2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

おすすめリスト

無料ブログはココログ

ツーリング日誌

2017年11月18日 (土)

晩秋のみちのく一人旅・最終回~笹川流れで撮りテツを♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2017年11月5日(日)、晴れ時々雨。

3連休を利用して、ぐるっと東北地方を一回りしてきた旅も、この日が最終日!

宿泊した酒田市のビジネスホテルを出発して、
日本海に沿って南下しながらグンマまで帰るルートです♪

・・・と、その前に、前日(11月4日)に一度、前を通ったものの、
日が暮れてしまって寄れなかった、とある場所をチェック!

女鹿駅入り口2

酒田から、国道7号線を秋田方面へ25kmほど戻ったこの場所にあるのは・・・??

女鹿駅入り口1

はい!羽越本線の「女鹿(めが)駅」で~す(*^-^)
・・・って、入り口にはこんな小さな看板しかありませんから、見落とし注意ですよ!(笑)

女鹿駅には2013年の5月以来の、2度目の訪問になります。

前回来た時は、ちょうど特急「いなほ」と、貨物列車の行き違いの場面に出くわして、
「信号場」としての重要な役割を果たす、小さな駅の姿に感動した、
思い出の場所なんですよね~。

その時作成した動画は、こちら:

実は今回、この駅をもう一度訪ねてみようと思ったのは、
少し前に、駅舎が新しく建て替えられたという情報をキャッチしたからなんです!

女鹿駅(2013年)1

(↑2013年5月撮影)

古びたコンクリート製の駅舎は・・・

女鹿駅(2017年)1

(↑2017年11月撮影)

少しサイズは小さくなったものの、キレイなプレハブの駅舎になってました!o(*^▽^*)o

女鹿駅(2013年)2

ところどころ天井がはがれ落ち、湿った空気がこもっていた室内も・・・

女鹿駅(2017年)3

すっかりキレイにリニューアル! (*^ー゚)bグッジョブ!!

とはいえ、この駅に停まる列車の少なさは、相変わらずのようですね~(^-^;)

女鹿駅(2017年)2

駅舎は新しくなりましたが、ここを訪れた人が好きなように書き込める「駅ノート」は、
しっかり引き継がれていましたよ♪

前回来た時に書いた自分のコメントも、ちゃんとノートが残っていて嬉しかったですね~!

その時の日付を見たら、2013年の5月5日で、今回が2017年の11月5日。
つまり、きっちり4年半ぶり!これも何かのご縁なのでしょうか??(o^-^o)

もちろん、今回も少しですがメッセージを書き込んでおきました♪
たいしたことは書いてませんが、気になる方はぜひ現地に行って探してくださいね(笑)

女鹿駅(2017年)4

ホームに出て、しばし佇むも・・・残念ながら今回は、通過する列車の姿は見られず。

さ、次の目的地に向けて出発です!(*゚▽゚)ノ

勝木駅付近にて

国道7号線で鼠ヶ関あたりまで来たところで、国道345号「笹川流れ」へと進みます。

奇岩・名勝の続く海岸線と平行して、国道と羽越本線も走っているので、
時刻表とにらめっこしながら、景色の良い場所を探して列車の撮影などを楽しみます♪

板貝地区のご神体1

そんななか、「板貝」という地区にさしかかったところで、
なにやら怪しげなご神体を発見!!ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

板貝地区のご神体3

このご神体は「さいの神」(幸神の意味?)と言うんですか~。

今まで、ツーリングやドライブなどで、笹川流れにはかれこれ4回ほど来てますが、
このブツには今回初めて気がつきましたね・・・(^-^;)

近頃、この手のネタ探しのツーばかりやってて、「センサー」の感度が上がってる?ww

板貝地区のご神体2

こういうのは、五穀豊穣を願う農村だけのモノかと思っていましたが、
漁村にもあるとはね~!∑(=゚ω゚=;)

いやはや、かつての日本の民俗や風習は、なかなかに奥が深い!
驚きの発見でした~(・∀・)イイ!

桑川駅にて1

そしてたどり着いた、 羽越本線の桑川駅(道の駅「笹川流れ」が併設された駅)では、
快速「きらきらうえつ」と、貨物列車の待ち合わせ風景に遭遇♪

快速きらきらうえつ

今回の旅は、天気にこそ恵まれませんでしたが(^-^;)、
こうして鉄道関連のネタには、まぁまぁ良い出会いもあったかな?という印象ですね♪

晩秋の笹川流れ

そんなわけで、2017年11月3日~5日にかけての旅のレポートは、これにて終了!

前乗りした11月2日の分も含めると、トータルで1460kmの充実した旅でしたo(*^▽^*)o

-----

↓↓他のビッグスクーター乗りの皆さんのブログも、お楽しみ下さい♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2017年11月 8日 (水)

晩秋のみちのく一人旅・その1~尾去沢鉱山を訪ねる

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

♪~ここでいっしょに 死ねたらいいと すがる涙のいじらしさ

 その場しのぎの なぐさめ云って みちのく一人旅~♪ by 山本譲二

「みちのく一人旅」というと、この歌しか思い浮かばない、
昭和世代のアルカリ乾電池です(笑)

今回から、数回にわたってお送りするお出かけレポートは、
2017年11月3日~5日にかけて行ってきた、東北6県・周遊の旅の様子ですよ~(^-^)b

(とはいえ、冒頭の歌のような悲壮感の漂う旅ではないので、ご安心をw)

ちなみに、この3連休は、日本海側はかなりの悪天候が予想されていたので、
残念ながらバイクではなく、クルマでの旅となってしまったことをお断りしておきます。
m(__)m

東北道 鹿角八幡平インター

さて、まずは行楽シーズンの3連休ってことで、
関東周辺の高速道路は大渋滞が予想されたので・・・

実を言うと、11月2日(木)のうちにグンマから200kmほど移動しておきまして、
福島県の郡山市から今回の旅がスタート♪

途中、事故による通行止めで、高速道路を強制的に下ろされて迂回するなど、
大幅なタイムロスはありましたが・・・(^-^;)

関東から600kmの彼方、鹿角八幡平インターに無事に到着~!

まずは最初の目的地、「尾去沢(おさりざわ)鉱山」へと向かいました♪

史跡 尾去沢鉱山
公式ページ:http://www.osarizawa.jp/

尾去沢鉱山 大煙突

インターを降りて、かつて鉱山があったエリアへ向けて山を登り始めると、
まず目に飛び込んできたのは、この大煙突です!

尾去沢鉱山 大煙突と選鉱場

このエリアには、昔の精錬所や選鉱場跡の建物が、
今もそのまま残されているようですね~。

尾去沢鉱山 選鉱場跡

山肌に残された、かつての鉱山施設。
まさに自然の中に埋もれようとしている姿が、もの悲しい雰囲気でした。

尾去沢鉱山 石切沢通洞抗

さて、この尾去沢鉱山の残された坑道や施設ですが、
今は当時の姿を知るための「観光坑道」として、一般に開放されているのですよ~♪

尾去沢鉱山 坑道内部2

・・・ということで、さっそく坑道内部に入ってみましょう!(^-^)b

坑道の床面は、コンクリートで舗装されていてとても歩きやすいですが、
当時、鉱石の輸送に使われていたトロッコのレールも一緒に埋められているので、
それが「これは本物の坑道です」という、確かな証拠になっています。

尾去沢鉱山 坑道内部1

入り口を入ってわりとすぐの場所に、こんな展示が!
青緑っぽい筋が、鉱脈って事なんでしょうか??
シロウトの目にはよく解らないというか・・・何か印でもあれば良かったかな?(^-^;)

尾去沢鉱山 坑道内部5

坑道の中を進んでいくと、ところどころで広い空間ができています。
自動で流れている音声解説では、「グランド・マイン・キャニオン」なんて呼んでて、
なかなか上手い表現だな~なんて、感心してみたり(*^-^*)

尾去沢鉱山 坑道内部4

で、こちらが、尾去沢鉱山のもっとも特徴的な採掘跡の様子です。

「シュリンケージ採掘法」という掘りかただそうで、
上へ、上へとひたすら掘り進んでいった跡なんですよ~!すごい!(@_@;)

尾去沢鉱山 坑道内部3

近くにあった解説版によると・・・

シュリンケージ採掘法ではまず、鉱脈に対して水平方向に2mの幅で掘り進み、
そこから上に向かって採掘を進めていきます。

で、下に落ちた鉱石の上に乗って、さらに上へと掘り進め、
最終的に、さらに上部にある坑道の床となる部分を残すところまで掘ったら終了。

尾去沢鉱山 坑道内部12

↑こんな風に、まず横に向かって掘った坑道の上に足場を組んで、
その下にトロッコを待機させ、上に向かって採掘するんですね。

最終的に、取り崩した鉱石は、下から順にトロッコに乗せて運べば良いんですから、
とても合理的な作業だったことがうかがえます。

これは、尾去沢鉱山の鉱脈が、上下方向に伸びているという地質と、
比較的岩盤が固くて、安定しているという特徴があることでできる工法だそうですよ。

尾去沢鉱山 坑道内部10

ちなみに↑こちらが、当時の坑道内部で活躍していたトロッコ機関車です。

ご覧の通り、天井に沿って張られた電線から電気をもらって走る、
トロリー方式の機関車が使われていたのですね~。

尾去沢鉱山 坑道内部7

さて、坑道の内部を進んでいくと、当時の働く方々の様子がよくわかるエリアに到着♪

たくさんのマネキン人形で、かなりリアルにかつての賑わいが再現されていましたよ~。

尾去沢鉱山 坑道内部9

地中深くの坑道で、ひとりぼっちでマネキンたちを眺めていると、
なんだか・・・今にも動き出しそうで、ちょっとコワイ?(笑)

尾去沢鉱山 坑道内部8

それに、所々に掲げられた、安全意識向上のための「標語」が、
リアルというか、生々しいというか・・・(本物の坑道ですから、リアルなのは当たり前?w)

尾去沢鉱山 坑道内部11

こちらは、坑道の上下を移動するための、立坑エレベータの模型ですが。

ここの標語は、「やめなさい 手順無視してまた作業 いつか地獄へ 直滑降」!

個人的には、ストレートに胸に刺さってくる、いい標語だな~と・・・w

つまりは、こうして常に安全意識を高く持っていなければならないほど、
いつも危険と隣り合わせの職場だった、ということなのでしょうね~(^-^;)

そんなわけで、時間の都合でもう少しゆっくりしたかったな~、という思いはありますが、
たくさんの貴重な当時の資料や写真なども見られて、
とても思い出深い鉱山体験となったのでしたo(*^▽^*)o

-----

↓↓他のビッグスクーター乗りの皆さんのブログも、お楽しみ下さい♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2017年10月14日 (土)

TMAXオイル交換~上野村プチツーでまさかの!?

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2017年10月8日(日)、晴れのち曇り。

この日は、ちょうどTMAXのオイル交換の時期となったので、
朝からピット作業の予約を入れておいた、ライコランド伊勢崎店さんへ行きました♪

ライコランド伊勢崎店

いつも、迅速・ていねいな作業をしてもらって、感謝してます。

で、作業を待ってる間に、ハーレー乗りの友人・Tくんが合流!(*^-^)

友人T

なんと彼は最近、このハーレーを車検に出すためにディーラーまで乗った以外は、
ちゃんとした?ツーリングには数ヶ月出かけてない、とのこと!(もったいないなぁ・^-^;)

そんなわけで、ボクのTMAXの作業が終わったところで、
Tくんのリハビリ(笑)もかねて、昼飯でも食べに行こう!という話しになったのでした♪

ライコランドを出て、玉村のスマートインターから高速に乗り、まずは下仁田まで。

そこから、南牧村~上野村へと向かい、お目当ての「福寿庵」さんには、
13時の少し前に無事に到着しましたよ~!

・・・しかし。

福寿庵、本日は完売!
福寿庵、本日は完売! posted by (C)アルカリ乾電池

ええっ!まさかの売り切れですか!!
まだそんなに遅い時間ってわけじゃ、ないですけど~?? Σ(゚д゚;)ウソォ!

ん~、せっかくここまで来たのに・・・と、ガックリしつつ・・・

まぁ、なくなっちゃったモノは仕方ないからね~と、気を取り直して、
福寿庵の向かいにある、道の駅「うえの」で食事することにしました。

・・・しかし。

道の駅うえの

なに~~!?こっちは臨時休業かよっっっ!!! ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

ここで、ちょっとした推理ですが。

まぁおそらく、道の駅の食堂が臨時休業になったことで、
食事ができなかったお客さん達が、みんな福寿庵の方へ流れたのでしょうね。

それで、福寿庵のほうも早々に売り切れてしまった、ということ?(^-^;)

・・・なぁんて、T君と二人して、妙に納得できたのは良いのですが、
完全に「昼メシ難民」となってしまったことに、変わりはないわけで・・・(ノ_-。)グスン

で、とりあえず協議の結果、国道を地元の方へと戻りながら、
次に出てくる道の駅「万葉の里」で何か食べよう、ということに。

道の駅・万葉の里

上野村からはさほど遠くないので、すぐに到着~!
こちらの食堂は、無事に営業してましたよ(笑)

手打ちざる蕎麦セット
手打ちざる蕎麦セット posted by (C)アルカリ乾電池

今回ボクがいただいたのは、手打ちざる蕎麦のセット♪

付け合わせの小皿に入ってるのが、ポテトサラダかと思って口に入れたら、
まさかのわさび漬けでビックリ!のトラブル?はありましたが(笑)、
かえってご飯が美味しく食べられて、良かったですo(^-^)

今回は、ちょっと想定外の出来事で予定変更もありましたが、
楽しく走れたプチツーでした!

-----

↓↓他のビッグスクーター乗りの皆さんのブログも、お楽しみ下さい♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2017年9月29日 (金)

秋の気配の志賀草津道路でソロツー!

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2017年9月24日(日)、晴れ!

この日は一人でのんびりと、我が地元・グンマが誇る絶景道である、
志賀草津道路&万座ハイウェーへと、お出かけしてきました♪



朝8時30分過ぎに伊勢崎を出発して、渋川まで高速道路を使い、
まず最初の休憩ポイントは、おなじみの道の駅「おのこ」にて。

バイクを停める位置も、いつもとだいたい同じです(笑)
(この駐車位置はちょうど歩道の切れ目で、再出発がしやすいのです)



そこから小一時間ほど走って、次の休憩は草津の道の駅。
この日も、たくさんのバイク、クルマで賑わってました。



この場所の標高は1200mくらいだったかな?
ここで気温が19℃ほどってことは、
この先の一気に標高を上げる山岳路では、冷え込みが予想されます。
ジャケットの下に1枚着込んで、出発ですよ~!o(^-^)



つづら折りの山道を、車列に続いてのんびり登って行きます。
途中の見晴らしの良い展望台で、パシャリ♪

いくらか色づいた木も見えますが、
そもそもこのルートは、上は標高が高すぎて木がなくなってしまうので、
残念ながら紅葉を楽しむルートじゃありません(笑)



こちらは草津白根山のところにある、湿原の様子です。
火口への入山制限が解除され、駐車場が使えるようになったので、
この湿原にも、散策を楽しむ人の姿が戻ってきていました。



さらに標高を上げて、これは山田峠付近から見た、長野方面の景色。
険しい山並みの向こう側に、白い筋のように志賀草津道路が見えます。
個人的には、けっこう好きな景色です(*^_^*)



そしてようやく、日本国道最高地点の石碑に到着~!(^_^)v
でも少し雲が上がってきちゃってて、天気が悪くなりそうだったので、
1枚だけ写真を撮ってすぐ退散しました(笑)



その後は来た道を戻って、万座温泉から万座ハイウェーへ入ります。
下り始めて少し行った場所に、「弦ヶ池(ゆみがいけ)」という
小さな湿地があるのですが、ここも結構、静かで好きな場所です。

本格的な紅葉のシーズンは、まだもう少し先のようでした。



万座ハイウェーを一気に駆け下りたあとは、
万座・鹿沢口駅の目の前にある、「てんぐ食堂」さんでお昼ごはん♪
こちら方面に来た時にはいつも寄る、定番のお店となりつつありますw

食べログの記事はこちら:
https://tabelog.com/gunma/A1004/A100402/10001961/



で、注文したのも、いつもの「味噌煮込みうどん定食」です。
味噌煮込みうどん、モツ煮、お芋の煮っ転がし、サラダに、
半ライスと漬け物が付いて1000円ちょうど!

お味も食べ応えも、お値段も大満足の逸品です!(*^-')ノ



ところで、てんぐ食堂さんには、野菜の直売コーナーもあるんですよ♪
さすがは高原野菜のメッカ、嬬恋エリアですからね~。
見事な出来映えのキャベツや白菜が、大量に大安売り中!v(`∀´v)

トップケース付きのTMAXなら、2~3個は余裕で積めますが・・・
一人暮らしじゃ使い切れない量になるので、止めておきました(笑)



その後は二度上峠を経由して、高崎市内を抜けて帰路へ。
秋の気配を感じながらの、250kmほどのツーリングを楽しみました♪

-----

↓↓他のビッグスクーター乗りの皆さんのブログも、お楽しみ下さい♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2017年8月28日 (月)

久々のバイク起動!ビーナスラインでソロツー♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2017年8月27日(日)、曇り。

最近やっと仕事の繁忙期もピークを過ぎて、
ようやく体力的&精神的に、余裕を持てるようになり・・・

約1ヶ月ぶりにバイクを引っ張り出し、ひとっ走りしてきましたよ~!(^-^)b

3200_2
と、その前に、まずは空気圧のチェックから。
なにしろ、前回は8月6日に乗って以来ですからね~。

そしたらフロントは0.3キロ、リアは0.5キロも減ってました。
あぶない、あぶない!(^-^;)

・・・ということで、いざ出発です~♪

玉村のスマートインターから関越道に乗り、藤岡JCTで上信越道へ。

この日のグンマはずっと曇り空だったようですが、
八風山トンネル(グンマ/長野の県境)を抜けて佐久のパーキングに着いたら・・・?

3203

なんと!素晴らしく良い天気じゃないですか~!(v^ー゜)ヤッタネ!!

気分よくそのまま高速道路を走り、東部湯の丸インター~丸子町~武石村~と、
いつもの「裏口からビーナス(勝手に命名w)」のルートを進みます。

3204
武石村(現・上田市武石)のビジターセンターで小休止。
気温はこのあたりで22℃ほど。

山の上のほうを見渡すと、残念ながら雲が出てきてしまいましたね~。
こりゃぁ・・・美ヶ原は霧の中で、ナニも見えないパターンか??(^-^;)

でもまぁ、ビーナスラインを楽しく走れればそれで良し!ってことで、
クネクネ道を一気に美ヶ原まで登りますよ~!

そしたら・・・?

0010
なんと、美ヶ原の道の駅は、雲の上に出ちゃってました!o(*^▽^*)oスバラシイ!

いやぁ、普段は「雨男」を自認してるボクですが、
ビーナスラインに来る時は、天気が大当たり!ってことが多い♪

この日も、素晴らしい雲海を眺められて大満足!来てよかった~!(・∀・)イイ!

0008
道の駅の駐車場では、「黄色いクルマ」のミーティング?もやってたのですが(笑)、
背景の雲海の見事さが、うまく伝わりますかね~??

3208
さて、その後はビーナスラインの絶景を楽しみながら、のんびりペースで走ります。

午前中は、ふもとから美ヶ原へと登っていくクルマやバイクは多いのですが、
ボクのように下る車両はまだ少ないので、いつもこのルートでビーナスを走るんですよ♪

途中、霧ヶ峰の売店で小休止などしつつ・・・

0018
車山あたりでは、風景写真など撮って楽しみましたよ~(*^-^)

3212
さてさて、この日のお昼は、白樺湖を過ぎてすぐの左手にある、
「たばた茶屋」さんでいただきました。

ちょうどボクが入った時は、店内には他に1組しかお客さんがいませんでしたが、
その後に大家族連れなどが来店して、あっという間に満席に!

う~ん、タイミングが良かった~!( ´艸`)プププ

3213
で、注文したのは「田舎そば定食」です。

天ぷらがのったお蕎麦と、かやくご飯、漬け物などのセットで、1600円なり!
観光地価格でちょっとお高かったですが(^-^;)、美味しかったのでまた寄りたいです♪

そんなわけで、久々に楽しんだ350kmの日帰りツーリング!

これから先はどんどん陽気も良くなるので、
夏場に走れなかった分まで、あちこち出かけたいですね~(*゚▽゚)ノ

-----

↓↓他のビッグスクーター乗りの皆さんのブログも、お楽しみ下さい♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2017年5月24日 (水)

田子倉周遊ツーリング!

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2017年5月21日(日)、晴れ!

この日は当初、休日出勤の予定日だったのですが、
直前で出勤回避できたので、いざツーリングへ(^_^)v

自分の中では一番好きなツーリングルートである、
福島~新潟県境の国道252号、六十里越峠を目指します!



まずはグンマから日光へ出て、いつもの清滝パーキングで小休止。
いろは坂方面へ上っていくクルマやバイクはたくさんいますが、
この時間、日光市内へと下っていく人はまばらです(^-^;)



そして、日光市内と鬼怒川の温泉街を抜け、会津西街道へ。
つい1ヶ月ほど前の、会津泊まりツーでも走ったばかりですが、
すっかり新緑の景色に変わってました♪



これは五十里(いかり)ダムを過ぎたあたりの、ダム湖の景色ですが、
水没した木々がまだ生きていて、浮島のようになってるのがキレイですね!
なんとなくこの場所が好きなので、
いつもここで止まって、しばし景色を眺めて楽しむんですよ~o(^-^)



グンマを出発して2時間ちょっと。道の駅たじまで一休みです。
この時点で気温はすでに30℃近く!ありえない暑さだ~!(-.-;)

そしてそこからさらに70km、1時間半ほど快調に田舎道を走って、
ようやく只見町に到着~!(*^_^*)
さて、お昼はお目当ての「美好(みよし)食堂」さんで・・・って、あれ??



建物がなくなってるんですけど・・・(・_・)エッ......?

なんと、美味しいソースカツ丼を食べさせてくれることで大人気だった、
この美好食堂さん。
地元のガソリンスタンドでお話を伺うと、
今年の3月に火事になってしまい、現在は休業中とのこと!

うお~っ!はるばる食べに来たのに、なんてこった!(T▽T;)グワーン

でもまぁ、今は再建に向けてがんばってらっしゃるとの事でしたので、
(それで基礎工事が進んでいたのですね!)
復活したらぜひまた食べに来ちゃいますよ~!(*^-')ノ



ところで・・・仕方なく、ほかにお昼を探さなくては・・・と、
只見町の住宅街をうろついていたら、なんと蒸気機関車を発見♪
かつて只見線で活躍した車体でしょうか?
思わず並んでツーショット!やっぱりデカいな~!o(^-^)



さて、この日のお昼は、只見町をウロウロして見つけたこちら、
「太郎鮨」さんにしましたよ~。

食べログのリンクはこちら:
https://tabelog.com/fukushima/A0706/A070602/7003313/



こちらは、お寿司や割烹がメインのようですが、
朝から「ソースカツ丼」のイメージで来ちゃったので(笑)、
迷わず「ソースかつ重弁当」を注文♪

ウスターソースの酸味が引き立って、美味しくいただきましたo(^-^)



さてさて、腹ごしらえも済んだところで、いよいよ峠越えに挑みます!
まずは田子倉ダムの目の前に広がる、只見湖の風景から。

この日は風がとても穏やかで、湖面に映り込む景色が素晴らしかった!
はるばるここまで来た甲斐があったな~なんて?o(^O^)



続いては、田子倉ダムから見る、ダム湖と残雪の山々の風景です。
新緑と白い残雪のコントラストがキレイですね~。



六十里越峠の頂上付近では、こんな景色も見られるんですよ~!
ただ、この大きなコンクリートブロックの向こうは、
高さ数百メートルはあろうかという、とんでもない断崖絶壁!(@_@;)

近づくとかなりコワイですが、そのぶん見応えのある絶景が楽しめます☆

そんなわけで、その後は国道252号で山を下りて、
関越道・小出インターから一気に帰着!o(^-^)
グルッと一周、420kmの大満足ツーリングとなりました\(≧▽≦)丿

-----

↓↓他のビッグスクーター乗りの皆さんのブログも、お楽しみ下さい♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2017年5月 3日 (水)

季節限定の絶景その2♪ 志賀草津道路へ!

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2017年4月30日(日)、晴れ!
この日は個人的に、このGW最後のお休みとなったので(^-^;)、
一人でフラッと走ってまいりましたよ~。



向かった先は、この季節ならではの絶景!ということで、
志賀草津道路の雪の回廊にしてみました。

八ッ場ダムの工事現場は、川原湯温泉側の空いてるルートを通って・・・



草津の道の駅でちょっと一休み♪
この日も、バイクはたくさん来てましたね~o(^-^)



ちなみに、この道の駅は標高1200mくらいだったかな?
時間は11時前でしたが、気温は16℃の表示でした。

一週間前の磐梯吾妻スカイラインの時とは、大違いですな!(^-^;)



さて、志賀草津道路(国道292号)の絶景を楽しみながら、
のんびり走って、ぐんぐん標高を上げていきますよ~!
今年の雪の残り具合は、どうですかね??


(撮影日:2017年4月30日)

じゃん! これが2017年版の雪の回廊です!
雪が少なかった2016年とは、えらい違いですな~!(*^-')ノ


(撮影日:2017年4月30日)

壁の高さは、ざっと7mくらいでしょうか~?
志賀草津の雪の回廊は、長さが500~600m程度と短いのですが、
そのぶん高さはあるので、迫力を感じられますね♪


(撮影日:2017年4月30日)

今年はビューポイントのちょっと先に、
舗装された駐車スペースができたので、
クルマを降りて見に来てる観光客も、たくさんいましたよo(^-^)

ちなみに、昨年来た時はとても雪が少なくて、
非常にガッカリした記憶があるので・・・ちょっと比べてみましょうかね?


(撮影日:2016年5月1日)

↑これは、1枚目の写真とほぼ同じ場所ですが、
あらためて見比べてみると、ホントに雪がないですね・・・(@_@;)


(撮影日:2016年5月1日)

↑このアングルは、3枚目の写真とだいたい同じなんですが、
雪壁越しにむこうの景色が見えちゃってます。残念な景色だ!(笑)

さてさて、その後は国道最高地点の駐車スペースまで行きましたが、
例によって大混雑だったため、写真はナシ!(^-^;)


(撮影日:2017年4月30日)

そのまま来た道を戻って、
万座温泉方面への分岐点を見下ろすビューポイントへ。
ここもまだまだ、たっぷり雪が残ってました♪


(撮影日:2016年5月1日)

同じ場所の、2016年の様子を振り返ってみると・・・??
違いは一目瞭然ですね!σ(^◇^;)。。。



その後は、万座ハイウェーで一気に山を下り、
万座・鹿沢口駅まえの「てんぐ食堂」さんでお昼ご飯です。

食べログの記事はこちら:
https://tabelog.com/gunma/A1004/A100402/10001961/



お店イチオシのメニュー「味噌煮込みうどん定食」をいただきました♪
モツ煮と天ぷら、サラダまで付いて、食べ応え満点!(*^_^*)

お昼を食べ終わったら、二度上峠~高崎市内経由で帰路へ。
ボクの今年のゴールデンウィークは、早くもこれにて終了です!(笑)

あとは休みなしで、働きますよ~!(ノ_<。)ビェェン

-----

↓↓他のビッグスクーター乗りの皆さんのブログも、お楽しみ下さい♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2017年4月27日 (木)

季節限定の絶景♪磐梯吾妻スカイラインへ!

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2017年4月23日(日)、晴れ!
会津お泊まりツーリング、2日目のレポートです♪



朝9時にホテルを出発して、まず最初に向かったのは・・・?



道の駅「ばんだい」です♪
ここに寄ったのは、お土産を調達するためって理由もあったのですが、
実はちょっとしたネタ的スポットでもあるんですよね~?v(`∀´v)

それが、こちら!



ま、ご存じの方も多いかとは思いますが、
「磐梯」と「バンダイ」のつながりで、
なんと道の駅の売店でガンプラが売られているんです!o(^-^)

全高2mほどのガンダムの模型が、ひときわ目を引きますね♪



隣のガラスケースには、非売品ながら見事な完成作品も並んでいて、
なかなかの見応えです。
久々にプラモでも作ってみようかな?なんて気になっちゃいました(笑)



さてそこからは、県道7号線で次の目的地へと向かうのですが、
途中の見晴らしの良い場所で止まって、ちょっと撮影タイム♪

バックは会津のシンボル、磐梯山です!
残雪の輝く姿が美しいですね~!(*^_^*)



というわけで、次の目的地は、磐梯山のビューポイントからも近い、
「土津神社(はにつじんじゃ)」です。

猪苗代観光協会のページ:
http://www.bandaisan.or.jp/entry.html?id=86764

こちらの境内でも、かなり見事な桜を観賞できるので、
それを期待して出かけましたが・・・残念ながらちょっと早かったです。


(撮影日:2014年5月6日)

↑こんな風景を期待していたんですけどね~(^-^;)



まぁそれはともかく、
こちらには会津藩の藩祖・保科正之公が祀られているので、
会津を旅するなら、ぜひともご挨拶しておきたい場所です。



保科正之公は、2代将軍・徳川秀忠の四男で、
3代将軍・家光の弟にあたる人物です。
拝殿の額には、立派な葵のご紋が掲げられていましたよ。



そして境内で特に目立つのは、この巨大な石碑です!
「霊神の碑」という名前のこの巨石は、
高さ5.45m、幅1.83m、重さは30t以上あるとされています。

碑文の内容は、土津神社のご祭神・保科正之公の業績と履歴を、
1943文字の漢文で綴ったものが中心となっているようですが、
現代のような起重機などない時代に、
よくこんな物を作って建てたな!と言うのが、率直な感想ですね(笑)



さて、土津神社を後にしたら、国道115号でどんどん山を登り、
いよいよこの日のメインステージ、磐梯吾妻スカイラインへ!(^_^)v



まだ冬季閉鎖が開けたばかりなので、周りにはたっぷり雪が残り、
そのぶん風も冷たかったですが・・・
そんなのはまるで気にならないほどの、絶景の連続です!(*^_^*)



これは「双竜の辻」と呼ばれてる場所のあたりですが、
写真の右奥に見えているのは磐梯山で、
その左隣には猪苗代湖も見えてるのですが・・・解りますかね??
(ちょうどスクリーンの上あたり)



そして、磐梯吾妻スカイラインの最高地点、1622m付近では、
ごらんの見事な雪の回廊ができあがってました~!\(≧▽≦)丿

雪壁の高さは4~5mくらいといった感じでしたが、
それがずっと数kmにわたって続いていたので、見応え充分です♪



スカイラインの最高地点を過ぎるとすぐに、浄土平のレストハウスがあります。
この日の浄土平の気温は3℃くらい。風が冷たかった~!(>_<)



レストハウスの裏山からは、結構な勢いで蒸気が吹き出ていました。
まぁ、ここって要するに、火山の火口のど真ん中ですから・・・(@_@;)
頼むから今だけは大人しくしてて・・・なんて、願ってみたりして??



そういうロケーションに位置する浄土平は、
見渡せば非日常的な、荒涼とした風景に囲まれています。



火山性ガスの影響で、車両停止禁止の場所などもありますが、
それらを避けた場所でちょっと撮影タイム♪

ん~!すばらしい眺めだぁ!(*^-')ノ



そして、ちょっと下界に目をやれば、福島市の市街地も遠望できます。
荒々しい風景と、平和な町並みのギャップが、また良いんですよね♪



そんなわけで、そこからは一気に市街地へ降りて、
福島西インターから帰路へ!

歴史スポット、桜、宴会、珍ネタ、そして絶景!
いろいろと取りそろえた2日間。
トータル550kmの、思い出深いツーリングとなりました(^_^)v

-----

↓↓他のビッグスクーター乗りの皆さんのブログも、お楽しみ下さい♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2017年4月16日 (日)

八ヶ岳グルッと一周ツーリング!

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2017年4月16日(日)、晴れ!

もうそろそろ、お山の方へ出かけても雪の心配はないだろうと、
久々の山道ツーリングに行ってきました♪



上信越道~中部横断道路の無料区間を走りつないで、
まずは道の駅・ほっとぱーく浅科にて小休止。

我が地元・グンマから見るのとは、まったく形が違う「浅間山」が、
キレイに見えてましたよ~o(^-^)



今回のプランは、佐久市から八ヶ岳をグルッと一回りするルート!

国道142号から、県道40号の快走路でグングン標高を上げて、
まずは女神湖にて、蓼科山をバックに記念撮影です(^_^)v



さすがに標高が高いこのエリアは、この日の気温は13℃ほど。
道路は問題なく走れましたが、まだ路肩や日陰に雪が残ってましたね。

女神湖の水面にも、まだうっすらと氷が張ってますが・・・
それでも、スワンボートで遊んでる「猛者」たちがいましたよ~v(`∀´v)



続いて、こちらは白樺湖の様子ですが、やはり人影はまばら・・・(^-^;)
本格的に賑わうシーズンは、まだもうちょっと先のようです。



さて、そこからは国道152号で山を下り、
八ヶ岳エコーライン~高原ラインと、快走ワインディングを満喫!(^_^)v



本日、唯一のネタ的スポットの「三分一湧水(さんぶいちゆうすい)」に、
ちょっと寄り道してみました♪

山梨県の観光サイト:
http://www.yamanashi-kankou.jp/kankou/spot/p1_4936.html



「三分一湧水」は、その昔、
水の利権を巡って争っていた3つの村の騒ぎを静めるために、
それぞれの方向へ平等に、水が流れるように工夫された用水路です。



水路の周りは公園として整備されていて、散策が楽しめますよ~。
ザゼンソウの群生地などもあって、大切に保護されてました。



ボクは、お花や植物には詳しくないのですが・・・
小さな花が、チョコンと姿を見せていて、可愛らしいですね♪



コレが、白くて水辺に生えていれば「水芭蕉」と呼ばれるのかな?
愛らしい、不思議な植物をしばし眺めて楽しみましたo(^-^)



さてさて、公園内を散策しつつ、いよいよ三分一湧水へ到着です。
思っていたよりは、分水路のサイズは大きくないですが、
見事に3方向へ、水の流れが分かれてますね~!



分水路の少し上流には、わき水の池あります。
ここから流れ出る八ヶ岳の伏流水は、1日8500トン、
温度は一年を通して、ほぼ10℃前後に保たれているとか。
不思議ですよね~(^o^)/



↑この写真は、湧水池の上流方向から眺めた一枚です。
わき水は、写真下の湧水口から左上方向へと流れているのですが、
水路がそれぞれの方向へ、キレイに誘導されているのが解りますね。



この分水路は、伝説では武田信玄公が作ったとも言われているようですが、
まぁよくできた仕掛けだな~!というのが、率直な感想です。
それが今でも現役で使われているのですから、スゴいですな~(*^_^*)

さて、そんなわけで、そこからは清里~野辺山と、
春まだ浅い高原を走り抜けて、コンビニでお昼ご飯を調達!



せっかくなんで、八ヶ岳の眺めの良い場所でランチにしましたよ♪
ん~、なんて安上がりなツーリングなのでしょう!(笑)

ともあれ、その後は再び佐久市に戻って、上信越道にて帰着。
久しぶりに山道をたっぷり楽しんだ、350kmのツーリングでした(^_^)v

-----

↓↓他のビッグスクーター乗りの皆さんのブログも、お楽しみ下さい♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2017年3月14日 (火)

ホンダコレクションホールを探訪!

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2017年3月12日、晴れ!

この日は、ビッグスクーター繋がりの友人の銀影さんが、
「大のホンダ党」を自負していながらも、
もてぎの「ホンダコレクションホール」に行ったことがない!というので、
栃木県の東部方面へのツーリングとなりましたo(^-^)

銀影さんの日記はこちら:Silver Road
http://blog.livedoor.jp/ginkage_hattori-silverroad/archives/19249141.html



今回の参加者は、oguさん、銀影さん、空波さんとボクの4人です。
北関東道を真岡インターで降りて、いくつか寄り道しつつ・・・



こちら方面に来たときの定番、担々麺専門の「はつみ」さんで昼食♪
ちょうど行列が切れたところに到着したので、
少し待っただけで入店することができました~(^_^)v

ちなみに写真に写ってるのは、我ら一行を撮影中の銀影さんです(笑)

食べログのリンクはこちら:
https://tabelog.com/tochigi/A0904/A090401/9009210/



出ました!2年ぶりに食べる、「はつみ」の坦々つけ麺!
このお味は、わざわざ食べに来るだけの価値あり!と思いますね~。
もてぎの方へ遊びにいらした際は、ぜひ!(*^-')ノ



ということで、いよいよやって参りました、ホンダコレクションホール!
中にはホンダのレース車両はもちろん、市販車も多数展示されていて、
乗り物好きなら、誰でもかなり楽しめる施設だと思いますねo(^-^)



さっそく、二輪の市販車エリアから見て回ることにしましょう~!
ボクらは、今から20~30年前ほどのバイクブームの世代なので、
当然その時代の展示車両の前では、思い出話に花が咲きます(^_^)v



こちらは一部の方々の間で異様な人気を誇る、CBX400F。
こんなキレイな車両が市場に出回ったら、いくらになるんだろっ!?(笑



同じフロアの反対側は、四輪の市販車エリアです。
さっそく目に飛び込んでくるのは、初代シビック・TYPE-R(EK9)。

実はボク、30代の頃はこれに乗って、
サーキット走行なども楽しんでましたので・・・
とっても思い出深いクルマなんですよ~o(^O^)

隣に展示されてるインテグラ・TYPE-R(DC2)には友人が乗ってて、
よく走行会などにも参加してました。懐かしいな~!(*^_^*)



さて、建物の3階には、ホンダの宝とも言うべき、
歴代のレースマシンがずらりと勢揃いしてます!



こちらは、1997年型のNSR500(ドゥーハン車)ですね。
この年の15戦を全勝!という快挙を成し遂げた名車です。



こちらは、鈴鹿8耐仕様のRVF750。
V型4気筒の、低く唸るようなエキゾースト音が大好きでして・・・(*^_^*)
それに、片持ち式のスイングアームもカッコ良くて、
これの市販モデルのVFRは、いつかは乗ってみたいな~なんて、
憧れてたマシンでした♪



さてさて、いよいよ四輪レースカーの展示エリアです。
まずは、ホンダF1の原点であるRA271がお出迎え♪



次に紹介するのは、F2マシンのマーチ・ホンダ812です。
1981年、中嶋悟氏がこれに乗ってチャンピオンとなりました。
ジョン・プレイヤー・スペシャル(JPS)のカラーリングがカッコイイ!

ボクのTMAXも黒と金のカラーリングなのですが、
このマシンの影響でこの色が好きになったのかな~?(笑)



こちらは、ウィリアムズ・ホンダFW11B。
ターボエンジン時代のモンスターマシンですね!
V型6気筒のツインターボエンジンで、
1500ccながら900馬力以上って言うんですから、驚きです(@_@;)



そしてその隣りにあるのが、マクラーレン・ホンダMP4/7。
あの伝説のドライバー、アイルトン・セナのマシンです。
実はこのマシンの影響で、当時ボクはマールボロを吸ってました!
もろ、スポンサーの狙い通りの反応ですね・・・恥ずかし~!(^-^;)



さて、時代は下って、こちらはB・A・Rホンダの佐藤琢磨のマシン。
鈴鹿で3位表彰台に上ったときは、大興奮でしたね~!
この頃のF1マシンは、空力デバイスがさほどケバケバしてなくて・・・
スッキリと、流れるような車体のデザインが好きでした(笑)



で、こちらが、ホンダの第3期F1活動の最終マシン、RA108ですが、
なんか、車体からいろいろと「生えて」るのがね~?σ(^◇^;)。。。



このフロント部分なんて、どうしちゃったんですか!?って感じ(笑)
たしか、「ダンボウィング」なんて呼ばれてたような気がしますが。
空力の向上に効果があるから、こんな形にしたのでしょうけど・・・
はっきり言って、カッコ良くない!(爆)

レーシングマシンには、とことんカッコ良くあって欲しいと願いつつ、
4人でバイク談義、レース談義で盛り上がって、楽しい時間でしたo(^-^)

-----

↓↓他のビッグスクーター乗りの皆さんのブログも、お楽しみ下さい♪

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

より以前の記事一覧