2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 鳥海山で紅葉ツーリング♪ | トップページ | ブレーキレバーの交換が完了! »

2021年10月14日 (木)

鳥海山の帰りに、ちょっと寄り道。

にほんブログ村 バイクブログ 中年ライダーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

 

*今回の記事は、2021年10月10日~11日にかけて走った、鳥海山ツーリングの記録です。

 

2021年10月11日(月)、雨のちくもり(太平洋側は晴れ!)。

この日は、宿泊した酒田のルートインを出発して、山形道~月山道路を経由し、

天気が良ければ「蔵王エコーライン」を走破!

最終的に、東北道にて帰着する予定でした。

 

しかし・・・

 

Dscn0980

 

この日の天気は、前日の完璧な青空とは打って変わって、まぁまぁな大雨!┐(´∀`)┌ヤレヤレ 

カッパを着用してホテルを出発し、山形自動車道に入ります。

蔵王まで行く頃には、天気が回復してくれれば良いな~!との願いもむなしく、

かろうじて雨が降っていない曇天がつづき・・・

 

Dscn0981

 

寒河江サービスエリアにて、ようやくカッパを脱ぐことができました~(^-^;)

 

Dscn0983

 

その後、上山市まで来たところで、蔵王方面はご覧の通りの空模様。

残念ながら、蔵王エコーラインはまた今度!ってことですね~(ノД`)シクシク

 

ま、天気には勝てないね、と気持ちを切り替えて、

セカンドプランで考えていた、とある場所に「寄り道」をして帰るとしますか~。

 

Dsc_0107_20211013191801

 

そういうわけで、セカンドプランの目的地は、上山温泉の入り口にある「高松観音」さまです。

(山形県上山市高松52。東北中央自動車道・かみのやま温泉インターよりバイクで5分)

 

旧・国道113号(現在は458号)の道ばたにある駐車スペースにバイクを停めて、

けっこう急な石段を登ります。

 

Dsc_0110

 

こちらが、高松観音さまの本殿ですね。

 

Dsc_0113

 

建物の入り口の脇には、巨大な「わらじ」がっ!∑(゚Д゚ノ)ノ ビックリ!

掲げてある解説文によると、縦3.2m、横1.2m、重さ300kgとのことで、

その大きさに驚きますが・・・ここに来た目的は、コレじゃありません。

 

さっそく、本殿の中にお参りしましょうか。

(ちなみに、障子を開けた内側に賽銭箱があり、写経を納める箱も用意されていました。

 基本的に各自で勝手に参拝する仕組み?のようです)

 

Dsc_0114

 

障子を開けると、カラフルな彫刻、無数のお札、奉納された額縁の数々。

室内はとても清潔ですが、バッと目に飛び込んでくる情報量がスゴイ。

 

Dsc_0125_20211013191801

 

いやはや!

どれほどの祈りや願いが、この空間に凝縮されているのか・・・。

 

そして、中でも目を引くのが、これ ↓

 

Dsc_0115

 

この、「昔の結婚式」の様子を描いたと思われる、大きな額縁。

 

Dsc_0120

 

なんで、このような「奉納品」が、大切に保管されているのかと言いますと・・・

これらは「ムカサリ絵馬」と言って、この地方に古くから伝わる独特の風習なんだそうです。 

 

ムカサリ絵馬について、詳しくはこちら:

山形県東部に残る「死後婚」の風習 ムカサリ絵馬に込める思い(産経新聞2020/9/21の記事)

 

ムカサリ絵馬は、若い未婚の人が亡くなったとき、

せめてあの世では幸せになって欲しい、と祈願するために、

親御さんや親戚筋によって奉納される絵のこと。

 

Dsc_0121_20211013191801

 

描かれているのは、華やかな婚礼の儀式の様子や、

幸せそうに連れだって歩く夫婦や親子たちの姿ですが・・・

そこに登場する人物は、「すでにこの世を去っている」というわけですね。

 

Dsc_0116

 

絵馬の中に書かれた日付を見ると、

ここの高松観音さまでは、明治後期~大正期にかけて奉納されたものが多いようですね。

当時は今よりずっと平均寿命は短かかったわけで、若くして病気で亡くなる方もたくさんいたでしょう。

あるいは世相的に、戦争で亡くなる方もね。

 

なんなんでしょうね・・・これらの絵馬を眺めながら、いろいろ考えさせられました。

幸せそうな人たちの絵と、その裏側にある”哀しい物語”とのギャップに打ちのめされたというか。

要は、のほほんと自由に旅してる今の自分は、まだまだ恵まれてるって事なんでしょう、きっと。

(ちなみに、ボクもどうやらこのまま”独り身”で一生を終える気がするので、

 死んだら誰か哀れんで、ムカサリ絵馬を奉納してくれませんかねぇ?w) 

 

ところでボクは、こういう風習があるってことを今までぜんぜん知らなくて、

今回のツーリングの途中に寄れそうな場所で、何か興味を持てそうな話題や物件はないかな?と、

いろいろ調べてみるうちに、この「ムカサリ絵馬」のことを偶然見つけたんですよね。

それで、産経新聞の記事の中にもありますが、

天童市の「若松(じゃくじょう)寺」により多くのものが伝わっているそうですし、

現代でも奉納された絵馬があるそうですから、いつか機会を作って訪ねてみたいと思いました。

 

さて!

東北中央自動車道に乗り直して、帰路に着くとしますか~!

 

Dscn0990

 

福島ジャンクションから東北道に入り、福島松川パーキングでお昼ご飯です。

 

Dscn0989

 

”福島だから”ってことで、メニューにあった喜多方ラーメンを注文♪

まぁ普通のしょうゆラーメンで、可もなく不可もなし~w

 

その後は、安達太良サービスエリアで給油して、

那須の辺りで2カ所の工事渋滞にハマりつつ、

矢板北パーキングで小休止。

 

そこからは順調に走り、出流原パーキングで最後の休憩。

 

Dscn0992

 

17:20ごろ、無事に自宅に到着しました~!(^-^*)

 

今回の旅は、前半は絶景道を楽しんで、後半は死生観について考えさせられ・・・と、

個人的には、なかなかに濃い内容のツーリングになったな~と思いました☆イイネ♪d('∀'o)

 

そして、あらためて感じたのですが。

 

やっぱりボクは、「東北地方」が好き!(*ノ∀`*)キャッ

 

 

この日の走行距離:450km

2日間トータルの走行距離:958km 総給油量:36.53リットル 燃費=26.225km

 

-----

おひとつポチッと! 応援よろしくお願いします~☆( *・ω・)bグッ

 

にほんブログ村 バイクブログ 中年ライダーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

« 鳥海山で紅葉ツーリング♪ | トップページ | ブレーキレバーの交換が完了! »

神社仏閣・史跡巡り」カテゴリの記事

鳥海山ツーリング2021」カテゴリの記事

コメント

   お疲れ様です。


  予定が少しだけ狂って残念ですが
 対策もしてあったんですね。  (#^.^#)

  わたしの趣味は、新潟のチョンボ地蔵みたいなのや 
 今回のような ムカサリ絵馬を見ることです。

  同じ山形県の 天童市の若松観音や
 東根市の黒鳥観音でたくさんの ムカサリ絵馬を見てきました。
 壁から天井までたくさん飾られていて
 お腹いっぱい見てきました。

  若松観音は、歌の文句にあるくらい有名な観音様なので
 沢山の方がお参りに来てました。
 ご存知ですか?
 めでた め~で~た~のわかあまあつ~
 音痴ですいません。  (^_^;)
 次回は、こちらにも行ってください。

  黒鳥観音は、小さいとこで わたし一人しかいませんでしたが。

  アルカリさんが行ったとこは、わたし 知らないので
 次回に行きたいなと思ってます。  (^^)/

> ことぶきさん

おおお~!
ムカサリ絵馬のことをご存知だったとは!(*^▽^*)
ちょっとお堅い(重い)内容になるので、
ムカサリ絵馬のことを記事にするかどうか、少し迷ったのですが、
がんばって書いて良かったです(書き上げるのに3時間かかりました・笑)

ことぶきさんも、昔の人の素朴な風習や習俗に触れるのがお好きなんですね♪
神社仏閣は全国に何万ヶ所もあって、それぞれに歴史があり、
ボクも、いつも興味をそそれれています(笑)

天童市の若松観音と黒鳥観音は、今回のルートでは逆方向になってしまうため、
今後に持ち越しになっちゃいました(*^-^*)
今回紹介した高松観音は、かみのやま温泉インターからすぐ近くで、
寄りやすい場所だと思いますよ~♪

雨は残念でしたが、中々ディープな所を回りましたね!
地元のお隣なんで山形は良く行きましたが、まさかの高松観音でびっくりでした。

> オネさん

前日の、元滝伏流水で会った地元ライダーさんの情報によれば、
「今が蔵王の紅葉の見ごろ!」ってことだったのですが(^.^;

残念ながら蔵王の紅葉ツーリングは楽しめませんでしたが、
その分、今まで知らなかった「不思議な文化」に出会えて、
逆に旅の充実感はUPしたかな?なんて思ってます(*^-^*)

これまで、福島県には良く出かけていて、
浜通り・中通り・会津と、ぜんぜん違っておもしろいな~!って思ってましたが、
山形県も、庄内や最上川周辺、あるいは米沢と、
かつてはそれぞれに「別の国」だったんだよね~という視点で見ると、
また違った発見がありそうで、ワクワクしてきます(笑)

この夏の、2回の旅を通じて、
ボクはすっかり「東北好き」になりました(* ̄∇ ̄*)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鳥海山で紅葉ツーリング♪ | トップページ | ブレーキレバーの交換が完了! »