2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 春の東北周遊2024 DAY:2-3 石巻市の震災遺構を訪ねて | トップページ | 春の東北周遊2024 DAY:3-2 映画のセットで江戸時代へGO! »

2024年5月18日 (土)

春の東北周遊2024 DAY:3-1 旅の後半は憧れの廃墟から♪

にほんブログ村 バイクブログ 中年ライダーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

 

*この日記は、2024年5月2日夜~6日にかけて巡ったツーリングの記録です。

 よろしければ最初からお楽しみくださいね☆

 

DAY:0の記事はこちら(旅立ちの様子)

DAY:1-1の記事はこちら(旧・野蒜駅)

DAY:1-2の記事はこちら(南三陸町 旧・防災対策庁舎)

DAY:1-3の記事はこちら(旧・大川小学校)

DAY:2-1の記事はこちら(田代島への旅)

DAY:2-2の記事はこちら(石ノ森萬画館)

DAY:2-3の記事はこちら(旧・門脇小学校)

 

Haikyo_20240517232601

 

2024年5月5日(日)、快晴♪

この日は2連泊した石巻市を出発して、

あちこち寄り道をしながら日本海側へと向かう予定~!イイネ♪d('∀'o)

 

まず最初に向かったのは・・・?

 

Dscn2843

 

東北道の長者原(ちょうじゃはら)パーキングのすぐ近くにある、

「化女沼(けじょぬま)レジャーランド」の跡地で~す!(#゚ロ゚#)ワオ!!

(宮城県大崎市古川小野遠沢地区内)

いや~!ここって、

前にご紹介した「美しい廃墟カレンダー」で見て以来、

ずっと来たいと思っていた場所なんですよね~(*ノ∀`*)アハッ

震災遺構を訪ねていた昨日までと打って変わって、

ニヤニヤが止まらない~!(・∀・)ニヤニヤ

 

Dscn2851

 

さて、いざバイクを置いて散策開始~!

・・・って、正面ゲートの先はすぐに「立ち入り禁止」。

まぁ、この辺は織り込み済みですけどね!Ψ(`∀´)Ψウシシ!

 

Fscn2849

 

錆びたゲートをくぐって2、3分で「ありがとうございました」の言葉を見たよ(笑)

でも、こっち側は「本命」じゃないんでね~( ̄ー ̄)ニヤリ

再びバイクに乗って、藪に埋もれた敷地の反対側へと向かいます!

 

Fscn2855

 

グルッと回り込むと・・・あった!∑(*゚艸゚*)オオッ!!

あの観覧車だ~!!キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!

実はGoogleマップのストリートビューにもこの観覧車は写っているので、

この場所を目指して来たんですよ~(^-^)b

 

Dsc_0211_20240517232001

 

そして、ここで『秘密のワープルート』を発見したのでw、

観覧車への接近を試みますが・・・

 

Dsc_0209_20240517232001

 

ちょっと藪が深いので、これ以上はムリかな?(^-^;)

お?観覧車の隣には、メリーゴーラウンドの頭もチョコッと見えてる~( *´艸`)

がんばって藪漕ぎ(草を押しのけて藪を突破することw)すれば行けなくはないだろうけど、

さっきからでっかい「クマバチ」がブンブン飛んでるのも気になるし・・・

ヘタに蜂の巣を刺激するのもヤバいからってことで、ここで潔く撤退です!

 

Dscn2863

 

さて!

化女沼レジャーランドを出発したら、国道47号と108号をズンズン走り・・・

次の目的地は、有名な「鳴子温泉郷」を通り過ぎた先の、とある場所。

 

Dscn2864

 

里山の中に「分水嶺(ぶんすいれい)」があるという珍しいスポット、

JR陸羽東線の堺田(さかいだ)駅で~す!ヽ(^ω^)ノ

 

Dscn2856

 

いわゆる「中央分水嶺」とは、

降った雨が太平洋側へ流れるのか、はたまた日本海側へ流れるのかが分かれる場所のこと。

普通は山の尾根や峠にあって、言ってしまえば「概念的」なものなんですが(^-^;)、

ここは、流れてくる用水路が土手にぶつかって、

太平洋側と日本海側に分かれる様子を間近に見られる、全国的にも珍しい場所なんですよね~♪

 

Dscn2861

 

で、その「流れてきた水が分かれる場所」を解説すると、こんな感じ~ヽ(^ω^)ノ

・・・って、え?まだ良くわからねーよってか?ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ!

 

 

まぁそうだろうと思って、動画も撮ってきましたよ~(笑)

上流から流れてきた用水路が、見事に左右に分かれていますよね!∑(゚Д゚)スッ、スゲー!!

なにも聞かされていなければ「ただの用水路」ですがw、

じっと眺めているとなんとなくロマンを感じる・・・そんな場所でした♪

(でも、ひっきりなしに観光客が来ていましたよ!∑(*゚ェ゚*)オドロキ!)

 

Dscn2870

 

さてと!

じゃあせっかく来たんだからと、陸羽東線の堺田駅も見学していきますかね~。

小さな駅舎に入って時刻表を見ると・・・?

 

Dscn2868

 

昼間は3時間に1本か~!∑(ノ∀`*)アチャー

まぁ地方のローカル線なんて、どこもこんな運行状況ですけどねw

とはいえ、もし列車が来る時間が近ければ、ここで1枚撮りたかったんだけどな~(^-^;)

(ちなみにこの写真を撮ったのが11時30分くらい。次の列車までは2時間・・・待てんわなw)

 

Kimg1804

 

仕方ないので、ホームできれいに咲いていたツツジの写真を撮って、出発です!(^-^)ゞ

 

Kimg1806

 

そしてその後は、国道47号から分岐した県道56号へと入り、

陸羽東線の跨線橋を越えるあたりで時間を調べたら、あと20分ほどで列車が来ると判明~!( *'д')bイイ!!

ここで待ち受けて、列車を撮ることにしましたよ♪

 

 

初めて見る、陸羽東線の車両!(*ノ∀`*)キャッ

白いボディに赤いラインが映えますね☆

 

そんなわけで、まだまだ旅は続きます!

 

続きはこちら DAY:3-2

 

―----

おひとつポチッと! 応援よろしくお願いします~☆( *・ω・)bグッ

にほんブログ村 バイクブログ 中年ライダーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

 

« 春の東北周遊2024 DAY:2-3 石巻市の震災遺構を訪ねて | トップページ | 春の東北周遊2024 DAY:3-2 映画のセットで江戸時代へGO! »

B級スポット巡り」カテゴリの記事

産業遺産・廃墟探訪」カテゴリの記事

バイクで鉄道ネタ」カテゴリの記事

ツーリング日誌」カテゴリの記事

東北周遊2024春」カテゴリの記事

コメント

アルカリさんおはようございます✨

藪に埋もれる観覧車🎡なんか凄いですね😳
廃墟って肝試しでしか行った事ないです😆
分水嶺って初めて知りました~(笑)
確かにきれいに分かれててなんかロマンがありますね〜👍
陸羽東線の可愛い電車🚃撮れて良かったですね👍
20分なら待てますね
これもソロツーの醍醐味ですね~👍

> ヨッシーさん

おや?
廃墟探訪の魅力に目覚めちゃいましたかね?(・∀・)ニヤニヤ

かつては多くの子供達を楽しませたであろう観覧車が、
今はひっそりと藪の中に埋もれていくのみ・・・
そんな物語と哀愁、栄光と終焉の対比が廃墟の魅力ですかね~?( *´艸`)
(マニアックな話題でスミマセンw)

分水嶺については、
大きく見ると太平洋側の気候と、日本海側の気候に分かれる場所でもあって、
ボクの地元のグンマで言うと、
新潟県境の「三国峠」や、長野県境の「碓氷峠」もこれに当たり、
そういうふう全国各地にいっぱいあったりするんですよね。

でも、当然ながら山の上の「峠」に川が流れているわけもなく・・・
実際に水の流れが分かれていく様子が見られたのは、
ちょっと感動的でした~(^-^*)

*余談ですが、以前に「ブラタモリ」で碓氷峠の特集をやったとき、
分水嶺の上で水を流して『さぁ!どっちに行くか?』なんて企画がありましたよw

  お疲れ様です。

  レジャーランドまだあったんですね。

  数年前から近くまで行っても時間の都合で
 行けなくて もうなくなってるんだろうと考えてましたが
 あるなら見てみたいですね。

  しかし 分水嶺なんて初めて知りました。
 いつものなら 田んぼ用に数か所分かれてるのは、新潟などで見ましたが
 太平洋と日本海に分かれるなんて
 規模が大きいですね!
 見た感じは、かわいいのですが。

  これを探し出すなんて 驚きです。
 やりますね!

  写真での説明もわかりやすかったです。
 ありがとうございます。  (^^♪

  

> ことぶきさん

化女沼レジャーランドの跡地はまだ健在でしたが、
だいぶ「藪」が成長してきているので、
外の道路からあの観覧車が見えなくなるのも、時間の問題かな?って感じでした(^-^;)

じっさい、観覧車よりも背が低いメリーゴーラウンドは、
頭だけが見える状態になっちゃってましたからね~┐(´∀`)┌ヤレヤレ
もし行かれる機会があるようでしたら、お早めに~w

分水嶺については、ヨッシーさんへのコメントに詳しく書きましたが・・・
概念として「降った雨が太平洋と日本海に分かれる峠」はいくつもあれど、
その目で水が流れて分かれる様子を見たのはボクも初めてでしてね(笑)
新鮮な感動がありましたよ( *´艸`)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春の東北周遊2024 DAY:2-3 石巻市の震災遺構を訪ねて | トップページ | 春の東北周遊2024 DAY:3-2 映画のセットで江戸時代へGO! »