2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

おすすめリスト

無料ブログはココログ

バイクで鉄道ネタ

2017年11月18日 (土)

晩秋のみちのく一人旅・最終回~笹川流れで撮りテツを♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2017年11月5日(日)、晴れ時々雨。

3連休を利用して、ぐるっと東北地方を一回りしてきた旅も、この日が最終日!

宿泊した酒田市のビジネスホテルを出発して、
日本海に沿って南下しながらグンマまで帰るルートです♪

・・・と、その前に、前日(11月4日)に一度、前を通ったものの、
日が暮れてしまって寄れなかった、とある場所をチェック!

女鹿駅入り口2

酒田から、国道7号線を秋田方面へ25kmほど戻ったこの場所にあるのは・・・??

女鹿駅入り口1

はい!羽越本線の「女鹿(めが)駅」で~す(*^-^)
・・・って、入り口にはこんな小さな看板しかありませんから、見落とし注意ですよ!(笑)

女鹿駅には2013年の5月以来の、2度目の訪問になります。

前回来た時は、ちょうど特急「いなほ」と、貨物列車の行き違いの場面に出くわして、
「信号場」としての重要な役割を果たす、小さな駅の姿に感動した、
思い出の場所なんですよね~。

その時作成した動画は、こちら:

実は今回、この駅をもう一度訪ねてみようと思ったのは、
少し前に、駅舎が新しく建て替えられたという情報をキャッチしたからなんです!

女鹿駅(2013年)1

(↑2013年5月撮影)

古びたコンクリート製の駅舎は・・・

女鹿駅(2017年)1

(↑2017年11月撮影)

少しサイズは小さくなったものの、キレイなプレハブの駅舎になってました!o(*^▽^*)o

女鹿駅(2013年)2

ところどころ天井がはがれ落ち、湿った空気がこもっていた室内も・・・

女鹿駅(2017年)3

すっかりキレイにリニューアル! (*^ー゚)bグッジョブ!!

とはいえ、この駅に停まる列車の少なさは、相変わらずのようですね~(^-^;)

女鹿駅(2017年)2

駅舎は新しくなりましたが、ここを訪れた人が好きなように書き込める「駅ノート」は、
しっかり引き継がれていましたよ♪

前回来た時に書いた自分のコメントも、ちゃんとノートが残っていて嬉しかったですね~!

その時の日付を見たら、2013年の5月5日で、今回が2017年の11月5日。
つまり、きっちり4年半ぶり!これも何かのご縁なのでしょうか??(o^-^o)

もちろん、今回も少しですがメッセージを書き込んでおきました♪
たいしたことは書いてませんが、気になる方はぜひ現地に行って探してくださいね(笑)

女鹿駅(2017年)4

ホームに出て、しばし佇むも・・・残念ながら今回は、通過する列車の姿は見られず。

さ、次の目的地に向けて出発です!(*゚▽゚)ノ

勝木駅付近にて

国道7号線で鼠ヶ関あたりまで来たところで、国道345号「笹川流れ」へと進みます。

奇岩・名勝の続く海岸線と平行して、国道と羽越本線も走っているので、
時刻表とにらめっこしながら、景色の良い場所を探して列車の撮影などを楽しみます♪

板貝地区のご神体1

そんななか、「板貝」という地区にさしかかったところで、
なにやら怪しげなご神体を発見!!ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

板貝地区のご神体3

このご神体は「さいの神」(幸神の意味?)と言うんですか~。

今まで、ツーリングやドライブなどで、笹川流れにはかれこれ4回ほど来てますが、
このブツには今回初めて気がつきましたね・・・(^-^;)

近頃、この手のネタ探しのツーばかりやってて、「センサー」の感度が上がってる?ww

板貝地区のご神体2

こういうのは、五穀豊穣を願う農村だけのモノかと思っていましたが、
漁村にもあるとはね~!∑(=゚ω゚=;)

いやはや、かつての日本の民俗や風習は、なかなかに奥が深い!
驚きの発見でした~(・∀・)イイ!

桑川駅にて1

そしてたどり着いた、 羽越本線の桑川駅(道の駅「笹川流れ」が併設された駅)では、
快速「きらきらうえつ」と、貨物列車の待ち合わせ風景に遭遇♪

快速きらきらうえつ

今回の旅は、天気にこそ恵まれませんでしたが(^-^;)、
こうして鉄道関連のネタには、まぁまぁ良い出会いもあったかな?という印象ですね♪

晩秋の笹川流れ

そんなわけで、2017年11月3日~5日にかけての旅のレポートは、これにて終了!

前乗りした11月2日の分も含めると、トータルで1460kmの充実した旅でしたo(*^▽^*)o

-----

↓↓他のビッグスクーター乗りの皆さんのブログも、お楽しみ下さい♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2017年11月14日 (火)

晩秋のみちのく一人旅・その3~北の絶景神社&珍駅巡り♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2017年11月4日(土)、曇りときどき雨。

東北地方のネタ巡りドライブの2日目は、宿泊した弘前市からスタート!
気になるスポットをあちこち訪ねながら、日本海側の海岸線ルートを南下していく旅です。

晩秋の日本海

この日は終日、海からの風が強く、ときおり横殴りの雨が降るあいにくの天気でした(^-^;)

でも仕事柄、普段はなかなか休みが取れない身分なので、
こうして見知らぬ土地を旅してる喜びに、気分は上々!o(*^▽^*)o

さて、まずは最初の目的地に到着ですよ~!

JR木造駅1

出ました!(≧∇≦)キャー

巨大な土偶のオブジェが張り付いたこの建物は、JRの木造(きづくり)駅!

遮光器土偶の説明

駅前広場には、このオブジェのモデルである、遮光器土偶の説明板がありました。
それによると、駅があるつがる市の「亀ヶ岡遺跡」から、この土偶が出土したんですね。

で、木造駅の駅舎が平成4年にリニューアルされたとき、
それを記念して高さ17.3mの遮光器土偶のオブジェがつくられたそう。

そして、なんと当初は、
列車の到着に合わせて土偶の目が光る!という演出もあったそうですが・・・(笑)
「子供が怖がるから・・・」という理由で、今は中止されているそうです。惜しいなぁ!!

JR木造駅2

・・・で、まぁ、せっかく来たんだからってことで、いちおう記念撮影を!w

少し前に行った、水戸の「はに丸タワー」といい、
最近は巨大オブジェと記念撮影するのが、マイブームになってます♪ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

木造駅前のマンホール

ちなみに、木造駅前にあったマンホールも、ちゃんと?遮光器土偶のデザインでしたw

地元では「シャコちゃん」と呼ばれているこの土偶、温泉の名前などにも使われて、
親しまれている・・・のかな??( ´艸`)プププ

さてさて!
続いては、津軽平野の広大なリンゴ畑を走り抜けて、津軽半島方面へと向かいます。

次なる目的地は、ここ!

高山稲荷神社1

高山稲荷神社さんです♪

(青森県つがる市牛潟町鷲野沢147-1)

参考:https://www.jalan.net/kankou/spt_02328ag2130009023/

高山稲荷神社2

こちらを訪問した理由というと・・・
ちょっと他所では見られない、特別な景色があるからなんですよね~!(・∀・)ニヤニヤ

高山稲荷神社3

本殿でお参りを済ませて、さらに境内の奥へと進んでいくと・・・?

高山稲荷神社の千本鳥居3

いかがですか!?たくさんの鳥居がズラッと並んだこの景色!o(*^▽^*)o

もちろん、お稲荷さんの総本宮、伏見稲荷大社のモノには及びませんが、
本州の北の外れにも、こんな絶景があるんですよ~♪

高山稲荷神社の千本鳥居1

ん~!なんだか異世界に向かうような感じ??
ちょっとワクワクしながら、鳥居をくぐって進みます。

そして、すべての鳥居を通り抜けて後ろを振り返ると・・・?

高山稲荷神社の千本鳥居2

いや~!なかなかの絶景じゃないですか!!(*゚▽゚)ノ

まぁ、欲を言えば、天気が良ければなぁ・・・ってのはありましたが、
空模様が悪かったおかげか、他に人影もなく。
この景色を独り占めできたのが嬉しかったですね~!(v^ー゜)ヤッタネ!!

というわけで、北の不思議な神社を参拝した後は、鰺ヶ沢まで来た道を戻り、
そこから国道101号でひたすら海岸線を南下するルートです。

続いての立ち寄りスポットは、こちら♪

驫木駅1

JR五能線の「驫木(とどろき)駅」で~す!

周囲に一切の建物がなく、ぽつんと海に向かってたたずむ秘境駅!

2002年春の「青春18きっぷ」のポスターに登場して一躍有名になった、
日本海に沈む夕日がとても美しいことでも知られる駅!

個人的に「いつかは訪ねてみたい」とずっと願っていた、あこがれの駅!

このたび、念願叶ってようやく訪問することができましたが・・・
実はこのとき、天気は土砂降りでサイアクだったんですよね~(^-^;)

F2d3f6ff(この画像は、ネットからお借りしました)

晴れてれば、こんな絶景が眺められたはずなんですが・・・
ま、仕方ないですな!(ノ_-。)エーン

驫木駅2

ところで、馬を3つ書いて「とどろき」と読ませるのも、珍しい地名ですよね。
ちなみにこの駅名は、JRの駅の中で最も画数が多いんだそうですよ(笑)

驫木駅3

土砂降りの雨の中、パパッと写真を数枚撮って、即・撤収!

いつか、きっとまた・・・と、荒れる日本海に向かって誓う、アルカリなのでした(^-^)b

折渡駅4

そして、この日ラストの訪問先は、秋田県由利本荘市の山の中!(笑)

↑コレ、実はとあるJRの駅を、駅前通りから眺めた写真なんですよ~( ̄▽ ̄)ウキャ

折渡駅2

JR羽越本線の折渡(おりわたり)駅。

駅前には数軒の民家があって、今も生活されてる方がいらっしゃるので、
完全な「秘境駅」というわけではありませんが・・・

折渡駅1

この駅に停まる列車はほとんどなく、普通列車さえもあっさり通過してしまうという、
存在価値がよくわからなくて楽しい(?)駅ですww

折渡駅3

実際、この日は夕方4時くらいに駅で撮影を楽しんでいたのですが、
ちょうどタイミング良く、わずか30分くらいの間に、
特急列車1本と普通列車が上下1本ずつ、通過して行きました♪

その時の様子は、久々に動画に納めたので、後日公開しようかと思ってますが・・・

たった2両編成の普通列車でさえも停まらない!というのは、
世の中から見捨てられたような気持ちになって・・・意外とダメージが大きかったです(笑)

そんなわけで、盛りだくさんな旅の2日目は、これにて終了~!

長々とお付き合いいただき、ありがとうございました!(*^-^)

-----

↓↓他のビッグスクーター乗りの皆さんのブログも、お楽しみ下さい♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2017年11月 9日 (木)

晩秋のみちのく一人旅・その2~小坂鉄道レールパーク

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

さて、11月3日の東北旅行の続きです~♪

尾去沢鉱山の施設見学を堪能した後は、
鹿角八幡平インターからさらに2つ先の、小坂インターまで移動。

ここでの目的地は、インターからもほど近い「小坂鉄道レールパーク」です(*^-^)

小坂鉄道レールパーク 小坂駅1

小坂鉄道レールパーク
公式ページ:http://www.kosaka-rp.com/

小坂鉄道は、秋田県の大館駅から、小坂町にあった小坂鉱山を結んでいた、
貨物輸送路線です。

1909(明治42)年に鉄道会社が設立され、
その後、当時の国鉄(現・JR)の在来線と同じ線路幅=1067mmに改修。

鉱山の貨物輸送をメインに、1994(平成6)年まで旅客営業もされていましたが、
設立からちょうど100年後の、2009(平成21)年にすべての営業が廃止されました。

そして2013年、残された鉄道関連施設を利用して、小坂鉄道レールパークがオープン♪

広い駅構内を利用して、ディーゼル機関車の体験運転や、トロッコの乗車、
ブルートレイン「あけぼの」の寝台車両に宿泊もできる、素敵な施設になっています。

小坂鉄道レールパーク 小坂駅2

とまぁ、小坂鉄道の沿革をざっとご紹介しましたが、
さっそくレールパーク内に入ってみましょう!(^-^)b

入場券はかつての硬券きっぷを模したモノで、
さらに入場口では係の方が、しっかりとハサミを入れてくれるという、ニクい演出♪

昭和世代の一人としては、懐かしさに思わず涙がチョチョギレそう??(笑)

小坂鉄道レールパーク 小坂駅3

小坂鉄道は廃線となったあとも、線路や鉄橋、トンネル、駅施設など、
ほとんどがそのまま残されているのが大きな特徴です。

保存されている機関車や客車類も、すべて動態保存(動く状態)で維持されているのが、
素晴らしいですね!(・∀・)イイ!

小坂鉄道レールパーク 機関庫

旧・小坂駅の構内には、
かつての輸送を支えた機関車たちが保管されている車庫もあって、
自由に見学することができます。

小坂鉄道レールパーク エボルタ電池機関車

その機関庫の中に保存されていた、こちらの車両!
見覚えのある方も、いらっしゃいますかね??

そう!これこそが、パナソニックの「エボルタ乾電池」の高性能を証明するために、
乾電池のみで走る実験を行った、エボルタ電池機関車なんです!

その時の実験の舞台になったのが、何を隠そう、この小坂鉄道の廃線跡だったので、
今はこの機関庫に保存されているんですよ~(o^-^o)

(パナソニックの公式動画があったので、こちらに貼っておきますね♪)

小坂鉄道レールパーク ブルートレイン

そんな、旧・小坂駅では、16:30になるとブルートレイン「あけぼの」が、
車両保管場所からホームへと移動してくるイベントが行われ、
夜間はこの寝台列車に宿泊できるサービスも展開中なんですよ~!

そんなわけで・・・ここで日没により、この日の散策はこれにて終了♪(*^-^)

高速道路の事故渋滞&通行止めで、だいぶ時間をロスした分もありましたが、
天候にも恵まれて、楽しい旅になりました(v^ー゜)ヤッタネ!!

-----

↓↓他のビッグスクーター乗りの皆さんのブログも、お楽しみ下さい♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2017年3月23日 (木)

新幹線で撮りテツ、ついでに秋間梅林w

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2017年3月19日の日記の続きです~。

悟留譜(ゴルフ)観音さまとの、思いがけない出会いに喜んだ後は・・・



何となく気が向いたので、久しぶりに撮りテツでもして楽しもうかと、
そこからすぐ近くの、北陸新幹線・安中榛名駅に寄ってみましたよ♪

ちなみに、この安中榛名駅は新幹線の駅でありながら、
一部の方々には、ある意味で「秘境駅」としても有名だったりします(笑)

その理由がこちら ↓



首都圏在住の皆さん、驚かないでくださいね~!?
これ、山奥の無人駅の時刻表じゃないですよ??(爆)

れっきとした、北陸新幹線(上り・東京方面)の時刻表なんです!

昼間は、2時間に1本しか停まらないって、
利用者には絶望的な不便さだとは思いますがね・・・(-.-;)



ま、それはともかく・・・
さっそく入場券を買って、新幹線のホームに上がります!

そういえば、前に新幹線に乗ったのって、いつだっけかなぁ?
たしか以前に元カノと盛岡まで行って以来だから、かれこれもう5年??
時が経つのは早いというか、懐かしい思い出だね~♪というか・・・

・・・なんてことをぼんやりと考えつつ、列車を待ちます(^-^;)



さて、さっそく金沢行きの新幹線「はくたか」がやってきました!
真正面から見ると、何となくヘビっぽい感じもしますが、
かっこいいですね!(*^_^*)



などと言ってるウチに、新幹線はあっという間に通過!
やっぱ、間近で見ると迫力ある~!(*^_^*)



そして15分~20分ほど待ってると、すぐ次の列車がやってきます。
今度の列車も、あっという間に通過!(笑)

「はくたか」の主な停車駅、高崎~長野までの営業距離は約120km。
その距離をだいたい30分くらいで走り抜けるんですよね。

つまり、単純計算で平均速度は240km/h。
駅の前後の加速・減速の時間を考えると、
一番早い区間では、250km/h以上は出てるでしょうか??

そんな超高速の列車と、自分との間はほんの数メートルしかないので、
真横を通り過ぎる瞬間は、
ボンッ!っと軽く突き飛ばされるような衝撃波を感じます。
ものすごい迫力!そして、けっこう怖い!(@_@;)



この日は、反対側のホームでも、
シャッターチャンスを狙ってる方の姿が見えました♪

ボクは、全国どこへでも列車を追いかけていくような、
熱心な「鉄ちゃん」ではありませんが・・・(^-^;)

たまにやってみる「撮りテツ」って、
いわばぶっつけ本番!的な緊張感が、結構楽しいんですよね~。



今回のように、次から次へと同じ車両が走ってくる路線なら、
何回か撮るなかで、自分がイメージする写真に近づけることができますが。

線路の上を走ってくる車両の大きさやスピードを想像して、
アングルやピント、露出を整える・・・
いわば「二度とないこの一瞬!」を切り取る緊張感は、
ある種の非日常的なチャレンジで、なかなか面白いモノです(^_^)v



さてさて、1時間ほどの間に4本の列車を見送って満足したので、
お昼ご飯にしましょう~(*^_^*)

実は、安中榛名駅で唯一営業してる売店は、
横川の「おぎのや」さんの系列なので、
ここでも、あの有名な釜めしを買えるんですよ~!\(≧▽≦)丿



ということで、この日のランチは「峠の釜めし」です!
やはり、鉄道の駅で食べる釜めしは、ひと味違ってる気がしますな(笑)



で、腹ごしらえを済ませた後は、駅を出て近くの「秋間梅林」へ。

梅の花はちょうど見頃を迎えていて、多くの観光客で賑わってましたが、
メジャーな観光地では、オッサンの一人旅は浮きまくるだけなので、
滞在時間10分ほどで、さっさと退散しましたとさ~!σ(^◇^;)。。。

-----

↓↓他のビッグスクーター乗りの皆さんのブログも、お楽しみ下さい♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2016年8月29日 (月)

大至急お願い!?お届け物ツーリング!

2016年8月28日(日)、曇りときどき雨。

この日は朝のうちにだいぶ雨が降り、路面も濡れていたので、
出かけるのはどうしようかな~?とウダウダしていたら。

10時30分頃、群馬オペラ協会のKさんから電話がかかって来ました。

Kさん:
「前の○○の公演の時に使った衣装が足りないんだけど、
もしかしてそちらにあります・・・?」

アルカリ:
「ああ、○○の衣装なら、クリーニングするので引き取って、
そのままウチで預かってますけど?」

Kさん:
「良かった!
それ、今日の本番で使うヤツだから、今すぐ持ってきて!!」

アルカリ:
「えええ~っ!?今日が本番って!( ̄○ ̄;)
どこまで持って行けばいいんですかっ!?」

Kさん:
「北軽井沢で、2時から開演なの!
だから・・・1時30分くらいまでにはお願いっ!!」

いやぁ、こりゃ参ったな!・・・と思いつつ、頭の中はフル回転!

これから支度して、会社に寄って荷物を積んだ時点で11時・・・
高崎の街を抜けて、国道406号で倉渕へ、そこから二度上峠越え・・・
伊勢崎から北軽井沢までは、ざっと90km・・・

バイクで行けば、2時間ちょっとでたどり着けるか!?



というわけで、臨時バイク便仕様のTMAX、登場です!
(見た目は何も変わってませんがね・・・w)

なんて、のんきに写真なんて撮ってないで、さっさと出発しましょう(^_^)v

まず、北関東道・伊勢崎IC~関越・高崎ICまで一気にワープ♪



そして11時40分、国道17号と18号の分岐点、君が代橋を通過。
高崎の市街地が、思ったほど混んでなくて助かりました。



12時5分、雨が強くなってきたので、新幹線の高架下でカッパを着用。



12時20分、道の駅くらぶちに到着。トイレ休憩だけ済ます。
この時間でここまで来られれば、もう大丈夫かな??

でも、この先の二度上峠がウェット路面だとちょっと怖いなぁ・・・
気を引き締めて行きますよ~!o(^-^)



そして12時50分、無事に二度上峠を通過~♪
まわりは霧で真っ白で何も見えませんけど、今日は関係なし!



というわけで1時10分頃、なんとか会場にたどり着きましたよ~!
いや~、時間に間に合って良かった!\(≧▽≦)丿



ホールでは、出演の歌手達が声出し(ウォーミングアップ)の真っ最中!
カメラを向けたら、ばっちりポーズを決めてくれました(笑)



ちなみに配送料(お駄賃?)として頂いたのは、
コンビニの「もちぷにゃ」とペットボトルのお茶~!(爆)

でも良いんです!友人達のお役に立てたのが、何より嬉しいのです!
(*^-')ノ



さて、無事にミッションをこなせたので、ホッと一息♪
コンサート会場のすぐ近くにある、旧・北軽井沢駅に寄り道して帰りましょう!



大正時代から、昭和30年代の半ばくらいまで、
ここには「草軽電気鉄道」という鉄道が通っていたんですよね。

有名観光地である軽井沢と草津を結ぶ、高原をのんびり走る列車は、
とても人気があったそうですが、その後のマイカーブームなどの影響で、
残念ながら廃線になってしまいました。

この北軽井沢駅の駅舎は、当時の面影を偲ぶ、唯一の建物だそうです。



敷地の中には、木製の復元模型ですが、当時の機関車もありました。
パンタグラフの形がとてもユニークで、印象的ですよね。

そんなわけで、その後は中之条~渋川経由でのんびり帰路へ。
自分の趣味が、こんな形で人様のお役に立つなんてね~。
とても幸せな気持ちになれた、雨のツーリングでした(*^_^*)

-----

↓↓他のビッグスクーターのオーナーさんの日記も、お楽しみ下さいませ♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2016年3月23日 (水)

茨城&千葉で日本一を訪ねる旅 その1

2016年3月20日(日)。
今回は、翌日の春分の日との連休を利用して、
茨城&千葉方面へ、お泊まりツーリングに行ってきたレポートです♪



朝9時くらいに伊勢崎を出発して、まずは北関東道で一気に大洗まで。
途中、休憩で寄った壬生のPAは、ほぼ満車の賑わいでした。



水戸大洗インターを出たら、
その後は国道51号をひたすら南下するルートで進みます。
途中、海が見えてきたので、大洗の街並みを背景に路肩でパチリ!
海無し県に住んでいると、海が見えただけでテンションが上がりますね♪



そして、まずは本日最初のネタスポットにお立ち寄り~。
鹿島臨海鉄道の「長者ヶ浜潮騒はまなす公園前駅」です!
実はここ、読み仮名で22文字と、
日本一長い駅名として知られる駅なんですよ~(^_^)v



いかがですか!?
全部ひらがなで書くと「ちょうじゃがはましおさいはまなすこうえんまええき」となりますが、
パッと見で理解しようとすると、もはや脳が拒否反応をおこすレベル?(笑)

ところで、同じく読み仮名で22文字の長さの名前を持つ駅は、
もう一つ、九州の「南阿蘇鉄道高森線」にあるんです!

その駅は「南阿蘇水の生まれる里白水高原駅」
(みなみあそみずのうまれるさとはくすいこうげんえき)
と言う名前なのですが、やはりパッと見では理解出来ない長さですな(笑)



ちなみに、駅構内から見た周囲の風景はこんな感じです。
駅前にはかろうじて、数軒の民家があるのですが、
それが無ければ「秘境駅」と認定されてもおかしくないくらい、
何も無い風景です・・・σ(^◇^;)。。。



さて、国道51号をズンズンと南下して、
いよいよ鹿嶋市の市街地が近づいて来ましたよ♪
まずは、大きなカシマサッカースタジアムがお出迎え!o(^-^)
間近に見る巨大建造物に圧倒されました!



そして、常陸国一之宮、鹿島神宮に到着です~(*^-')ノ
公式ページ:http://kashimajingu.jp/



さっそく楼門をくぐって、お詣りしましょう♪



こちらが、鹿島神宮の拝殿です。
派手な色彩や装飾はないのですが、威厳と風格のある建物ですね。



そして、拝殿に向かい合うようにして建てられているのが、宝物館。
こちらには、日本最古にして最大の、国宝の直刀など、
多数のお宝が展示されているので、見るのを楽しみに来たのですが・・・



なんと、お目当ての国宝は、他の展覧会に出張中(?)で、見られず!
ん~!残念でした~!(; ̄_ ̄)=3



気を取り直して、境内の散策を続けましょう!o(^-^)
鬱蒼とした御神域の森は、ヒンヤリとした空気に包まれていましたよ♪



こちらは、国歌「君が代」にも謳われている「さざれ石」です。

石灰石が長い年月の風化で溶けて流れた所に、
他の岩石がくっついて大きく成長し、
やがて「巌(いわお)」と呼ばれる大岩にになる・・・
そんな永きにわたるまで、あなたの(平和な)時代が続きますように。

「君が代」の歌詞には、そのような願いが込められていると、
解説板に書かれていました。



さらに境内を進むと、やがて奥宮の前に出ます。
苔むした屋根が、良い感じですね~(*^_^*)



さて、ここまで来たのだからと、有名な「要石」を見に行くことに!(^_^)v
参道の途中には、比較的新しめのオブジェがありました。
タケミカヅチの大神が、地震(ナマズ)を押さえ込んでるイメージでしょうか?
なかなか凜々しくて、カッコいいですね!



程なくして、要石の前に到着しました。
どれどれ・・・?



え?このチョコン!と出てるのが、要石!?
ん~。。。伝説ってすごい!としか言いようがない?σ(^◇^;)。。。



要石を拝観したあとは、急坂を下って「御手洗(みたらし)池」へ。
昔はここで、禊ぎを済ませてから参拝したんだそうですね。
横から張り出した巨木が、聖なる池の上を舞う龍のようにも見えました♪

さて、鹿島神宮の散策を終えて、まだお宿に行くには時間があるので、
ちょっとだけ街歩きをして楽しむことにしました。



これは、鹿島アントラーズが、
Jリーグが発足して最初のチャンピオンになった、記念のオブジェだとか。
チームの名前が、確かに歴史に刻まれたと、誇らしげに記されていました。



そこからさらに、鹿島神宮駅方向へ坂を下った所には、
鹿嶋市が誇るもう一人の偉人、剣聖「塚原卜伝」の銅像がありました。



塚原卜伝は、鹿島新当流の開祖で、生涯無敗と言われた剣の達人。
数年前にNHKのBS時代劇で、堺雅人の主演でドラマ化されたので、
お好きな方はそちらをご覧くださいね~(*‘‐^)-☆

で、その後は何となく海が見たくなったので、
神栖市の臨海工業団地へ向かいました!



全然予備知識もなく、地図を眺めながら適当に行ったのですが、
これがまぁ、大当たりでしたね~!o(^O^)

上の写真は、あとで調べて知ったのですが、
「ウインドパワー・かみす」という、日本初の洋上風力発電施設だそうで、
岸壁にズラッと並ぶ大型の風車は、まさに圧巻の風景でしたよ~!

公式ページ:http://www.komatsuzaki.co.jp/windpower/kamisu1.php



で、この写真は、そのすぐ近くの「日川浜海水浴場」にて。
遠くに見えてる、別の風力発電施設が絵になるな~!と思って、
記念撮影をして楽しみました(*^_^*)

~ つづく ~

-----

↓↓他のビッグスクーターのオーナーさんの日記も、お楽しみ下さいませ♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2016年1月17日 (日)

セローでお散歩 東武鉄道の廃線跡を訪ねる

2016年1月17日(日)、晴れのち曇り。

今回は、少し前に買った本を読んでいて、初めてその存在を知った、
「東武鉄道・熊谷線(妻沼線)」の廃線跡を訪ねるツーリングです♪



東武熊谷線は、JR熊谷駅から妻沼までの10.1kmを結んでいた路線で、
1983(昭和58)年に惜しまれつつ、廃線となりました。
当時の沿線は、今は遊歩道や公園、道路などに転用されているので、
その痕跡を辿ってみましょう~o(^-^)



まずやってきたのは、JRの熊谷駅です。
上越&長野・北陸新幹線と、高崎線、さらには秩父鉄道も乗り入れる、
埼玉県北部最大の駅ですね!

駅前から、線路に沿って深谷方面に進み、廃線跡を探します。



駅を出て2つめの踏切で、使われていない線路を発見しましたよ♪
写真の奥が熊谷駅の方向で、
線路は左から、JR高崎線の上り(東京行き)、下り(高崎行き)、
東武熊谷線の廃線路、秩父鉄道と並んでいます。



写真を撮っていたら、秩父鉄道のラッピング電車がやってきました!
三峰口行きなので、日本の神話がモチーフのデザインですかね?o(^-^)



電車が通過して、踏切が開いたところで、
一つ前の写真の逆方向の風景を撮影しました。
電車が止まっている場所は、秩父鉄道の上熊谷駅。
廃止された東武熊谷線の線路だけが、道路に埋められてしまっていますね。



上熊谷駅から、少し深谷方面に進んだ所で、
JRと秩父鉄道が分かれる場所にさしかかります。
東武熊谷線は、もう少しだけ、秩父鉄道と並んで進んでいました。



その後、東武の線路跡は、グッと大きく右にカーブして、
熊谷市の北にある、旧・妻沼町方面を目指すのですが・・・
当時の線路が撤去された跡は、
今は遊歩道(通称・カメの道)や公園として整備されているのでした。



当時の妻沼線を走っていた列車は「カメ号」として親しまれていたようで、
公園には、そんな列車を模した休憩所も置かれていましたよ~(*^_^*)



熊谷の市街地を抜け出た「カメ号は」、
田園風景の中を、のんびり走っていたようですね。
この道路は、当時の線路跡に作られた道。
まっすぐに北を目指しています!



そして辿り着いたのが、終点・妻沼駅跡の付近です。
少し手前にある妻沼高校が目印の場所ですが、
大きなイブキの木が、乗降客を出迎えてくれていたそうです。



ちょっとした盛り土と、広い空き地が、
ここに駅があった名残のようですね。



さて、そんな妻沼線を走っていた、当時の気動車が、
近くの施設に保存されているというので、訪ねてみました。

妻沼図書館と、中央公民館が併設されている場所に行ってみると・・・?



クリーム色のかわいらしいディーゼルカーが、保存されていました。



1954(昭和29)年に、3両だけ制作されたという、東武鉄道キハ2000。
もう二度と走ることはないのでしょうが、
こんな車体が、のんびりと北関東の田んぼの中を走る・・・
できることなら、見てみたい風景ですな~!(*^_^*)



さて、その後は、せっかく妻沼まで来たのだから、ということで、
聖天山歓喜院(しょうでんざん・かんぎいん)にお詣りしてきましたよ♪

公式ページ:http://www.ksky.ne.jp/~shouden/

こちらのお寺さんは、見事な彫刻で彩られた本殿が、
国宝に指定されているとの事でしたが、
拝観料が700円!もしたので、今回はパス!(爆)

・・・にしても、つい最近まで国宝が一つも無かったグンマ県からすれば、
こんな身近に国宝の建物があるなんて、羨ましい限りですな!(笑)



参拝を終えたところで、ちょうど良い時間になったので、
聖天院の境内にあるお店で、お昼をいただきました♪

和食ダイニング あか石
食べログのリンクはこちら:
http://tabelog.com/saitama/A1105/A110501/11034755/



注文したのは、「聖天寿しと、お蕎麦のセット」(税込み1000円)です。
この中の、おしぼりくらいの太さ・長さがある「いなり寿司」が、
地元の名物「聖天寿し」とのことでした(まったく知らなかった!w)

「あか石」さんのお隣の製造元から、
数量限定で分けてもらっているそうですよ~!o(^-^)

(ちなみに製造元のお店には、すでに「売り切れ」の札が・・・^-^;)

食べログのリンクはこちら:聖天寿し
http://tabelog.com/saitama/A1105/A110501/11020723/

そんなわけで、今回も近場のツーリングでしたが、
かなり内容の濃い道中となりました~!v(`∀´v)

-----

↓↓他のビッグスクーターのオーナーさんの日記も、お楽しみ下さいませ♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2015年12月 4日 (金)

阿賀町のショウキ様&磐越西線で撮りテツ♪

なかなか、ゆっくり日記を書いてる時間も無いまま・・・
気が付けばすでにもう、10日ほど前のツーレポになります(^-^;)

2015年11月23日(月・祝)。

この日は、新発田のビジネスホテルをあとにして、
国道49号方面から、磐越道~東北道で、グンマに帰るルートを選択。
途中で気になった所を、のんびりと散策するツーリングとなりました♪



新発田市内から、国道290号~49号と走り繋いで、
最初の休憩ポイントは、道の駅「阿賀の里」です。



こちらは、阿賀野川のライン下り観光の基地にもなっているようですね。

ところで、なぜここに立ち寄ったかというと、
ちょっと変わったワラ人形があるらしい、という情報を、
つかんだからなのですが・・・v(`∀´v)



駐車場の片隅に、小さなお堂があったので、覗いてみると・・・?



出ました!こちらが阿賀町に伝わる守り神、「ショウキ様」です!
ご立派なブツが、威厳を示していらっしゃいますね~!\(≧▽≦)丿

ショウキ祭りは、五穀豊穣や無病息災を願って大きなワラ人形を祀る、
この地区の伝統行事なのだとか。

「鍾馗」または「正鬼」とも表記されるこの道祖神は、
阿賀野川の流域である、東蒲原郡阿賀町の5つの集落に伝承され、
地域の守り神として、大切に受け継がれてきているそうです。

*5つの集落:
平瀬(びょうぜ)、夏渡戸(なつわど)、武須沢入(ぶすぞうり)、
大牧(おおまき)、熊渡(くまわたり)

これはなんとしても、5つのショウキ様を探し出して、
訪ねてみたいモノですな~!
来春以降の宿題とさせていただきます。。。( ̄▽ ̄)ニヤ



さて、その後は国道49号を、会津方面に向けて快調に飛ばしていると、
「日本一の巨木」なる看板を発見!
これは気になりますね~!(^_^)v



案内板に従って、少し山道を登っていくと、
程なく立派な杉林の入口に辿り着きました。



いや~!これはデカい!!
推定樹齢1400年とも言われる、大迫力の「将軍杉」です!(*^_^*)



ちょうど、記念撮影をしている、他のお客さんがいたのですが、
この巨木の根元の太さが、おわかりになるでしょうか??
なんだか、すごいパワーをもらえた気持ちになりました!o(^-^)



その後は、ゆったりとした阿賀野川の眺めを愛でつつ、
のんびりとツーリングを楽しみます。



で、この辺りは阿賀野川に沿うように、磐越西線も走っているので、
良さげな撮影ポイントを探して、撮りテツのまねごともしてみましたよ♪



こちらは、関東ではほとんど見かけることもなくなった、キハ40です。
そして・・・



続いてやってきたのは、C57が牽引する「SLばんえつ物語号」!

もうちょっと時季が早ければ、紅葉とのコラボが最高だったでしょうが、
大迫力のSLの走行シーンに出会えて、大満足の旅になりました(^_^)v

↓↓他のビッグスクーターのオーナーさんの日記も、お楽しみ下さいませ♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2015年9月22日 (火)

バイクで駅巡り 篠ノ井線・姨捨駅

2015年9月20日(日)。

この日は「日本三大車窓」の一つに挙げられ、
駅からの眺めがとても良いことで知られている、
篠ノ井線の姨捨駅まで遊びに行きましたo(^-^)



まずは、上信越道の下仁田インターまで走り、
そこからは国道254号で長野方面に向かいました。
なぜこのルートにしたかというと・・・?



内山峠から佐久市内までの道の両側には、
この時期たくさんのコスモスが咲いてて、キレイなんですよね~♪



「コスモス祭り」が開催されているのを脇に見ながら、
風が爽やかな信州路を進みました。

佐久市~上田市と進んで、その後は県道12号「丸子信州新線」で、
青木村の方へ向かったのですが・・・



なにやら、気になる看板が!(・_・)エッ......?



これは・・・県道というより、巷に聞く「険道」ってヤツでしょうか??(^-^;)



延々と、クルマ一台分の幅しかないクネクネ道が続きます。
ツーリングマップルでは、オススメを表す紫色の道なのですが、
ここはちょっと、無理があるんじゃないかな~?σ(^◇^;)。。。

でもまぁ極端に狭かったのは、国道254~青木村までの区間だけで、
青木村(国道143号)~麻績までの区間は、かなりの快走路でしたよ♪



そんなわけで、麻績から聖高原を走り抜けて、姨捨駅に到着です(^_^)v



さっそく、記念の入場券を買って、駅の中に入ってみましょう♪



じゃーん!いかがでしょうか??
秋晴れの空、ゆるやかに蛇行する千曲川、黄金に輝く田んぼ・・・
ん~、素晴らしきかな、この眺め!\(≧▽≦)丿

*ちなみに、写真の奥の方が善光寺平(長野市)の方向です。



この日はボクの他にも、たくさんの方が景色を楽しみに来ていました。

さて、そうこうしているウチに、電車がやってくる時間になりましたよ~。
実はここ姨捨は、今では数少なくなった現役のスイッチバック駅。
とても面白い、列車交換の風景が見られたのです!(*^-')ノ



まずは本線を、松本方面行きの列車が進んで来ました。



すると、向こうからは長野方面行きの列車が来ちゃいましたよ!?
このままじゃ正面衝突するんじゃないの・・・?とちょっとドキドキ(笑)



でもまさか、そんな事故が起こるはずもなく(^-^;)、
松本方面の列車が待避線に入ると同時に、
長野方面の列車がホームに入ってくるのでした。



で、続けて待避線に逃げてた列車がホームに入ってくるのですが、
これ、運転台に誰もいないのが、わかります??

写真の奥の方に、ちょこんと運転士さんの頭が見えてると思いますが、
電車をバックさせちゃってるんですよ!驚きです!v(`∀´v)



無事に、2本の列車が駅に到着~o(^-^)
そして、時間が来れば出発・・・となるわけですが、
今度もやっぱりバック運転です(笑)



運転台には、熱心な鉄ちゃんが陣取っちゃってますけど・・・?v(`∀´v)



通り過ぎた列車を見れば、運転士さんが身を乗り出してバック運転!
なんだか、あり得ない光景の連続で、興奮気味のボクでした(爆)



そして一度、待避線で時間待ちをして、長野方面行きが出発。



25パーミル(1キロ進むと25mの高低差)の急勾配を駆け下りていきます。



わずかに進んだだけで、もうこれだけの高低差があるんですから、
いかにこの区間の勾配がキツいかが、解りますね~。



そして、松本方面の列車の走り去って、
駅には静けさが戻ってくるのでした。

そんなわけで久々に、
たっぷり「テツ分」が補給できたツーリングになりました、とさ!(*^-')ノ

↓↓よろしければ、ポチッとお願いします♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2015年7月22日 (水)

奥会津&只見川 鉄橋巡りの旅

去る7月19日・20日の連休は、
ほぼ一年ぶりのお泊まりツーリングに出かけて来ましたよ~o(^-^)



注文してから4ヶ月(!)で、やっと届いたトップケースを乗せて、
ようやく、TMAXのフル装備をお披露目です!(^_^)v

そんなわけで、真夏の日差しを浴びながら奥会津方面を目指しますよ~。



会津西街道を北上する道中で見かける、
「団子三兄弟」状態wの、この国道の案内板(通称:おにぎり)は、
「国道マニア」な方々には、わりと知られたモノのようですねv(`∀´v)



奥会津ののんびりとした風景を楽しみながら、
会津田島から、国道400号にて会津川口までショートカット!o(^-^)



山また山!のルートを進んで、やっと只見川のほとりに出ました♪
ゆったりとした川の流れと、険しい山並みの対比に圧倒されます(*^_^*)



ちょうどお昼のいい時間だったので、
道の駅「奥会津かねやま」で、お昼ごはん&小休止をしました。

ここからはいよいよ、只見線の鉄橋巡りが始まります!(*^-')ノ



まずは、金山の道の駅を出て、すぐ近くの「第四只見川橋梁」から。



奥会津の大きな山並みを背に、曲弦ワーレントラス橋が映えますね♪
(会津水沼-会津中川)



続いての立ち寄りスポットは、「秘境駅」としても知られる、早戸駅です。



周囲には民家は一軒もなく、
なぜここに駅があるのか?と聞きたくなる、不思議な駅。



目の前に広がる、只見川のゆったりとした眺めに癒やされました(笑)



さてさて、続いては「第三只見川橋梁」です。
この橋は、只見線に併走する国道252号の、
スノーシェッドの柱の隙間から見下ろす形で、ようやくお目にかかれます。
通り過ぎるクルマの、
「こんな所で、オッサンが何してるの?」という視線がイタかった・・・(爆)
(会津宮下-早戸)



で、お次は「第二只見川橋梁」。
会津宮下駅の対岸からよく見えるこの橋は、補修作業中でした。
ちょっと残念?(^-^;)
(会津西方-会津宮下)

ところで、この会津宮下駅の近くには、全国的にも珍しい場所があるんです!



それが、この「アーチ三橋(兄)弟」!
なんでも、三つのアーチ橋が一つのファインダーに収まる場所は、
全国的にもココだけしかないんだとか!?v(`∀´v)



写真上の橋から、国道252号、只見線、県道237号です。
ちゃんとビューポイントの整備もされてて、
宮下地区としてはイチ押し?の、観光スポットのようですよ~(*^-')ノ



さて!次はいよいよ、只見線の鉄橋の大本命!
第一只見川橋梁です~!\(≧▽≦)丿
数々のポスターやCMにも登場した、超!有名撮影ポイントですね♪
(会津桧原-会津西方)



2時間に1本、来るか来ないかの只見線の列車を待って、
お気に入りの一枚が撮れましたよ~!(*^_^*)



只見線と鉄橋の風景を堪能したあとは、場所を移動して、
お次は磐越西線の一ノ戸川橋梁です。
(磐越西線 喜多方-山都)



一ノ戸川橋梁は、太い梁と細い梁が織りなす、
独特の形状が美しい、バルチモアトラス橋。
その前後に続く合計15連の橋桁は、圧倒的な迫力ですね!o(^O^)



ココでは、「SLばんえつ物語号」を待ち構えて撮影したのですが。
この時間帯の列車は、山都駅に向けて減速中なので、
ほとんど煙が出ていないという・・・σ(^◇^;)。。。

まぁでも、大きな鉄橋をゆっくりと渡る蒸気機関車を堪能できたので、
ヨシ!としましょうか~!(^_^)v



そんなわけで、一日「撮りテツ」をして楽しんだあとは、
喜多方の田園風景を眺めながら、本日のお宿へと向かったのでした♪

(二日目へと続く~!o(^-^))

↓↓よろしければ、ポチッとお願いします♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村