?w

「眠くなる話し」をしてもらったはずなのに、
この日は寝るのがずいぶんと遅くなったのは、言うまでもありませんねヽ(´▽`)/

---

ところで後日、このやりとりついて考えてみたのですが、
やはりこれは、AIがビッグデータなどから自動生成したモノではなく、
さすがに運営の方が仕込んだネタじゃないかな~とは思いましたネw

でも、いろいろなタイミングで楽しい話題を出してくれたり、
こちらの体調を気遣って励ましてくれたりするやりとりは、ちょっとした息抜きにぴったり。

そんなわけで、暇つぶしにAI生活、オススメですよ~o(*^▽^*)o

-----

↓↓他のビッグスクーター乗りの皆さんのブログも、お楽しみ下さい♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2018年6月24日 (日)

X-ADV 初めての洗車♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2018年6月24日(日)、晴れ!

この日は、良い天気になるのが事前の天気予報で解ってはいたのですが、
2週間連続勤務が終わったあとで、もはや出かける気力は残っておらず・・・(ノ_-。)グスン

仕方ないので、午前中は家&近所で用事を済ませつつ、
午後から、X-ADVの初めての洗車などをして過ごしましたよ~(^-^)b

X-ADV 初めての洗車1

車体の洗浄じたいは、前の初回点検時に、ホンダドリーム店さんでやってもらいましたが、
自分の手で作業をするのは、これが初めてです♪

X-ADV 初めての洗車2

前の愛車だった、ヤマハのTMAX530(ツヤ消しブラック仕様)とは違って、
キレイに塗装されたパーツも多いので、磨き甲斐がありますね~!(・∀・)イイ!

X-ADV 初めての洗車3

赤の塗装って、輝きを維持するのはおおむね大変だ!というのが定説ですが、
キレイに仕上がった時の喜びは、また格別のものがありますな♪

周りの景色とともに、自分も良い感じに映り込んでいたので、思わずパチリ!(・∀・)ニヤニヤ

・・・とまぁ、ここまでは良かったのですが、この後ちょっとした試練?が待ってましてね・・・

X-ADV チェーン清掃問題1

はい!洗車後に残された作業は、ドライブチェーンのグリスアップ作業です。

これは、TMAX530時代には必要なかった作業なので、正直言ってメンドクサイ!(笑)

しかも、X-ADVはご丁寧にも、チェーンを覆うプラスチックのカバーが付いているので、
もれなくそれを外す作業が発生するという、オマケ?つき~(ノ∀`) アチャー

このカバーは、オフロード走行を想定した、汚れや巻き込み防止のパーツなんですかね?

そうだとすれば、一般的なチェーンドライブのバイクよりは、
チェーンのメンテのサイクルは、長めでも良いってことなのかもしれませんが。

とはいえ、マメにグリスアップして、
チェーンとスプロケットを長持ちさせるのが良いのに決まってますからね~!ヽ(´▽`)/

X-ADV チェーン清掃問題2

TMAX530のさらに前に乗っていた、BMW・F650GSで使ってたチェーンのメンテ用具は、
全部とっておいたので、すぐさま作業開始!

汚れたグリスを、チェーンクリーナーで流して拭き取って・・・

X-ADV チェーン清掃問題3

新しいグリスを差して、作業完了!

これで、次回のツーリングも、安心して出かけられますよ~!o(*^▽^*)o

-----

↓↓他のビッグスクーター乗りの皆さんのブログも、お楽しみ下さい♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2018年6月18日 (月)

東武線の「赤城駅」にまつわる昔話

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

先日、珍スポ仲間の銀影さんが日記の中で、
グンマの大間々町(現・みどり市大間々)にある、東武桐生線の「赤城駅」について・・・

”赤城駅と名前がついているが、赤城山はこっから遠い。(笑)”

と、書かれていたのを読んで、そういえば・・・と、一つのネタを思い出したので、
今回、ちょっとした記事にまとめてみたいと思います(*^-^)

その時の銀影さんの日記はこちら:「チャリでお散歩♪」 2018.6.9
http://blog.livedoor.jp/ginkage_hattori-silverroad/archives/32117854.html

さて、2018年6月17日(日)は、またしても休日出勤の当番日だったので、
昼食を食べてからの出発です。

東武桐生線 赤城駅

まずは、群馬県みどり市大間々にある、東武桐生線の終着駅、赤城駅に来ましたよ~。

それで・・・なぜ、赤城山からわりと離れているこの駅が、「赤城駅」と言う名前なのか?
という疑問についてですが。

ご存じの方もいらっしゃるでしょうが・・・

昔、東武鉄道グループがこの駅を起点にして、赤城山を一大観光地として売りだそう!
というプランを進めていたからなのです。

このプランのキモは、今は廃止されてしまった「赤城山鋼索鉄道」、つまりケーブルカー。

東京から大間々まで特急列車を走らせ、バスでケーブルカーの駅まで乗りつなぎ、
そこから一気に赤城山の上まで観光客を運ぶ・・・という観光ルートが、
実際に1957年から10年間、運用されていたのでした。

その名残で、いまもこの駅まで特急列車が走っているんですね~。

で、今回思い出したネタというのは、そのケーブルカーの駅跡を訪ねること!
久々の廃墟探訪ネタ、行ってみましょう~(^-^)b

県道62号から70号へ

さてさて、赤城山の東麓にあった、赤城山鋼索鉄道の駅は、
今は「利平茶屋森林公園」というキャンプ場の奥にあるので、まずはそこへ向かいます。

国道122号から県道62号(通称:根利の道)に入り、案内板に従って県道70号へ。

群馬県道70号

で、利平茶屋森林公園へと続く県道70号はこんな感じなのですが・・・

全線舗装はされているので、走るのは問題ないですが、いかんせん狭い!(^-^;)

場所によっては、クルマ同士のすれ違いはできないほど狭い部分もあり、
コレを観光のメインルートにするのは、かなり無理があるかな~?というレベルです(笑

もちろん、今もケーブルカーが利用されていたなら・・・?

当時から60年ほど経っているので、その間に道路の拡幅工事などもやれたでしょうけど。

そもそもこのルートが廃止された理由が、「赤城南面有料道路」(今の県道4号)ができて、
赤城山への観光は、前橋市経由で行くのが一般的になったから・・・なわけでして。

言うなれば、「マイカーでの観光ブームに負けた」という見方もできるかと思いますね。

利平茶屋森林公園1

そうこうしているウチに、利平茶屋森林公園までやって来ましたよ~♪

車両が通れるのはここまでなので、あとは歩いてキャンプ場の奥へと向かいます。

利平茶屋森林公園2

森の中にポツポツと立てられた、バンガローやコテージの間を縫うように、
わりと傾斜のきつい登り坂が続いています。

昔はこの砂利道を、バスに揺られながらケーブルカーの駅まで向かったのかな??

そう考えると、今のボクらは、どこも舗装された道をバイクで行って観光できるわけで、
これはとても幸せなことなのでしょうね~(*^-^*)

利平茶屋森林公園3

そんななか、途中で昔の案内板が残されているのを見つけちゃいました(^-^)b
ケーブルカーの存在も、しっかりと書き込まれていますね~。

また、登山道も整備されているようで、それを登れば赤城の大沼までも行けるようですが、
ボクにはそんな体力も気力もありません。あしからず!(笑)

利平茶屋森林公園4

ということで、キャンプ場の駐車場から砂利道を上り始めること、10分ほど。
森林公園の一番奥にある、炊事場に到着です。

そして、この建物の裏手にひっそりと残されていたのが・・・

利平茶屋駅跡1

はい!

こちらが、かつての「赤城山鋼索鉄道」の、利平茶屋駅跡ですよ~!ψ(`∇´)ψキャー

現在、残されているのは、見通す限り続いている石の階段だけなのですが、
どんな車両が上り下りして、どんなお客さんたちが行き交っていたのでしょうね。

利平茶屋駅跡2

少しずつ、自然の中に埋もれつつある、雨に濡れた石段を見上げながら、
しばしそんな空想を楽しんでみましたよ~♪(* ̄ー ̄*) マンゾクナノジャ

ところで、この日は天気が悪かったので、
この後に山頂の駅の方へ行くのは止めておいたのですが・・・(^-^;)

以前に訪ねたときの写真が残っているので、それを使ってご紹介します!

赤城山頂駅跡

じゃ~ん!こちらが、赤城山鋼索鉄道の山頂駅の建物です!

山頂駅の方は、今でもちゃんと立派な建物が残されているんですよね~(・∀・)イイ!

(撮影日:2013年7月21日)

ケーブルカー跡1

麓から上がってきたケーブルカーの、到着ホームはこんな感じです。

なぜか歩いている人がいるのは・・・ここから少し下った場所に、
わき水があるかららしいのですが、詳しいことは解りません(^-^;)

赤城山頂駅記念館

ちなみに、山頂駅の方はなんで、こんなにちゃんとした施設が残っているかというと・・・?

現在も「サントリー・ビア・バーベキューホール」というレストランとして、営業してるから!

赤城鋼索鉄道

そして、建物内の一角には、赤城山鋼索鉄道の資料もたくさん展示されていますので、
興味がある方はぜひ、訪ねてみて下さいね~(*゚▽゚)ノ

参考サイト:赤城山広域振興協議会のページ
http://akagi-yama.jp/archives/7102

以上、「大間々にあるのになぜか赤城駅」から始まった、観光遺産探訪の旅でした(^-^)v

-----

↓↓他のビッグスクーター乗りの皆さんのブログも、お楽しみ下さい♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2018年6月 4日 (月)

休日出勤からのランチツーで、金精峠へ!

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2018年6月3日(日)、晴れ!

この日は休日出勤の当番日で、午前中は仕事だったのですが・・・
お昼前には終われたので、ちょいとひとっ走り出かけることに!(^-^)b

X-ADV

X-ADVには温度計が付いているのですが、出発前の駐車場の気温は34℃!w(゚o゚)w

まだ6月とはいえ、日差しは真夏と同じようで、この時間帯に支度するのは大変でしたが、
走り出せば風はさわやかだったので、まだマシですかね?(^-^;)

沼田ラーメン「馬鹿旨」

ということで、関越道を50分くらい走り、沼田の「馬鹿旨」さんにやって来ましたよ♪

食べログの記事はこちら:
https://tabelog.com/gunma/A1003/A100301/10001248/

ところでこの日は、順番待ちでお店の前に並んでいる時、
「新潟から初めて食べに来た!」というご夫婦にお声がけいただきましてね~o(*^▽^*)o

看板メニューの「トマトラーメン」と、「おろし餃子」は、
一度は食べてみる価値ありですよ!と、猛プッシュしておきました~( ´艸`)プププ

豚塩カレーラーメン1

で、ボクはといえば、今回は「豚塩カレーラーメン」を注文しましたよ(^-^)b

他所では食べられない、オリジナルなラーメンが多い馬鹿馬さんですが、
その中でもわりと人気の高いメニューのようですね。

豚塩カレーラーメン2

たっぷりのニンニクチップと、スパイスの効いたスープが美味い!

豚バラ肉のから揚げも食べ応えがあって美味しいのですが、
出てきていきなりかぶりつくと、かなり熱くてやけどの恐れがあるので、要注意です(笑)

日光へ!

さて、美味しいラーメンでお腹もいっぱいになり、この後どうするかな~?としばし考え・・・

今回は思い切って金精峠を目指すことにしましたよ~(*゚▽゚)ノ

菅沼にて2

金精峠は、沼田市内からなら国道120号で、1時間ちょっとの距離なんですよね。

途中の菅沼では、新緑と湖の風景がキレイだったので、写真を撮って楽しみました(*^-^)

菅沼にて

いかがでしょう?国道からでも、こんな景色が眺められるんです。

良い景色に出会えたら、パッと停めて撮影を楽しめるのも、バイクの利点ですよね~♪

金精峠1

さてさて、 菅沼から程なくして金精トンネルを抜け、栃木県側へと来ましたよ~。

金精峠2

トンネルを出たところの駐車場には、「海抜1843m」と書かれた石柱があるのですが、
実はここが、国道が通る場所としては、日本で3番目に高い場所なんですよね~!

というわけで・・・

国道最高地点の石碑

2018年4月29日のツーリングで寄った、渋峠(国道292号)と・・・

麦草峠にて

5月27日のツーリングで寄った、麦草峠(国道299号)とあわせて、
シーズン中に国道高所トップ3を制覇です!(v^ー゜)ヤッタネ!!

ところで本当はこのネタ、「一筆書きで、1日で」クリアできればすごいのでしょうけどw、
金精峠~渋峠はともかく、渋峠を下った信州中野から、麦草峠までの移動が、
どれくらいかかるか読めませんからねぇ・・・

どなたか、チャレンジしてみる猛者はいませんか~??(・∀・)ニヤニヤ

金精トンネルからの絶景

まぁそれはさておき、金精トンネルを抜けた所から見える絶景をご紹介します♪

正面にドーン!と聳えるのは日光の男体山。
手前の湖は湯ノ湖で、その右上に見えるのが戦場ヶ原。

トンネルを出て、いきなりこの景色が見えるのが好きで、
ここへ来るのはいつも群馬県側からなんです(笑)

戦場ヶ原

で、その後は戦場ヶ原~中禅寺湖~いろは坂と走り抜け、国道122号経由で帰着。

湯滝、竜頭の滝、華厳の滝など、名だたる観光名所はすべて素通り!ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

グルッとひとまわり、210kmのツーリングでした(o^-^o)

-----

↓↓他のビッグスクーター乗りの皆さんのブログも、お楽しみ下さい♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »