2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 『百薬の長にあらず』 | トップページ | 八ヶ岳ぐるっと周遊ツーリング その1:御射鹿池に寄ってみた! »

2021年4月23日 (金)

「レブル1100」が売れてるらしい!

にほんブログ村 バイクブログ 中年ライダーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

2021年4月23日(木)、快晴!

今日は、めちゃくちゃな強風が吹き荒れた前日と打って変わって、

この時期らしい、清々しい陽気になりました♪

次の休みの日にまで、この天気をとっておいてもらいたいな~!なんて??(笑)

 

さて。

最近の、バイク関連のネットニュースを賑わせている話題として、

2021年3月11日に発売となった、ホンダの新しいクルーザーモデル「レブル1100」が、

爆売れしてるそうで!(・∀・)イイネ!!

 

Ym210202601hondarebel1100

 

なんでも、ある雑誌の記事によると、

発売から1ヶ月チョイで、「年間生産数3000台」に対して、もう2600台の予約が入っているとか!?

週プレNEWS:ホンダの新型バイク「レブル1100」大人気の理由

WEBヤングマシン:ホンダ新型レブル1100、DCT版先行発売

 

長らく、国産のクルーザーモデルには大ヒット作が出ていなかったので、

バイク関連のメディアは、どこも大騒ぎのようですな~!(・∀・)ニヤニヤ

 

Ym210202801hondarebel1100

 

それで、このモデルが大人気な理由を、いま各メディアがいろいろと探っているわけですが・・・

ボクの個人的感想としては、やはり車両価格と車体の軽さ、

そしてホンダ独自の「DCT」(デュアル・クラッチ・トランスミッション)が、

ウケているんじゃないかな?と思います。

 

クルーザーモデルの代表格といえば、

やはりなんと言っても「ハーレーダビッドソン」が筆頭に挙がるわけですが、

(バイクに興味がない人でも、『ハーレー』というブランド名は知ってるのがスゴいですよね♪)

レブル1100と同セグメントとなる、ハーレーの「アイアン1200」と比較してみると・・・?

 

Big_450368_201807021654340000001

 

ハーレーダビッドソン アイアン1200 車重=252kg・車両価格=154万円~

ホンダ レブル1100(DCTモデル) 車重=233kg・車両価格=121万円~

比べると、車重は20kg軽くて、値段は30万円安い!∑(゚Д゚ノ)ノオドロキ

 

・・・なんとも、ホンダの『悪意』すら感じさせるw、絶妙な設定!ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ!

 

これだと「是が非でもハーレーに乗る!」という、強いこだわりを持ってるオーナーさんでなければ、

レブル1100に流れちゃうのも、ムリはないのかな~?(^-^;)

(車重が20kg軽いと、取り回しで押し引きしたときに、確実に”違いを感じる”重量差ですね)

 

Big_450369_201807021654350000001

 

それで、こうして2つのモデルの写真を見比べて、どこに違いがあるのかな?なんて考えましたが、

一番違うのはやはりエンジンなんですかね~。

「ハーレーがハーレーたる所以(ゆえん)」の、伝統あるVツインエンジンは、

エンジン自体を『魅せる』ために、前後に長く、大きく見せるデザインがポイント。

 

一方で、ホンダのレブルが積んでる並列2気筒エンジンは、

横から見るととてもコンパクトで、ギュッ!と凝縮感があるのもまた良いんですよね~!(^-^)b

  

Ym210202702hondarebel1100

 

そして、レブル1100の最大の「ウリ」は、

やはりデュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)ですよ!

ボクも以前に、同じDCTを積んでる「X-ADV」に乗っていたので、

その性能&快適性はよく知ってるのですが、

ホンダ独自の2輪車用DCTは、ホントに良くできてる変速機構です♪

 

注:ボクのX-ADVは、なぜか2年続けてトラブルが出たので、残念ながら乗り換えました(^-^;)

 

バイク(スクーター)では一般的なオートマチック機構の「CVT」に比べて、

マニュアル車と同じ機械式の6段のギアがちゃんと噛み合って駆動する、DCT。

変速に伴うダイレクト感はしっかりありつつ、

2つのクラッチをコンピュータ制御することで、クラッチ操作不要&自動変速を実現したスグレモノ!

発進時やUターンの時など、ごく低速域でのいわゆる「半クラ」の制御はとても自然で、

ぶっちゃけ人間がコントロールするより、よほどスムーズで上手なんじゃないか?と(笑)

 

たとえば低速でのUターンって、エンストした瞬間にコケるので(^.^;、

初心者ライダーにはハードルが高いアクションなんですが・・・

DCTならクラッチの制御を完璧にやってくれるので、そんな不安もなくなってしまいます♪

 

Dscn0166

 

上の写真は、雑誌「モーターサイクリスト」誌の別冊特集記事より。

身長153cmのバイク女子・たけいみさとさんが堂々と乗りこなしているように、

今まで大型バイクを敬遠していた方々にも、レブル1100は優しく寄り添ってくれそうですね♪

 

数年前に「大型AT限定免許」の排気量上限が撤廃されたので、

大型AT限定の方でもこのモデルに乗れますし、

足つきも良くて、車重が軽いから取り回しもラクで・・・

大型バイク初心者の方にも「持ってこい」のモデル!d('∀'o)イイネ

どこから見ても、「売れてる理由」に納得するしかないかな!?ヽ(^ω^)ノ

 

雑誌の記事によると、レブル1100は年間生産台数もそろそろ売り切れ寸前のようなので、

気になる方は、すぐにでもホンダドリーム店に走れ~!(^-^*)ゞ

 

-----

よろしければ、お好きなほうをひとつ、ポチッとお願いします~ヽ(´▽`)ノ

にほんブログ村 バイクブログ 中年ライダーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

« 『百薬の長にあらず』 | トップページ | 八ヶ岳ぐるっと周遊ツーリング その1:御射鹿池に寄ってみた! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『百薬の長にあらず』 | トップページ | 八ヶ岳ぐるっと周遊ツーリング その1:御射鹿池に寄ってみた! »