2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

おすすめリスト

無料ブログはココログ

« 2020年9月 | トップページ

2020年10月

2020年10月25日 (日)

X-ADV、退院。そして・・・

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

 

2020年10月25日(日)、晴れ!

この週末は久しぶりに2日間とも、キレイな青空が広がりましたね!

気持ちいい秋晴れのもと、バイクでお出かけを楽しんだ方も多かったんじゃないでしょうか?(*^-^*)

 

そんな中でボクは、愛車のトラブルで販売店にバイクを預けてあるため、

なんとなく、モヤモヤしたまま過ごしていましたが・・・

ドリーム店から診断が終わったと連絡があったので、

代車のPCXに乗って引き取りに行ってきました~。

 

Photo_20201025162001

 

お店に着くと、すでにボクのバイクは店先に準備されていました♪

コンピュータの診断結果を見ながら、さっそく説明を受けます。

 

Photo_20201025162002

 

はい!これがその紙ですね~。

事前に、Facebookで交流のある、他のX-ADV乗りの皆さんから情報をもらっていたとおり、

エラーコードは37-1、「イグニッションホールドリレー故障」の記録が残っていました。

 

それで、肝心の原因と対策なんですが。

原因については、現時点でお店側では全くの「不明」とのこと。

従って、できる対策もなし・・・(-.-;)

 

「またこの手のトラブルが出たとしても、すぐにまた走れるようになるようでしたら、

 まぁこんなもんか、と思って乗っててくださいw」

 

おいおい!店がそれ言っちゃ、おしまいなんでないかい??(゚⊿゚)ペッ!

 

しかも、この日このあとに他のX-ADVが、同じDTCのトラブルで持ち込まれてくる予定、とのことだし、

前の記事で、いつもコメントをくれるタクシードライバーMさんのDCT(NC750)にも、

同じくトラブルが出たようだし。

FacebookのX-ADVオーナークラブでも、ここ1~2週間のあいだに、

同時多発的に同じトラブルの報告が、続々と上がって来ているのを踏まえると・・・

 

ホンダご自慢のデュアル・クラッチ・トランスミッション、ホントにダイジョウブ~??

(2輪車のDCTは、ホンダだけが量産化&市販に成功しています)

 

ボクのX-ADVは、新車で買って、2年半で2回のミッショントラブルを経験しました。

現代の工業製品で、1年に1回トラブルが出るという信頼性の低さは、

はっきり言って、受け入れられないかな~?┐(´∀`)┌ヤレヤレ

 

そんなわけで、突然ですが。

 

Bmw

 

(・∀・)ニヤニヤ

 

Photo_20201025162003

 

ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ!

 

-----

↓↓他のビッグスクーター乗りの皆さんのブログも、お楽しみ下さい♪

 

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

 

2020年10月18日 (日)

入院させてきました

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

 

2020年10月18日、曇り。

先週の暮坂峠ツーリングからの帰り道、

またしてもDCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)の不具合が発生した、我が愛車。

 

Photo_20201018153301

 

とりあえず、車両を購入した「ホンダドリーム高崎店」さんに連絡を取って、

詳しく調べてもらうことになりました~。

 

Photo_20201018153302

 

ただ・・・ウチからドリーム店まで行く間は、つきっぱなしだったエンジンチェックランプ。

店に到着して一度エンジンを止め、メカニックさんが来て再度スイッチを入れたところ、

なぜか消えるという・・・(^-^;) ← 専門家が見てると症状が再現されない、”点検あるある”w

 

メカさんいわく、

「チェックランプが消えたと言うことは、一時的な症状だった可能性がありますね~」

 

あ~でも、エラーコードは記録されてるでしょ?

それに、前にECUを丸ごと変えてもらってるのに、これで2回目ですからね~??(-.-;)

 

「そうですよね。もちろん、コンピュータつないで、全部診させていただきます」

 

Pcx

 

そんなわけで、X-ADVは1週間ほど預けることにして、代車のPCXで帰ることになりました~。

 

・・・で。

 

来週、どんな診断結果が出るかはわかりませんが。

今のボクの中では、この先もX-ADVに乗り続けるか、それとも見切りを付けて乗り換えるか、

正直言って悩み始めているのが事実です。

 

前回のトラブルは、ビーナスラインのふもとで。

今回は、自宅近くのガソリンスタンドで。

 

今までは2回とも、無事にリセットがかかって帰ってくることができましたが、

仮に携帯の電波もないような山奥で症状が出て、動けなくなったとしたら・・・??(゚Д゚; )コ、コワイ

 

それで、代車のPCXで、ちょこっと寄り道しちゃいました~!

 

Photo_20201018153303

 

向かったのは、レッドバロン前橋店さん。

「仮にいま乗り換えるとしたら?」の、候補にしてるモデルが置いてあるっていうので、

ちょっと見学ですw

 

Vstrom650

 

じゃん!

スズキのVストローム650XTですよ~!ヽ(´▽`)ノ

 

店長さんに事情を話して少し商談してみましたが、今のボクのX-ADVを下取りすれば、

ほぼ「取り替えっこ」くらいの金額は出そうだ、と・・・(・∀・)ニヤ

(なんせ、オプションいろいろつぎ込んでますからねw)

 

はてさて、どうなりますことやら??(笑)

 

-----

↓↓他のビッグスクーター乗りの皆さんのブログも、お楽しみ下さい♪

 

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

 

2020年10月15日 (木)

DCTのトラブル、再発!

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

 

Dct

先日の日記の続きです~(^.^;

久しぶりに晴れた日曜日に、近場のツーリングを楽しんで、

気分上々!で給油してウチまで帰ろうと思った、その時。

 

予期せぬトラブルが発生しました・・・(*゚ロ゚)ハッ!

 

給油を終えて、エンジンを再始動。

スターターボタンを押すと、

ク・・・クククッ・・・!と、なぜか一瞬の間が。

で、エンジンの始動は、見事に失敗~!(^.^;

 

あれ?(笑)と思いつつ、もう一度、スターターボタンを押す。

 

今度は無事に始動したものの、エンジンチェックランプが付くとともに、

なぜかDCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)のギアが、

ニュートラルから1速に入らない~!(゜Д゜;)

 

・・・昨年秋のトラブルに続いて、またしてもDCTの不具合が発生です・・・Σ( ̄ロ ̄lll)

 

おいおい!どうなってるのよ~!?と思いつつ、

さらに一度エンジンを止めて、その再始動後はギアも入ったので、

なんとかウチまで帰り着きましたがねw

 

さっそくこのトラブルを、参加してる「x-advのオーナークラブ」に投稿しましたら!?

 

この数日の間に、同じようなトラブルが出た!と言ってるオーナーさんが、

ボクも含めて4人もいるじゃないですか~!!(◎-◎;)

 

・・・ヲイヲイ!Σ(ノ°▽°)ノ

全国に散らばってるオーナーさん達から、同時多発的に、

同じようなトラブルの報告が出るって、どういうことっ!?(T_T)

 

現在、オーナークラブ内では、DCTを駆動するバッテリーの電圧不足説や、

熱によるECU(エンジンコントロールユニット)のオーバーヒート説、

あるいはサイドスタンドのスイッチ不良説

(安全確保ため、スタンドが出てると判断されると、ギアは入らない)

などと、様々な憶測が出てる状態ですが。

 

噂によると、まだホンダの本社技術陣でも、原因不明のようです・・・(ノ∀`)アチャー

 

とは言え、個人的には、こんな「いつトラブルで止まるかわからない」バイクには、

申し訳ないが、全幅の信頼は置けないので・・・

 

ちょっとマジメに、乗り換えを考えるかなぁ~?(; ̄д ̄)

 

とりあえずは、来週にもドリーム高崎店さんに持ち込んで、

詳しく説明を聞こうと思っています。

 

 

-----

↓↓他のビッグスクーター乗りの皆さんのブログも、お楽しみ下さい♪

 

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

 

2020年10月12日 (月)

旧・太子駅と暮坂峠ツーリング!

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

 

Photo_20201012192401

2020年10月11日(日)、雨のち晴れ!

 

この週末も、台風襲来!の予報が出ていたので、

またしてもバイクに乗れないか・・・と諦めていたら!?

台風の進路が南に逸れてくれたおかげで、グンマは思いのほか良い天気になりました♪

 

朝のうちは雨が降ってましたが、みるみる晴れてきたので、これは出かけるしかない!と、

10時過ぎくらいから支度を初めて、久々のツーリングに出かけてきましたよ~(^-^)b

 

出発が遅めになったので、あまり遠くまでは行けないな~、と思いつつ、

とりあえず、吾妻・草津方面をめざすことに。

走りながらあれこれ行き先を考えて、野反湖方面へ足を伸ばしてみることにしました。

 

吾妻峡から八ッ場ダムのふちを回って、長野原へ。

国道292号で山奥を目指します。

 

ところで、数年前にもご紹介したことがあるかと思いますが、

この長野原~六合村のあいだには、「太子(おおし)線」という名の貨物路線が敷かれてました。

すでに廃線にはなっているのですが、いくつかの鉄道遺構が残されていて、

こっち方面に来ると、それらを眺めるのも楽しみの一つだったりするんですよね~(*^-^*)

Photo_20201012192506

長野原駅から山道を登ってきた太子線は、一度いまの国道292号と同じルートをたどり、

この写真の場所の「中組」という地区で、分岐していました。

(左が現・国道で、右手が太子線の線路跡です)

 

この線路跡をたどっていくと・・・?

 

Photo_20201012192508

 

小さな鉄道用トンネルが出現! (゚∀゚)キャー!

 

Photo_20201012192507

2つ続いてるトンネルは、長さはそれほどありませんが、趣のある風情です。

線路が撤去されて舗装してある道路は、地元の方の生活道路として使われているようですね。

 

そして、この線路跡をさらにたどってくと・・・?

Photo_20201012192501

復元された太子線の終着駅、太子駅に到着です~!ヽ(゚∀゚)ノ うぇ───ぃ♪

 

太子線(おおしせん)は、ここよりさらに山奥にあった、

「群馬鉄山」(現・チャツボミゴケ公園)から採れた鉄鉱石を運ぶために整備された路線で、

かつては釜石鉱山(新日鉄釜石)につぐ、国内第2位の鉄鉱石生産量を誇った時期もあるそうです。

Photo_20201012192502

これが、当時の「ホッパー台」跡です。

この櫓の下に貨物列車が入って、上の空間から鉄鉱石を落として入れるための設備ですね。

 

昔、はじめてこの場所に来たときは、ホッパー跡は大部分が土砂に埋まった状態で、

見事にうち捨てられた廃墟だったのですが・・・(^-^;)

 

Photo_20201012192503

今は「公園」としてきちんと整備され、

復元された駅舎の中には、当時の貴重な写真や資料が展示されています。

興味がある方はぜひ、訪ねてみて下さいね~♪

Photo_20201012192504

ちなみに、長野原から国道をずっと上ってくると、

案内板と大きな駐車場(とヘリポート!w)が整備されているので、寄りやすいと思います。

Photo_20201012192505

で、その駐車場は、太子駅より一段高い場所にあるので、

ホッパー台の様子を上から眺めることもできるんです。

ちょうど見学の方がいらっしゃったので、写真に入れてみましたが、

人の大きさと比べて、設備のスケール感が伝わりますかな??(^-^)b

 

さて、たっぷり「テツ分」の補給も済んだところで(笑)、

いよいよ野反湖へと向かいましょうか~!

 

しかし・・・

 

Photo_20201012192401

 

六合村の「小雨」という地区に差し掛かったとき、なぜかあいにくと小雨模様になりましてね・・・

(ネタのようですが、ホントの話しですw)

 

これ以上、山奥へと進むのを断念・・・!

 

Photo_20201012192402

 

仕方がないので、久しぶりに暮坂峠でも走って帰るとしますか~!┐(´∀`)┌ヤレヤレ

 

雨は少しして止んでくれましたが、峠道の日陰は、朝のうちの雨が残っていてウェット状態。

濡れ落ち葉もけっこう散らばっていて、ちょっとコワイ状態です∑(・`ω・ノ)ノ

のんびりペースでクネクネ道を楽しんで・・・

 

Photo_20201012192601

 

暮坂峠に到着~!ヽ(゚∀゚)ノ

ちょうど良い時間なので、本日はここで、ひとり野外メシにしましたよ♪

 

Photo_20201012192603

 

ホントは、野反湖の絶景を眺めながら・・・の予定でしたがw

ときおりクルマやバイクが通り過ぎるだけの、静かな森で食べるご飯もなかなかのもの!

ごちそうさまでした~♪

 

Photo_20201012192602

ところで、暮坂峠といえば、かつて詩人の若山牧水がこの峠を越えたときに、句を詠んだそうで、

それを記念して句碑と、牧水の像が建てられていることでも知られています。

彼もこの峠を越えたとき、一休みしておにぎりでも食べたのでしょうかね??

 

そんなことを思いつつ、この後は渋川から赤城の南面を通って、伊勢崎まで帰着。

帰りにスタンドで給油して、本日のツーリングはこれにて終了~!

 

・・・と、思ったら・・・??

 

Dct

 

ん??

 

エンジンチェックランプが付きましたけど!? ∑(゚Д゚ノ)ノ

 

えっ!?どーゆーこと??

 

-----

↓↓他のビッグスクーター乗りの皆さんのブログも、お楽しみ下さい♪

 

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

 

2020年10月 4日 (日)

スーパーバイク世界選手権がおもしろい!

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

 

2020年10月4日(日)、曇り。

最近、やっと涼しくなってきて、ようやくバイクに乗るのが気持ちいい季節になったというのに、

なんで日曜日だけ天気が悪くなるのか・・・(-.-;)

 

そんなわけで、今日もまたまた引きこもりの1日を過ごしたわけですが。

 

今日は、以前にスカパーで放送されたのを録画しておいた、

スーパーバイク世界選手権(SBK)の中継を見て楽しみましたよ~ヽ(^ω^)ノ

スカパー!の関連ページはこちら

Photo_20201004171601

スーパーバイク世界選手権(SBK)は、

FIM(国際モーターサイクリズム連盟)が主催する市販車バイクの最高峰二輪レースで、

各国を転戦しながらチャンピオンの座を争います。

マシンの排気量は、2気筒であれば1200ccまで、

4気筒であれば1000ccまでとレギュレーションで定められています。

2019年シーズンよりシリーズ初の試みとして1大会3レース制で行われました。

2020年シーズンも1大会3レース制が継続され、全13大会でタイトルが争われます。

(以上、ホンダのHPより抜粋)

 

ボクは以前に、4輪のダートトライアルやサーキット遊びなどをやってたこともあり、

2輪・4輪問わずにレース関係の話題が大好きです。

(スカパー!に加入してるのも、モータースポーツ関連の番組が充実してるから!)

 

今は昔ほどレース中継を見てるわけじゃないですが、

一時期は、4輪のF1やWRC(世界ラリー選手権)はもちろん、国内のスーパーフォーミュラやスーパーGT、

DTM(ドイツツーリングカー選手権)や、アメリカのインディカーシリーズなど海外のレースも、

好きで良くチェックしてましたね~!(・∀・)ニヤニヤ

Photo_20201004171604

↑ ホンダのCBR1000RR-R。

カタルーニャサーキットのメインストレートエンドで、ブレーキングドリフトを決めつつコーナーへ飛び込む!

 

それで、2輪のレースといえば、最高峰は「モトGP」になるわけですが(もちろん見てますが)、

「レースの面白さ」という点では、だんぜんスーパーバイクのほうがおもしろい!!( *・ω・)bキッパリ!

なぜかというと、市販車ベースで戦うマシンの性能差が少なくて、

いつもどのレースも、抜きつ抜かれつの大バトルが繰り広げられるから~!ヽ(´▽`)ノ

Photo_20201004171605

↑ カタルーニャの10コーナーの飛び込み。

ドゥカティvsヤマハ2台の激しい競り合い!

 

スーパーバイクには、日本車メーカーはホンダ、ヤマハ、カワサキが参戦していて、

海外勢はドゥカティとBMWが走ってます。

今年のレースで、強いのはカワサキとドゥカティなんですが、

予選のタイムでは、ポールポジションから10番手くらいまでは1秒以内!なんてのも当たり前くらい、

いつも接戦の、手に汗握るレース展開が楽しめます。

Photo_20201004171602

↑ こちらは、選手権5連覇中の絶対王者、カワサキのジョナサン・レイ選手。

今回のカタルーニャのレースでは、ちょっと調子が良くなかったようです(^-^;)

 

ボクが、4輪のレース(主にサーキットのレース)をあまり見なくなったのは、

マシンの性能に差がありすぎて、やる前から結果がわかっちゃうような状態だから、ですかね~。

シミュレーターとコンピュータのデータ解析、車体の電子制御が進みすぎて、

よほどのことが起きない限り、予選のタイム差をレース中にひっくり返すことなんてまずあり得ない。

だから、スタート~1コーナーの飛び込みで接触などのトラブルさえしなければ、

そのまま逃げ切って終了~!みたいなね┐(´∀`)┌ヤレヤレ

 

Photo_20201004171603

↑ 色とりどりのレーシングマシンとライダーたち。

キレイなカラーリングを眺めるのも、また楽しいモノです!

 

その点、2輪のレースは、まだ「人間が操る要素が大きい」っていうんですかね?

スリップダウンやハイサイド(スリップしたリアタイヤが急に路面に食いついて、マシンが暴れる現象)で転倒!なんてトラブルも

まぁあることだし、

コーナリングのたびにヒラヒラと舞うように動く、バイクのダイナミックな躍動感も好き。

 

それに加えて、ライダーによってタイヤの保たせかたのじょうず・ヘタがあったりとか、

ライダーの体格差で、受ける空気抵抗が違ってくる!とか・・・

マシンの性能差以上に、人間的な要素で「番狂わせ」が起きる余地が大きいので、

レースの展開がおもしろくなってくるんですよね~!(*≧∀≦)ゞ

 

さて!

今日はこのあと、フランスのマニクールサーキットで開催されてる、スーパーバイク第7戦の生中継があるんですよ!

今回はどんなレースが展開されるか??

たのしみだな~!(*゚∀゚*)

 

-----

↓↓他のビッグスクーター乗りの皆さんのブログも、お楽しみ下さい♪

 

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

 

« 2020年9月 | トップページ